アフィリエイト

ブログで稼げるジャンルとは?アフィリエイトで稼ぐ参入ジャンル選定のポイント

激戦ジャンル、穴場ジャンル、どのジャンルに参入してブログを書いていくかというジャンル選定は、ブログアフィリエイトで稼げるか稼げないかを大きく左右する大切なポイントです。

ブログ収益を最大化するためには、どんな種類のジャンルがよくてどんなジャンルはNGなのか、特にブログをこれから始める初心者の人や、ブログ始めたけどなかなか思うように稼げないブロガーは、「儲かるジャンル選定」に頭を悩ますことも多いですよね。

 

最初にお伝えしておくと、稼げるジャンル、稼げないジャンルという明確な定義はなく、どの分野であろうが、マネタイズ方法や戦略次第でそれなりに稼ぐことはできてしまいます。

ジャンル選定がブログ収益を左右する重要なポイントであるのは間違いありませんが、実は、ジャンル選定以上に、まず最初に決めるべき一番重要なことがあります。

 

それが、目指すべきブログの「基本設計」、つまりゴールを決めること。

 

今回は、ブログジャンルを決める際のポイントだけでなく、ブログで稼ぐ上で一番重要になってくるブログの基本設計についてお話ししていきます。

 

ブログで稼げると言われているジャンルとは?

ブログで稼げるジャンルの定義はない、と冒頭でお伝えしましたが、ライバルが少なくて「稼ぎやすいジャンル」や、ライバルが多いけどやり方次第で「大きく稼げるジャンル」というのは存在します。

つまり、あなたがブログでいつまでにいくら稼ぎたいのか(月収10万円なのか100万円なのか)によって、選ぶべきジャンルは異なってくるということなんですね。

 

一般的に「稼げるジャンル」と言われているのは、アフィリエイト案件も豊富で高額案件も多い以下のようなジャンル。

  • 美容系
  • ダイエット系
  • FX
  • 株式
  • クレジットカード
  • キャッシング
  • 健康系サプリ
  • 脱毛
  • スキンケア
  • 育毛
  • 求人関連

 

これらのジャンルを攻めて、うまく検索上位に表示できるようになれば、当然ながら「大きく稼ぐ」ことができますよね。

しかし、これらのジャンルは、多くの強いライバルがこぞって参入しているため競合が激しく、一筋縄では検索上位を勝ち取ることができない、つまり、「稼ぎにくいジャンル」にもなってくるわけです。

 

一方で、「稼ぎやすいジャンル」というのはどういうものかというと、ズバリ、ライバルが少なく比較的ラクに検索上位を取れるジャンルのことですね。

しかし、参入しているライバルが少ないのにはそれなりの理由があるからで、例えば、アフィリエイト案件が少なくマネタイズしにくかったり、案件はあるけど報酬単価が低すぎて儲かりにくかったりするわけです。

 

つまり、各ジャンルにはそれぞれの「ジャンル特性」があり、あなたがどのジャンルに参入すべきかは、あなたが目指すゴールによって変わってくるということなのです。

 

ブログで稼げるかどうかはジャンル選定とコンセプト選定次第

あなたのブログが稼げるかどうかの一番重要なポイントは、まず最初に、ジャンル選定とコンセプト選定を含めた「ブログの基本設計」を作ること。

ブログの基本設計をすると、以下のようなことが決まってきます。

 

  • どのようにお金を稼ぐのかが決まる
  • どんなキーワードでアクセスを集めるかが決まる
  • どんな人々が集まるのかが決まる
  • どれくらいアクセスが集まるのかが決まる
  • 戦うべきライバルが決まる
  • どれくらい稼げるのかも決まる

 

つまり、この「基本設計」でブログの全てが決まってくるということ。

 

実は、ブログで稼げない人って、ほとんどこの一番重要なことをやっていない人たちなんですよね。

稼げないブロガーは、とりあえずブログを作って、とりあえずジャンルを決めて、とりあえず記事を書きだして…、というように、何も考えずに「とりあえず」走り出してしまうわけです。

 

普通のビジネスに置き換えて考えてみて欲しいのですが、新規事業を立ち上げるのであれば、どんな業界で、どんなコンセプトで、どんな人をターゲットにって、色々と細かな「事業プラン」を作りますよね。

ブログビジネスもそれと同じで、まず最初にビジネスの骨子となる部分を固めていくのが重要なわけです。

 

要は、「とりあえず」で行動して稼げるほど、ブログビジネスは甘くないということ。

 

 

ブログの基本設計となるジャンル・コンセプト選定は、以下のような流れで、出口であるマネタイズから逆算して考えていくのがポイントです。

  1. どのようにマネタイズするのか?(出口戦略)
  2. どんな人を集めたいのか?(ターゲット選定)
  3. アクセスを見込めるジャンルか?(キーワードボリュームチェック)
  4. ライバルは強いか、弱いか?(ライバルチェック)
  5. ライバルブログ・サイトとどう差別化するか?(コンセプト・ファン化戦略)

 

これらの「基本設計」を作ってしまえば、あとはこの基本設計に従ってキーワード選定などの細かい部分をやっていくだけです。

 

ブログで稼げるジャンル選定のポイント

ブログで稼げるかどうか、全てを左右するのは基本設計次第なわけで、たとえ稼ぎにくいジャンル選定をしたとしても、コンセプトがしっかりしていれば、間違いなくブログで稼ぐことができるようになります。

とはいえ、どんな基準でジャンル選定をしていくか悩む人は多いですよね。

 

ここからは、ジャンル選定をしていく上でのポイントを、いくつかみていくことにしましょう。

 

自分の好きな分野・興味のある分野を選ぶ

大きく稼げるからといって、自分が全く興味のない美容ジャンルに参入しても、記事を書くことが辛くなって、ブログが長続きしませんよね。

ジャンル選定は、自分の好きな分野や興味のある分野をテーマにする、というのが基本です。

 

経験・知識のある分野を選ぶ

成果報酬型広告であるアフィリエイトで稼ぐには、サイトに訪問した読者が、おすすめした商品をクリックして買ってもらうという「アクション」が必要になってきます。

そして、読者にこの「アクション」を起こさせる上で一番大切なのが、あなたの書いた記事が「読者の心にどれだけ刺さっているか」ということ。

 

全く経験したことない分野や、全く知識がない分野でも、ネットや書籍で勉強しながらブログの記事を書いていくことは可能ですが、結局、誰かの経験やどこかの知識をもとに文章を書いていっても「薄っぺらい記事」になるだけなんですよね。

自分の経験談や知識をもとに記事を書いていくことで、「読者に刺さる文章」が書けるようになります。

 

また、「経験」や「知識」のある分野っていうと、「そんな人に教えられるほど詳しいことなんて無いよー…。」と急にネガティブになる人が多いのですが、その道の専門家じゃあるまいし、そんな深い知識じゃなくて構いません。

「人よりもちょっと経験している」「人よりもちょっと知っている」というように、「人よりもちょっと多い」だけで十分なんです。

 

人よりもちょっと詳しい分野なら、自分の好きなことや興味ある分野にたくさんありますよね。

それらをテーマにジャンル選定を深堀していきましょう。

 

抽象度の高いジャンルは絞って特化させる

ダイエットジャンルのように、ひとくちにダイエットといっても、様々なダイエットがありますよね。

例えば、ダイエットしたい「部位」の切り口だと、顔、お腹、二の腕、太もも、背中、お尻、足首…、ダイエット「方法」の切り口だと、糖質ダイエット、断食、サプリメント、筋トレ、ランニング…などなど。

 

このような「抽象度が高い」ジャンルを扱う場合は、そこからさらに階層を下げて、よりジャンルの幅を絞って特化させていきましょう。

ジャンルを特化させることで、「より専門性の高いサイト」としてGoogleからの評価が上がり、検索結果の上位表示を狙いやすくなります。

 

トレンド系のジャンルは要注意

流行り廃りが激しく早いトレンド系のネタをメインジャンルに設定してしまうと、流行が過ぎると大きくアクセスが減ってしまうことになります。

永続的に検索され続けるジャンルを選定していく、これもジャンル選定で大切なポイントです。

 

まとめ

ブログで稼ぐために重要な参入ジャンル選定。一般的にブログで稼げるジャンルとは、アフィリエイト案件も多く報酬単価も高いジャンルのことですが、強いライバルが多く「稼ぎにくいジャンル」にもなってきます。

どのようなジャンルに、どのようなコンセプトで攻めていくかなど、稼ぐブログの全てを決めるのは「ブログの基本設計」というゴールの設定で、ブログで稼ぎたいなら、最初に取り組むべき一番重要なプロセスです。

 

普通のビジネスと同じように、ブログで稼ぐためにも「事業プラン」は必要不可欠で、「とりあえず」「適当に」ブログを書いて稼げるほど、ブログビジネスは甘くありません。

ブログで稼ぐための正しい「知識」と「ノウハウ」をしっかり身につけて、効率良く確実に、あなたのブログを収益化していきましょう。

 

参考:稼ぐのに役立つおすすめブログは?ブログで稼ぐなら、まずは情報収集から!

 

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎランキング