アフィリエイト

料理ブログで稼ぐ方法を解説!楽天レシピでレシピを売るのは稼げない?

主婦を中心とした女性に人気の副業の一つである料理ブログですが、実は、料理ブログで稼ぐのはそんなに簡単なことではなく、なかなか思うように稼げないのが実情です。

また、ブログではありませんが同じ料理ネタで稼ぐなら、楽天レシピでレシピを売る方法もありますが、これまたそう簡単には稼ぐことができません。

 

しかしそれでも、どうにかして得意の料理でブログ収入を稼いでいきたい、と思っている人も少なくないはず。

今回は、料理ブログで稼ぐ方法について、稼ぐためのポイントなども踏まえてお話ししていきます。

 

料理ブログで稼ぐ方法には何がある?

ブログで稼ぐには、まずどうやって収益を上げていくかというマネタイズ方法を考えることが非常に大切で、これは料理ブログでも同じこと。

なぜなら、マネタイズを固めることは、目指すべきゴールを設定することに他ならず、ゴールが決まらないことには、ゴールにたどり着くまでのプロセスや戦略などが何も決まってこないからなんですね。

 

料理ブログで稼ぐマネタイズ方法は、以下のようなものがあります。

  • Googleアドセンス
  • アフィリエイト
  • レシピを売る
  • 情報商材を売る
  • 本の出版

 

この中で一番シンプルに稼げるのは、アクセスを集めて広告収入を得るGoogleアドセンスと、料理に関連した調味料や調理器具などを売って成果報酬を得ていくアフィリエイトです。

というのも、ご存知の通りブログビジネスは、ブログへのアクセスを集めることで媒体としての価値が上がり収益化できるようになる、というビジネスモデル。

 

つまり、ブログを収益化する上で最大のキモとなるのが、いかにアクセスを集めるかということ。

逆に言えば、ブログにアクセスさえ集めれば、いかようにでも収益化できるわけです。

 

料理ブログで稼ぐために、まずはブログに少しでも多くのアクセスを集められるような、ブログの「基本設計」と「戦略」を考えることから始めていきましょう。

 

料理ブログでレシピを売るのは稼げない

少々ブログから話が逸れてしまいますが、冒頭でもお伝えしたように、料理ネタで稼ぐ方法には楽天レシピでレシピを売るという方法もあります。

しかし、楽天レシピは稼げないのでおすすめしません。

 

楽天レシピは楽天が提供するレシピ投稿サイトで、簡単に言うと、クックパッドの楽天版。

以下のように、楽天レシピで投稿することで、報酬として楽天スーパーポイントが貰える仕組みになっています。

  • レシピ投稿:1件投稿したレシピが公開承認されると50ポイント
  • つくったよレポート投稿:1件投稿したレポートが承認されると10ポイント
  • 自分が投稿したレシピに対してつくったよレポートをもらう:1件レポートを承認すると10ポイント

 

仮に、毎月レシピを100件投稿したとして、それに対してつくったよレポートを各10件ずつ合計1,000件もらったとしても、もらえる報酬はトータルで15,000ポイント。

ここで致命的なデメリットとなってくるのが、この報酬としてもらえる楽天ポイントは、6ヶ月間の「期間限定ポイント」であること。

付与されてから6ヶ月以内に使わないと、ポイントが失効してしまうことになります。

 

たくさんレシピを投稿しても稼げる報酬はわずかで費用対効果が悪い上に、もらえる報酬が現金ではなく期間限定の楽天ポイント

100歩譲って投資信託の購入などに使えればまだいいのですが、楽天証券で購入できる投資信託は通常ポイントのみが対象で、期間限定ポイントで買うことはできません。

これが、楽天レシピは稼げない&おすすめしない理由です。

 

料理ブログで稼ぐポイントはキーワード選定と差別化戦略

料理ブログで稼ぐなら、「オリジナルレシピ」や「料理のコツ」、ちょっとした裏ワザ的な「役に立つ情報」を書いてアクセスを集め、Googleアドセンスやアフィリエイトで稼ぐ、というのがあくまでも王道です。

ただし、料理ブログにアクセスを集めるには、2つのポイントがあります。

 

それは、ライバルが弱くて少ないところで上位表示を狙っていく「キーワード選定」と、ライバルサイトと差別化していくエッジの利いた「ブログコンセプト」です。

 

キーワード選定のポイントは「食材+〇〇」の組み合わせがベスト

まず、料理ブログにアクセスを集める上で、最大のキモとなるのは「キーワード選定」です。

というのも、メニューやレシピネタで食材をキーワードにすると、ほぼ確実に強力なライバルであるクックパッドが上位表示されてクックパッドにアクセスを奪われてしまうからですね。

 

ハッキリ言って、個人ブログがクックパッドに勝つのは不可能。

しかし実は、キーワード選定に少し工夫を加えることで、個人ブログでも上位表示できるようになります。

 

例えば、「きゅうり」のレシピを投稿しようとしたときに、[きゅうり 鶏肉 卵]というような食材キーワードを選んでしまうと、ずらっとクックパッドを始めとする他のレシピサイトが上位表示されてきます。

つまり、食材だけを組み合わせたキーワード選定では、強力なライバルサイトに押しやられて、自分のブログ記事を上位表示させるのは難しいわけです。

しかしこれが、[きゅうり 夏][きゅうり 効能][きゅうり 過熱 栄養]というようなキーワードになってくると、途端にクックパッドは上位から姿を消します。

 

このように、[食材+食材]というキーワードで攻めるのではなく、[食材+○○(食材以外)]というキーワードで攻めるのがポイントです。

要は、強力なライバルと戦う土俵を変えるということ。

 

その食材に関連する自分のオリジナルレシピ記事を書いていけば、レシピ記事でもうまく上位表示を狙っていけるようになります。

 

エッジの利いた「ブログコンセプト」が重要

料理ブログで扱う記事内容は、レシピ記事や料理のちょっとしたコツなどが大半になってくるため、競合するライバルサイトと、内容で差別化を図るのは難しくなってきます。

これはもうしょうがないことなので割り切るとしても、何かしらの差別化をしていかないと、自分のブログのファンを増やすことはできません。

 

とはいえ、一般人の場合は、著名な料理研究家や芸能人のような高い知名度もないわけで、自分のキャラクターを押し出しても、最初からそこで勝負できるはずもありません。

そこで、重要になってくるのが「ブログのコンセプト」

 

例えば、「ぐうたら主婦の3分クッキング」で3分で作れる料理レシピに絞るとか、「トマト女子のトマト料理ブログ」でトマト料理に特化するといったように、ちょっとエッジの利いたブログコンセプトを明確に打ち出していくのです。

逆に言うと、個性のあるブログコンセプトがないと、料理ブログでファン化していくのは難しいということ。

 

結局、検索ユーザーの視点に立って考えてみると、レシピだけを知りたいのであれば、ハッキリ言って、クックパッドだけで十分なんですよね。

クックパッドではなく、あえて自分のブログに来る「意味」をしっかり作っていく必要があるわけです。

 

まとめ

料理ブログで稼ぐには、オリジナルレシピや料理のコツ、ちょっとした裏ワザ的な「役に立つ情報」を書いてアクセスを集め、Googleアドセンスやアフィリエイトで稼ぐのが王道のスタイルで、楽天レシピでレシピを売るのは稼げないだけでなく、費用対効果が悪いのでおすすめしません。

そして、強力なライバルが多い料理ジャンルで稼いでいく上で欠かせないのが、ライバルが弱くて少ないところで上位表示を狙っていく「キーワード選定」と、ライバルサイトと差別化していくエッジの利いた「ブログコンセプト」になってきます。

 

ブログで稼ぐためには「継続力」が何よりも大切。

しかし、ただやみくもに記事を書いているだけで稼げるほど、ブログは甘くありません。

 

しっかりと正しい知識とノウハウを身につけて戦略的に実践していく、これを継続することで初めて、ブログで稼ぐことができるのです。