アフィリエイト

ブログで稼ぐ初心者の始め方!ブログ開設からアフィリエイト収入を得るまでを解説!

「ブログで稼ぐって大変って聞くけど、これからブログで稼ごうと思っている初心者はどんな始め方をすればいいの…?ブログの開設からアフィリエイトなどで収入を得ていくまでの、おすすめのやり方を教えて。」

はい、最初に言わせてもらうと、ブログで稼ぐって大変です。

 

アクセスを集めるまでにものすごく時間はかかるし、アクセスを集められてもマネタイズがしっかりできないと稼げない。

さらに、なんとか稼げるようにブログが育ってきても、Googleのアップデートで検索順位がガタ落ち…、なんていうエキサイティングな「お祭り」もたまにあったりします(笑)。

 

でも、ブログビジネスって、ほとんどコストがかからないからノーリスクなんですよね、そもそもが。

考えてみてほしいのですが、ノーリスクで月収100万や300万、やり方によっては月収1,000万以上といったハイリターンを得れるビジネスなんて他にあるでしょうか。

 

…、ないですよね。

つまり、誰に何と言われようが、ブログは「最強のビジネス」なのです。

 

今回はそんな最強のブログビジネスついて、ブログの基本設計ジャンルやキーワードの選び方おすすめのブログサービスやASPなど、「稼ぐブログの始め方」を初心者向けにわかりやすくお伝えしていきます。

 

ブログビジネスは最強である

まず改めて最初にお伝えしておきたいのは、「ブログビジネスは最強である」ということ。

世の中には様々な「稼ぎ方」がありますが、ブログほどリスクなくお金を稼げるビジネスは他にありません。

 

ブログが最強であるというまず1つめの理由は、冒頭でもお伝えしたように、運営コストがほとんどかからず「利益率が高い」こと。

アフィリエイトなどで月収100万円や300万円といったお金を稼ぐこともできるし、それだけ稼いでも運営コストはドメイン代とレンタルサーバー代とあわせて年間1万円もかからず、利益率は99%以上

 

世の中見渡しても、そこまで利益率の高いビジネスなんてそうそうありません。

利益率が高いことは、「儲かるビジネスの絶対条件」なのです。

 

ブログが最強だといえる2つめの理由は、「不労所得になる」ということ。

 

一度ブログで稼ぐ仕組みを構築してしまえば、人は検索エンジン経由で勝手にブログに集まってきて、勝手にお金が入ってくるようになります。

不労所得というと不動産をイメージする人は多いですが、ブログはまさに「ネット上の不動産」としてあなたに不労所得をもたらしてくれるのです。

 

そして、ブログが最強だといえる3つのめの理由が、一番価値ある資産ともいえる「時間」を手に入れることができること。

 

例えば、どんなに高給取りのサラリーマンであろうとも、自分の時間を会社に捧げて切り売りしているというだけで、そういう意味では、ホワイトカラーもブルーカラーも何も変わりませんよね。

つまり、会社によってあなたの大切な時間が奪われているわけです。

 

一方のブログは、時間給で働いているサラリーマンとは根本的に異なっています。

誰かにあなたの時間を奪われないどころか、不労所得によって「時間給労働」から解放され、あなたの大切な「時間」を作り出すことができるようになるわけですね。

 

あなただけの資産を作ることにだけ時間と労力を割くことになるため、いったん資産を構築してしまえば、カフェでコーヒーを飲んだり、読書をしたり、昼寝をしててもお金が入ってくる。

家族と過ごす時間を増やしてもいいし、その時間で新しいビジネスを始めることもできますよね。

 

このように、ブログはリスクなくお金を稼ぐことができる上に、あなたの一番大切な資産である「時間」を手に入れられる「ノーリスク・ハイリターン」の最強ビジネスなわけです。

 

ブログで稼ぐ上での「初心者の心得」

こんなメリットだらけのブログビジネスですが、ブログで稼ぐのは簡単なことではなく、「アクセスが集まらない」「全然稼げるようにならない」という理由で、90%以上のブログ初心者は脱落してしまいます。

ブログで稼ぐためには、「忍耐力」と「継続力」が必要不可欠です。

 

ブログで稼ぎたいと思うなら、まずはブログで稼ぐための「思考」や「考え方」を必ず身につけるようにしましょう。

 

初心者は特化型ブログで稼ぐのがおすすめ!

ひとくちにブログで稼ぐといっても、特定のジャンルに特化して記事を書いていく「特化型ブログ」と、ジャンルは特定せずに様々なジャンルの記事を書いていく「雑記ブログ」という2種類がありますが、初心者は圧倒的に特化型ブログがおすすめです。

というのも、特化型ブログと比べて雑記ブログは、

  • 検索上位に表示されにくい
  • 記事数をたくさん入れる必要がある
  • 検索経由でアクセスを集めるのに時間がかかる

からですね。

 

ちなみに誤解のないように言っておくと、これは雑記ブログは稼げない、と言っているわけではないです。

特化型ブログのほうがGoogleに評価されやすく検索経由でのアクセスが集まりやすいため、あくまでも「特化型ブログのほうが稼ぎやすくて初心者向き」ということですね。

 

もし複数のジャンルのブログを作っていきたいなら、特化型ブログを複数作っていくのもおすすめ。

一方で、雑記ブログには雑記ブログのメリットもありますので、どうしても雑記ブログが作りたいのであれば、まずは特化型ブログで稼げるようになってから考えてみるといいでしょう。

 

実名?匿名?どっちにするべき?

実名でいくか匿名(ペンネームなど)でいくかも、ブログを始めるときに悩むポイントのひとつですよね。

結論から言ってしまうと、「どっちでもいい」です。

なぜなら、ブログに実名出してやっても稼げない人は稼げないし、匿名やペンネームでも月収数百万稼いでいる人はいるからです。

 

よく実名を出すと信頼性が高くなって稼ぎやすい、って言われることもありますが、詐欺サイトってほとんどが「実名っぽいもの」ですよね。

そうなんです、結局、「顔出し&名前出し」してても、それが本当に信頼できるものなのかはわからないわけです。

 

つまり、「実名=信用度が高い」っていうのは「妄想」以外のなにものでもないということ。

プロフィールなんて作ろうと思えばいくらでも作れちゃうので、読者は記事の内容で判断するしかないんですよね。

 

僕の個人的なおすすめとしては、「まずは匿名で始める」です。

というのも、途中で「実名→匿名」には変えにくいですが、「匿名→実名」はいつでも変更できるという柔軟性があるからですね。

 

まずは匿名でブログやって、その後、自分を「ブランディング」していきたければ実名を出せばいいと思います。

 

稼ぐブログの始め方(初心者向け)!ブログ開設~アフィリエイト収入を得るまでの流れとやり方

ここからは、おすすめの稼ぐブログの始め方について、これからブログを始める初心者でもわかりやすいように、「ブログの開設」から「アフィリエイトで収入を得ていく」までのやり方をお話ししていきます。

ブログ開設からアフィリエイト収入を得るまでの流れは、おおまかにいうと以下の通りです。

稼ぐブログ構築までの流れ

  1. ブログの基本設計をする
  2. WordPressでブログを開設する
  3. ASPに登録する
  4. 記事を書く

それぞれ順を追って説明していきましょう。

 

初心者向け稼ぐブログの始め方①:ブログの基本設計を作る

ブログ初心者のための稼ぐブログの始め方、まず最初のステップは「ブログの基本設計」を作ることです。

実は、多くの稼げないブロガーにありがちなのが、何も考えずとりあえず「ノリ」でブログを作っていきなり記事を書き始めてしまうこと。

 

これでは絶対に稼げないし、そんな簡単に稼げるほどブログビジネスは甘くはありません。

 

何か新しい事業を始めるときって、何よりもまず最初に、事業として儲けることができるかどうかという「事業計画」「戦略」をしっかり考えますよね。

それと同じで、ブログも新規事業です。

 

どんな市場に参入して、どんな人をターゲットに、何を売っていくのかというビジネスの「骨子」を固めることがまず先決で、以下のような流れで「ブログの基本設計」を決めていきましょう。

「ブログの基本設計」の流れ

  1. どのようにマネタイズするのかを決める(出口戦略)
  2. どんなジャンルに参入するのか決める(ジャンル選定)
  3. メインキーワードを決める(メインキーワード選定)
  4. ライバルは強いか弱いかを検証する(ライバルチェック)
  5. どんな人を集めたいのかを決める(ターゲット選定)
  6. ライバルブログ・サイトとどう差別化するかを決める(コンセプト・ファン化戦略)

 

ブログの基本設計1:マネタイズ方法を決める

ブログの基本設計を作るときに、まず考えるべきポイントが「どんな方法」で稼いでいくかというマネタイズの部分。

というのも、ブログを作る目的は紛れもなく「稼ぐこと」であり、マネタイズという「ゴール」を決めないことには、そのゴールを目指すためのコンセプトや戦略が何も決まってこないからですね。

ブログを収益化する主な方法

  • Google AdSense(グーグルアドセンス)
  • アフィリエイト
  • 有料コンテンツ販売
  • 純広告(スポンサー広告)
  • 記事広告
  • 書籍出版・別媒体への記事出稿

 

このようにブログのマネタイズ方法にはいくつもありますが、初心者がブログで稼ぐなら、おすすめはGoogleアドセンスによる「クリック報酬型広告」と、アフィリエイトによる「成果報酬型広告」です。

あなたのブログはどんな方法でお金を稼いでいくのか、まずはブログ収益化の柱となるマネタイズ方法を決めるようにしましょう。

 

Google AdSense(グーグルアドセンス)

Googleがサイト運営者に提供している広告配信サービスが、Google AdSense(グーグルアドセンス)。

Googleアドセンスは、サイト訪問者がサイト内に貼られた広告をクリックするとサイト運営者に収益が発生する仕組みで、「クリック報酬型広告」と呼ばれています。

 

Googleアドセンスの最大のメリットは、Googleがサイト訪問者に一番「最適な広告」を表示してくれるため、クリックされやすく報酬が発生しやすいこと。

グーグルアドセンスの広告単価は、表示される広告や広告を掲載するサイトによって変動してきますが、平均すると1クリックあたり20円~40円程度で、クリック率は、平均0.5~1%程度となっています。

 

これらの数字をベースにグーグルアドセンスで得られる広告収入を計算してみると、月間1万PVのサイトで1,000円~4,000円程度、月間5万PVだと5,000円~20,000円程度の広告収入になってくるわけです(あくまで目安です)。

仮に、グーグルアドセンスだけで月収100万円以上の収入を得ようとすると、最低でも月間300万PV以上という多くのアクセスが必要になってきます。

 

サイトの月間PV数と平均収入のおおよその目安がこちら。

グーグルアドセンス収入の目安

  • 月間1万PV:1,000円~4,000円
  • 月間5万PV:5,000円~20,000円
  • 月間10万PV:10,000円~40,000円
  • 月間30万PV:30,000円~120,000円
  • 月間50万PV:50,000円~200,000円
  • 月間100万PV:100,000円~400,000円
  • 月間200万PV:200,000円~800,000円
  • 月間500万PV:500,000円~2,000,000円

 

これを見ると、さすがに一般人の個人レベルで月間500万PVというようなスーパーブログを作ることは難しいですが、月収3万円~5万円程度の収入であれば現実的に十分狙っていくことは可能ですよね。

Googleアドセンスはブログへのアクセスさえ増やせれば、クリックされるだけで報酬が発生するため、とにかく手軽に収入を得るにはおすすめの方法です。

 

アフィリエイト

Googleアドセンスと合わせて、多くのブロガーの収益源となっているのがアフィリエイト。

アフィリエイトは、おすすめの商品やサービスの広告を貼って、その広告をクリックしたサイト訪問者がその商品やサービスを購入したり申し込んだりすることで「成果報酬」がもらえる仕組みになっています。

 

Googleアドセンスのように、サイト訪問者がクリックするだけで報酬が発生する「クリック報酬型広告」とは違って、アフィリエイトはサイト内に貼った広告がクリックされただけでは報酬は発生しません。

商品やサービスが購入されたり申し込まれて初めて報酬が発生するため、「成果報酬型広告」と呼ばれています。

 

アフィリエイトの特徴の一つが、アフィリエイト・サービス・プロバイダー(以下ASP)というアフィリエイト広告を専門に扱う「広告代理店」の存在。

商品やサービスを販売する「広告主」と、「サイト運営者」を仲介することでビジネスの効率化が図られているわけですね。

 

ひとくちにASPと言っても、多くのASPが存在しています。

美容系ジャンルに強いASPや物販系ジャンルに強いASP、または、同じ広告案件でもA社は1,000円の報酬だけどB社は1,500円の報酬といったように、それぞれに特色があって扱うジャンルや報酬額も様々。

 

ASPを選ぶときは、どこか一つのASPを選ぶのではなく、あらかじめ複数のASPに登録しておくのがポイント。

その時に合った一番ベストな案件を、適宜選んでいくようにしましょう、

 

ブログの基本設計2:ジャンル選定

どんなジャンルに参入するかは、そのブログで稼げるか稼げないかを大きく左右するとっても重要なポイントです。

よく「稼げるジャンル」「稼げないジャンル」という言われ方をして、以下のように考えている人は多いですが、

  • 稼げるジャンル=穴場ジャンル
  • 稼げないジャンル=激戦ジャンル

という認識は間違っています。

 

稼げるジャンルでも、稼ぎにくい激戦キーワードもあるし、稼ぎやすい穴場キーワードも存在しています。

一方、穴場ジャンルでも、そもそも検索需要が低すぎたり、おすすめするアフィリエイト広告の案件が少なかったりすると、稼げるわけなんてないですよね。

 

つまり、明確に「稼げるジャンル/稼げないジャンル」というのはなく、市場の規模や広告案件によってそのジャンルでの稼ぎ方が影響を受けるということ。

ジャンルを選ぶときには、以下のようなポイントで参入するジャンルを決めましょう。

ジャンル選定の基本ポイント

  • 対象ジャンルの市場規模が大きいこと
  • アフィリエイト案件の幅が広いこと
  • 高額の報酬案件があること

 

また、そもそもどのくらい稼ぎたいのかや、稼ぐまでどのくらい時間をかけられるのかによっても、選ぶべきジャンルは異なってきます。

 

例えば、市場規模の大きい激戦ジャンルは月収100万円以上稼げる可能性はありますが、ライバルが強い分、攻略には時間はかかってきますよね。

一方、月収10万円程度でなるべく早い段階で稼ぐことを目標にするなら、市場規模は小さいニッチなジャンルに攻めていくのが得策。

ライバルが少ない場所で、早い段階から検索上位表示させていって、主要キーワードを押さえていけばいいわけです。

 

そして、ジャンル選びに必須の要素が、何よりも自分が興味があって、情熱を持って取り組める分野であるかどうかということ。

というのも、ドメインパワーを強化して検索経由でアクセスを集めるには、100記事や200記事という大量の記事を書いていく必要があるわけですよね。

そのため、興味がない分野は、途中でブログを挫折する大きな原因になってくるからなんですね。

 

このように、ジャンル選定をするときは、稼げる可能性があるのかどうかという視点と、自分が情熱を思ってブログを継続できるかという視点で選ぶのがポイントです。

 

参入するジャンルを決めたら、どんな商材(アフィリエイト案件)を主力で売っていくのかも、決めておくようにしましょう。

 

ブログの基本設計3:メインキーワード選定

参入するジャンルや商材を決めたら、次はもっと具体的に、そのジャンルで最終的にどんなキーワードで上位表示していくのかという「メインキーワード」を決めていきます。

攻めるべきメインキーワード選びは、「キーワード検索数 チェックツール」などを使いながら、実際にどのくらい検索されているかという「検索ボリューム」を確認していくことになります。

 

例えば、「ダイエット」というキーワードは、月間検索ボリュームがYahoo!で月間905,301回、Googleで月間740,700回という超ビッグキーワード。

ビッグキーワードの検索数は多く、ここで上位表示できたら多くのアクセスを得ることができますが、その分強いライバルも多く、ドメインパワーが弱い初心者の弱小ブログではまず勝てません。

 

一方、これが「痩せる」というキーワードの月間検索ボリュームになってくると、Yahoo!で月間54,451回、Googleで月間44,550回、というくらいまで減ってきます。

このように、同じ意味でも違う言葉に替えて「キーワードをずらす」ことで、自分が戦うべき場所を変えていくわけです。

 

このメインキーワード選定は、稼げるか稼げないかを左右する非常に重要なポイントの一つになってくるので、「確実に勝てるキーワード」を慎重に選んでいきましょう。

 

ブログの基本設計4:ライバルチェック

メインキーワード選定と合わせてやる作業が、この「ライバルチェック」。

多くのアクセスを集める企業のサイトや、病院や政府機関といった権威性の強いサイトなどライバルが強すぎて勝てそうにない場合は、この時点で攻めるべきメインキーワードを変更し、勝てる見込みがあるキーワードに変更して選び直します。

 

攻めるべきメインキーワードのボリュームと、このライバルチェックをクリアできれば、あとはそのメインキーワードに関連したキーワードを選んで記事をどんどん書いて攻めるのみ。

たとえ開設したばかりの弱小ブログでも、正しい方法でブログ記事を投入していけば、検索結果の上位に表示できるようになります。

 

ブログの基本設計5:ターゲット選定

ブログで売る商品が決まったら、次にするのが、どんな人に売っていくのかという「ターゲット選定」。

要は、その商品を買う人はどんな人で、どんな悩みを抱えているかを「明確に理解すること」です。

 

この「顧客理解」を徹底的にすることで、以下のようなことができるようになります。

  • ターゲットが検索するキーワード選定ができる
  • ターゲットに「刺さる」文章が書けるようになる
  • 成約率を高めることができる

 

ターゲットを明確にすることは、ビジネスの基本中の基本。

顧客理解なくして、稼ぐことはできません。

 

ブログの基本設計6:差別化・ファン化戦略を決める

ブログの基本設計の最後のステップが、「差別化・ファン化」の戦略立案。

そのメインキーワードで上位表示されている競合サイトと比べて、どのように差別化を図って多くのファンを獲得していくかについて考えていきます。

 

例えば、

  • 文章の書き方や言葉遣いに個性を出す
  • 個性の強いキャラクターを全面に押し出す
  • 自分のこれまでの実績を公表して信頼性を高めていく
  • マンガやイラストを多用する …etc.

このようなことですね。

 

ここはもう、ある意味「アイデア勝負」なので答えはありません。

自分のブログの「個性」をいかに出していくかを、徹底的に考えていきましょう。

 

初心者向け稼ぐブログの始め方②:WordPressでブログを開設する

ブログの基本設計を固めたら、初心者向けブログの始め方の次のステップとなるのがブログの構築。

アメブロ、はてなブログ、ライブドアブログといったただで使える無料ブログもありますが、本気で稼ぐならWordPressでブログを作っていきましょう。

 

WordPressブログの開設については、以下の記事に詳しく書いたのでそちらを参考にしてブログを開設してみてください。

 

初心者向け稼ぐブログの始め方③:ASPに登録する

初心者向け稼ぐブログの始め方、3つめのステップとなるのが、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)と呼ばれるアフィリエイト広告を専門に扱う広告代理店への登録です。

ASPに登録すると、自分がおすすめしたい商品やサービスの広告案件と提携ができ、あなたのブログに広告を貼れるようになります。

 

ASPにはそれぞれ特色があります。

例えば、ASPによって得意なジャンルがあったり、そのASPでしか扱っていない広告案件もあれば、同じ広告案件でも扱っているASPによって報酬単価が異なるケースもあったりするんですね。

 

つまり、どのASPがベストかというのは、あなたがおすすめした広告は何なのかによって、選ぶべきASPが決まってくるということ。

そのため、とりあえず主要なASPは一通り登録しておいて、その都度、最適なASPと広告案件を選んでいく、というやり方がオーソドックスなASPの使い方になってきます。

 

ここでは初心者が最低限登録しておくべき、おすすめのASPをご紹介しておきましょう。

 

A8.net(エーハチネット)

国内最大手のASPであるA8.netは、幅広いジャンルの広告を扱っていて案件数は業界ナンバーワン。

アフィリエイトをするなら、まずはA8.netに登録しておくべき、と言っても過言ではありません。

 

初心者はまずA8.netに登録して、どんな広告案件があるのかとそれぞれの成果報酬の相場を一通りリサーチしておくと、アフィリエイト業界の概要がざっくりつかめるのでおすすめですね。

 

afb(アフィビー)

A8.netと並んで国内大手のASPがafb(アフィb)

案件数自体はA8.netには見劣りがしますが、管理画面の見やすさや成約したときの画面の演出など使い勝手が非常に優れているだけでなく、A8.netよりは担当者がつきやすくサポートを受けやすいため、初心者におすすめのASPです。

A8.net同様に、ほぼ全ジャンルを網羅しており、中でも化粧品、脱毛、サプリなどの美容系には力を入れており、美容系ジャンルのアフィリエイターは必須のASPです。

もしもアフィリエイト

物販のアフィリエイトといえば、まっさきに頭に思い浮かぶのがAmazonと楽天のアフィリエイトですが、実は別のASPを経由することで、Amazonや楽天アフィリエイトを直接使うよりもお得に利用できるメリットがあります。

Amazonや楽天アフィリエイトを使うのに、一番おすすめのASPが「もしもアフィリエイト」。

 

例えばAmazonアソシエイトの場合、報酬の最低振込金額は5,000円ですが、もしもアフィリエイトであれば最低振込金額は1,000円(振込手数料も無料)。

また、もしもアフィリエイトでは、売りたい商品を検索して手軽にリンクコードを作れてしまう「かんたんリンク」という機能があるので、わざわざAmazonなどのサイトにいってリンクコードを生成する手間も省くことができます。

 

Amazon、楽天などの物販アフィリエイトをやるなら、もしもアフィリエイトは必ず登録して活用していきましょう。

 

バリューコマース

主要ジャンルの案件が豊富なだけでなく、他のASPでは取り扱いをしていない物販案件やEC系、大手企業案件があっておすすめなのがバリューコマース

有名案件や独占案件も豊富で、「Amazon」「楽天」「Yahoo!ショッピング」といったアフィリエイトも揃っていて、ガジェット系のアフィリエイトをやるなら必須のASPです。

 

AccessTrade(アクセストレード)

格安SIMや格安スマホ、WiMAXなどといった通信系のアフィリエイトをやるならアクセストレードは必須のASPで、2001年からやっている老舗のASPでもあります。

通信系ジャンルであれば、ほぼアクセストレードだけで全ての案件をカバーできるほど、通信系ジャンルの案件が充実しています。

 

通信系以外にも金融系や美容系、健康食品などの案件も豊富で、他ASPが取り扱っていないオンラインゲーム系の案件も多く取り扱っています。

大手ASPの一つとして、必ず登録しておくべきASPです。

 

初心者向け稼ぐブログの始め方④:記事を書く

初心者向け稼ぐブログの始め方、最後のステップが、いよいよ記事の執筆です。

記事を書いていく上での主なポイントは、以下の通り。

  • 戦略的にキーワードを選ぶ
  • ライバルチェックをする
  • 1記事あたりの文字数は最低2,000文字以上
  • まずは3ヶ月で100記事を目標にする

 

戦略的にキーワードを選ぶ

ブログ記事が検索結果に上位表示できるか否かは、キーワード選びにかかっているといっても過言ではありません。

いかにライバルが少ないキーワードで戦えるかがミソで、以下の2つのポイントでブルーオーシャンな穴場キーワードを見つけていきます。

  • キーワードをずらす
  • 感情系のキーワードで攻める

 

例えばダイエットブログの場合、超激戦なビッグワードである「ダイエット」というキーワードで攻めても、あなたの弱小ブログは強いライバルサイトに太刀打ちできませんよね。

そこで、「痩せたい」というようなキーワードでずらしたり、「ダイエット 続かない」や「痩せれない」といった感情系のキーワードで攻めて、検索上位を狙いやすい戦場で戦うようにするわけです。

 

穴場キーワードを見つけるときにしっかり考えておくべきなのが、「確実に検索されるキーワードかどうか」ということ。

 

これは考えれば当たり前の話ですが、たとえ穴場のキーワードであっても、そもそも検索されなければブログへアクセスを集めることができないからですね。

そのため、キーワードを探す際には、強いライバルがいるかどうかの「ライバルチェック」と合わせて、どのくらい検索されているかの「検索ボリュームチェック」を必ずすることがポイントの一つ。

 

ライバルチェックは実際のそのキーワードで検索をしてみて、どんなサイトが上位に表示されているかを確認していきます。

Googleは「信頼性が高いサイト」や「権威性のあるサイト」を重視する傾向があるため、有名企業のサイトや政府機関のサイト、また、病院系の医療機関サイトなどが出てくるキーワードは極力避けて、ドメインパワーの弱そうな個人サイトが出てくるキーワードを攻めるようにしましょう。

 

検索ボリュームのチェックは、Google Keyword Plannerキーワード検索数チェックツールなどを使うのがおすすめ。

 

メインキーワードなら月間5,000~20,000程度の検索ボリューム、記事を書くためのキーワードであれば、ドメインパワーの弱い初期は100以下のスモールワードを基準の目安にしましょう。

ドメインパワーが強化されてきたら、徐々に200以上のワードを狙って記事化していくのが効率的な記事の書き方ですね。

 

ライバルチェックをする

Googleがサイト評価をするときに重要視しているポイントの一つがコンテンツの「質」で、「良い記事」を書くことが必要になってきます。

ここで言う「良い記事」とは、キーワードを検索してきた人が求めている情報が記載されているかどうかということ。

 

しかし、ブログ初心者にとっては、何が求められている内容なのか、正直わからないというのも本音でしょう。

実は、答えは全てGoogleが教えてくれています。

 

Googleは検索ユーザーが求めているサイトを、上から順に検索結果に表示させていますよね。

つまり、検索結果に上位表示されたものこそ、検索してきた人が求めている「良い記事」だということなわけです。

 

記事を書く際には、まず狙ったキーワードで検索して、検索結果に表示された上位10記事の内容を確認した上で、そこで書かれている内容の概要を網羅的に押さえておくことが大切です。

 

このときに1点気をつけるべきなのが、絶対に記事内容をコピペしないこと。

Googleからペナルティを受けてサイトが検索結果に出てこなくなる可能性があるので、絶対にコピペはしないようにしましょう。

 

1記事あたりの文字数は最低2,000文字以上

コンテンツの「質」と合わせて、Googleがサイト評価をするとき重要視しているのが、サイトコンテンツの「量」

1サイトの文字数とは、すなわち「情報量」のことであり、ライバルサイトよりも多い情報量というのがGoogleに高く評価される傾向があります。

 

1記事あたりに必要な文字数は、ライバルサイトの状況によっても異なってくるので、場合によっては1万文字以上必要になってくるケースもありますが、最低でも2,000文字は書くようにしましょう。

 

まずは3ヶ月で100記事を目標にする

記事数を増やすことも、ブログコンテンツの量を増やすことに直結してきます。

記事数を増やせば増やすほどドメインパワーが強化され、検索上位に表示されやすくなってくるわけですね。

 

ブログで稼げないと言う人は、だいたい決まって記事数が圧倒的に少ないケースがほとんどです。

四の五の言わずにとにかく記事を書く、それが稼ぐための必須条件。

 

まずは稼ぐための最低ラインと言われる、100記事を目指していきましょう。

 

まとめ

ブログの開設からアフィリエイトで収入を得ていくまでにはたくさんのステップがありますが、これからブログを始める初心者におすすめの「稼ぐブログの始め方」は以下の通り。

稼ぐブログ構築までの流れ

  1. ブログの基本設計をする
  2. WordPressでブログを開設する
  3. ASPに登録する
  4. 記事を書く

 

繰り返しになりますが、ブログで稼ぐのは簡単なことではありません。

だからこそ、一番最初のステップである「ブログの基本設計」について時間をかけて考えて、まずブログのコンセプトや戦略をしっかり固めていくことが何よりも大切なのです。

 

ブログで稼ぐためには、ブログへアクセスを集めることが必要不可欠で、そのためには最大の集客元となる「検索エンジン」を攻略しなければなりません。

検索結果の上位に表示されるためのブログの作り方や記事の書き方など、正しい稼ぐブログの「知識」と「ノウハウ」をしっかりと身につけるようにしましょう。

 

参考:稼ぐのに役立つおすすめブログは?ブログで稼ぐなら、まずは情報収集から!

 

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村


ネットビジネスランキング