アフィリエイト

稼ぐブログの始め方!初心者がブログ開設~収入を稼ぐおすすめのやり方を解説!

「これからブログを始めてブログ収入を稼ぎたいんだけど、何から始めればいいのかわからない…。ブログの開設からブログ収入を稼ぐまでの流れややり方など、初心者におすすめの稼ぐブログの始め方を教えて。」

 

アメブロ、はてなブログ、ライブドアブログといった無料ブログやWordPress、世の中にはたくさんのブログサービスや、様々なブログで稼ぐ方法があります。

確かに、右も左もわからないブログ初心者にしてみれば、どのブログサービスを選んで、どのようにブログを作っていけばいいのか、さっぱりわからないというのも無理はありませんよね。

 

今回はそんな初心者のために、ブログ開設から収入を稼ぐまでの流れや、基本的なブログの稼ぎ方など、「稼ぐブログ」の始め方を徹底解説していきます。

 

目次

そもそもブログで稼ぐってどういうこと?ブログを収益化する方法や仕組みを解説

ブログは、テレビや新聞、雑誌などと同じような「メディア(媒体)」の一つです。

ブログを読んでくれる人が増えれば増えるほどメディアとしての価値が上がり、そこから広告収入を得たりコンテンツを販売したりして収入を得れるようになるわけですね。

 

ブログを収益化する方法には、以下のように様々なものがあります。

ブログを収益化する主な方法

  • Google AdSense(グーグルアドセンス)
  • アフィリエイト
  • 有料コンテンツ販売
  • 純広告(スポンサー広告)
  • 記事広告
  • 書籍出版・別媒体への記事出稿

 

この中でブログを収益化する王道と言われているのが、Googleアドセンスとアフィリエイト。

実際に世の中のほとんどのブロガーは、アドセンスやアフィリエイトでブログ収入を稼いでいます。

 

ここでのポイントは、どんな方法でブログを収益化するにせよ、ブログへアクセスを集めることができなければ1円も稼ぐことはできないということ。

逆に言うと、ブログへの集客さえできてしまえば、いかようにでもブログを収益化していくことは可能ということですね。

 

では、それぞれの方法の特徴や仕組みについて、簡単にみていきましょう。

 

Google AdSense(グーグルアドセンス)

「クリック報酬型広告」の代表格であるGoogle AdSense(グーグルアドセンス)は、Googleがサイト運営者に提供している広告配信サービス。

サイト訪問者がサイト内に貼られた広告をクリックするとサイト運営者に収益が発生する仕組みになっています。

 

Googleアドセンスの最大のメリットは、Googleがサイト訪問者に一番「最適な広告」を表示してくれるため、クリックされやすく報酬が発生しやすいこと。

そのためブログの初心者であっても、ブログへのアクセスさえ集めることができれば、ある程度安定的に広告収入を得ていくことができます。

 

一方、Googleアドセンスのデメリットは、1クリックあたり20円~40円程度という報酬単価の低さ。

月間10万PVのサイトで2万円前後、仮に、月間100万PVのサイトを作っても得られる報酬は20万円前後になってきます。

 

以下はサイトの月間PV数とアドセンスで得れる平均収入のおおよその目安です。

Googleアドセンス収入の目安

  • 月間1万PV:~3,000円
  • 月間5万PV:3,000~15,000円
  • 月間10万PV:15,000~30,000円
  • 月間30万PV:50,000~70,000円
  • 月間50万PV:100,000~150,000円
  • 月間100万PV:150,000~250,000円
  • 月間200万PV:400,000~600,000円
  • 月間500万PV:750,000~1,000,000円

 

月間100万PV以上のアクセスを集めるブログを作るのは、ハッキリ言って至難の業。

Googleアドセンスだけで月収50万円や100万円といった大きな額を稼ぐことは難しいですが、月収5万円~10万円程度の収入であれば、初心者でも十分狙っていけます。

 

Googleアドセンスで稼ぐなら、「トレンドアフィリエイト」と呼ばれれる手法が王道でおすすめ。

時事ネタや芸能人のゴシップ、話題性のあるイベントといった、世間で話題になっている流行りのネタに関連したキーワードでスピーディーに記事化していくわけです。上手くハマれば爆発的なアクセスを得て稼ぐことができます。

 

ブログのアクセスさえ増やせば収益を得れるというGoogleアドセンスは非常にシンプルなマネタイズ方法で、初心者には特におすすめです。

 

アフィリエイト

ブログ内におすすめの商品やサービスの広告を貼って、その広告をクリックしたサイト訪問者がその商品やサービスを購入したり申し込んだりすることで「成果報酬」がもらえる仕組みがアフィリエイトで、「成果報酬型広告」と呼ばれています。

ブログ訪問者がクリックするだけで報酬が発生するGoogleアドセンスとは違って、アフィリエイトの場合はサイト内に貼った広告がクリックされただけでは報酬は発生せず、商品やサービスが購入されたり申し込まれて初めて報酬が発生します。

 

つまり、Googleアドセンスよりも「稼ぐ難易度」は少々上がってくるわけですね。

どのようなジャンルやコンセプトでブログを作り、どのようなターゲットに対して、どのようなキーワードで記事を書いて集客し、どのような方法(商材)で解決してあげるのかといったように、アフィリエイトで稼ぐためには「マーケティングスキル」が必要不可欠になってきます。

 

一方で、アフィリエイトの最大の魅力は、なんといっても「大きく稼げる」こと。

攻めるジャンルにもよりますが、やり方次第では月収100万円以上稼ぐことも可能です。

 

アフィリエイトの場合は、ASP(Affiliate Service Provider)と言われているアフィリエイト広告を専門に扱う「広告代理店」があって、商品やサービスを販売する「広告主」と、「サイト運営者」を仲介しています。

ひとくちにASPと言っても多くのASPが存在していて、美容系ジャンルに強いASPや物販系ジャンルに強いASP、または、同じ広告案件でもA社は1,000円の報酬だけどB社は1,500円の報酬といったように、それぞれに特色があって扱うジャンルや報酬額も様々。

 

ASPを選ぶときは、どこか一つのASPを選ぶのではなく複数のASPに登録しておいて、その時に合った一番ベストな案件を適宜選んでいくようにしましょう。

 

有料コンテンツ販売

自分で情報商材などのオリジナルコンテンツを作って販売していくのも、ブログを収益化する代表的なマネタイズ方法の一つ。

有料コンテンツを販売していくには、主に2つの方法があります。

 

  • ブログでリストを取ってメルマガ経由で販売
  • ブログからnoteに誘導してnote上で販売

 

メルマガ経由でコンテンツを販売するためには、当然ながらブログ読者にメールアドレスを登録してもらう「ひと手間」が必要になるだけでなく、メルマガで成約させるためのステップメールの知識やライティングスキルも要求されます。

一方、note経由での販売なら、ブログからnote上に作ったコンテンツにリンクを貼り誘導すればいいだけなので、わざわざリストを取る必要もなく手軽に有料コンテンツを販売することができます。

 

これまでは、有料コンテンツ販売といえばメルマガ経由での販売が主流でしたが、メルマガでの販売はは要求される知識やスキルレベルも高く、それなりにハードルが上がることも事実。

初心者が有料コンテンツを販売していくなら、まずはnoteで手軽に販売することから始めるのがいいでしょう。

 

純広告(スポンサー広告)

広告業界では、特定メディアの広告枠を買い取って掲載する広告が純広告と呼ばれていて、自分のブログに特定スポンサーの広告を貼ることで収入を得るマネタイズ方法です。

一般的に純広告の場合は、「3/1から3/14までの2週間掲載して30万円」というように、掲載期間と金額がセットになっているのが普通で、広告掲載の単価は媒体価値や媒体特性(PV数やサイトの属性など)によって大きく異なります。

 

例えば、月間PVが数千万~1億くらいの規模を誇るような芸能人のブログでは、1掲載あたり数百万円はザラにかかってくる一方で、ブログアクセス数がほとんどないようなブログには、掲載したいというスポンサー企業はほとんどないのも事実。

つまり純広告は、それなりに知名度のある芸能人やインフルエンサーにしかできないことで、知名度のない一般人のブログには若干縁遠いマネタイズ方法といえます。

 

記事広告

ブログの記事自体が、特定企業の商品やサービスをおすすめする「広告」になっているのが記事広告で、純広告同様に、PV数やサイト属性などの媒体価値によって単価が決まってきます。

記事広告も、知名度の高い芸能人やインフルエンサーのみが活用できるマネタイズ方法になります。

 

書籍出版・別媒体への記事出稿

それなりにブログへのアクセスが増えてきてファン化できるようになれば、書籍出版や別媒体への記事出稿というような話も舞い込んでくるようになります。

しかし、このマネタイズ方法も、ブログにアクセスが集まらない初期段階では到底無理。

 

まずは、コツコツ地道に質の高い記事を書いて、アクセスを増やすことに専念しましょう。

 

ブログで稼ぐならアフィリエイトで特化型ブログ

ブログで稼ぐ方法には色々なものがありますが、一番のおすすめはアフィリエイトです。

さきほどもお伝えした通り、アフィリエイトの魅力はなんといっても月収100万円以上も稼げる可能性があって、一度検索経由でアクセスが集まるようになれば、ネット上の資産となって「不労所得」を生み出してくれるからですね。

 

一方で、ブログには特定のジャンルに特化した「特化型ブログ」と、様々なジャンルの記事を扱っていく「雑記ブログ」という2種類がありますが、おすすめは断然「特化型ブログ」

なぜなら、Googleから「特化型ブログ=専門性の高いサイト」とみなされ、雑記ブログよりも検索上位に表示されやすく、検索経由でブログへアクセスを集めやすいからです。

 

最短&最速で稼ぐなら「アフィリエイトで特化型ブログ」、これは稼ぐブログの基本になってきます。

 

稼ぐブログの始め方!初心者がブログ開設から収入を稼ぐまでのおすすめのやり方とは?

ここからは、初心者がブログ開設からアフィリエイト収入を稼ぐまでのおすすめのやり方や、稼ぐブログを構築するための始め方についてお伝えしていきます。

稼ぐブログは以下の流れで作っていくことになります。

稼ぐブログ構築までの流れ

  1. ブログの基本設計をする
  2. WordPressでブログを開設する
  3. ASPに登録する
  4. 記事を書く

 

稼ぐブログの始め方①:ブログの基本設計をする

稼ぐブログの始め方の最初のステップは、ブログのジャンルやコンセプトといった「ブログの基本設計」をしっかり作ることです。

というのも、ジャンルとコンセプト選定は、ブログの設計図・骨組みであり、稼げるかどうか全てがそこで決まってくるからなんですね。

 

ジャンルやコンセプトを決めると、どういうものが決まるかというと、ブログに関する「全て」が決まってきます。

  • どのようにお金を稼ぐのかが決まる
  • どんなキーワードでアクセスを集めるかが決まる
  • どんな人々が集まるのかが決まる
  • どれくらいアクセスが集まるのかが決まる
  • 戦うべきライバルが決まる
  • どれくらい稼げるのかも決まる

 

実は、稼げるブロガーと稼げないブロガーの決定的な違いは、この「基本設計」をしっかりやっているかいないかの違いです。

稼げないブロガーは、とりあえずブログを作って、とりあえず記事を書きだして…、というように、何も考えずにとりあえず走り出してしまうわけです。

 

そんな簡単に稼げるほど、ブログアフィリエイトは甘くありません。

本気でブログで稼ぎたいのなら、絶対にブログを適当に作ってはいけないのです。

 

では、実際にどのような流れでジャンル・コンセプト選定をしていくかというと、以下のような流れで、出口であるマネタイズから逆算して考えていくことが重要になります。

「ブログの基本設計」の流れ

  1. どのようにマネタイズするのかを決める(出口戦略)
  2. どんな人を集めたいのかを決める(ターゲット選定)
  3. アクセスが見込めるジャンルを決める(メインキーワードのボリュームチェック)
  4. ライバルは強いか弱いかを検証する(ライバルチェック)
  5. ライバルブログ・サイトとどう差別化するかを決める(コンセプト・ファン化戦略)

 

要するに、ブログで稼ぐためには結構考えないことがいっぱいあるわけですが、お金を稼ぐ「ビジネス」なので当たり前です。

結局、どんなビジネスでも一緒で、これらのことは普通に考えますよね。

 

これらを考えずにブログで稼ごうとするのは、丸腰で戦場にいって自滅するようなもの。

これらの「基本設計」を作ることで、「稼げるブログ」が構築できるというわけです。

 

だからこそ、しっかりとこの部分に時間をかけて戦略を練って、取り組むようにしましょう。

 

どのようにマネタイズするのかを決める(出口戦略)

ブログを始めるにあたり一番最初にすべきことが、どのようなジャンルを攻めて、どのような方法で、何を売っていくのかというマネタイズの部分。

ほとんどの人が攻めるべきジャンルは最初に決めていますが、どんな方法でどんな商材を売っていくかという「出口戦略」は後回しにしてしまいがちですよね。

しかし、それでは稼げない。

 

というのも、マネタイズというのは言ってみれば「ゴール」そのもので、目指すべき頂上なくして山は登れないわけです。

つまり、ゴールを固めないことには、そのゴールを目指すための戦略や攻め方が何も決まらないということ。

 

マネタイズから逆算して細かなブログ戦略を決めていく、これは稼ぐブログの基本になります。

 

どんな人を集めたいのかを決める(ターゲット選定)

ブログで売る商品が決まったら、次にするのが、どんな人に売っていくのかという「ターゲット選定」。

要は、その商品を買う人はどんな人で、どんな悩みを抱えているかを明確に理解することです。

 

この「顧客理解」を徹底的にすることで、以下のようなことができるようになります。

  • ターゲットが検索するキーワード選定ができる
  • ターゲットに「刺さる」文章が書けるようになる
  • 成約率を高めることができる

 

ターゲットを明確にすることは、ビジネスの基本中の基本。

顧客理解なくして、稼ぐことはできません。

 

アクセスが見込めるジャンルを決める(メインキーワードのボリュームチェック)

大枠のジャンル選定は、一番最初のマネタイズを決めるときに一緒にやってしまいますが、ここではもっと具体的に、攻めるべき「メインキーワード」を決めていく作業になります。

攻めるべきメインキーワード選びは、「キーワード検索数 チェックツール」などを使いながら、実際にどのくらい検索されているかという「検索ボリューム」を確認していくことになります。

 

例えば、「ダイエット」というキーワードは、月間検索ボリュームがYahoo!で月間905,301回、Googleで月間740,700回という超ビッグキーワード。

ビッグキーワードの検索数は多く、ここで上位表示できたら多くのアクセスを得ることができますが、その分強いライバルも多く、ドメインパワーが弱い初心者の弱小ブログではまず勝てません。

 

一方、これが「痩せる」というキーワードの月間検索ボリュームになってくると、Yahoo!で月間54,451回、Googleで月間44,550回、というくらいまで減ってきます。

このように、同じ意味でも違う言葉に替えて「キーワードをずらす」ことで、自分が戦うべき場所を変えていくわけです。

 

このメインキーワード選定は、稼げるか稼げないかを左右する非常に重要なポイントの一つになってくるので、確実に勝てるものを慎重に選んでいきましょう。

 

ライバルは強いか弱いかを検証する(ライバルチェック)

メインキーワード選定と合わせてやる作業が、この「ライバルチェック」。

多くのアクセスを集める企業のサイトや、病院や政府機関といった権威性の強いサイトなどライバルが強すぎて勝てそうにない場合は、この時点で攻めるべきメインキーワードを変更し、勝てる見込みがあるキーワードに変更して選び直します。

 

攻めるべきメインキーワードのボリュームと、このライバルチェックをクリアできれば、あとはそのメインキーワードに関連したキーワードを選んで記事をどんどん書いて攻めるのみ。

たとえ開設したばかりの弱小ブログでも、正しい方法でブログ記事を投入していけば検索結果の上位に表示できるようになります。

 

ライバルブログ・サイトとどう差別化するかを決める(コンセプト・ファン化戦略)

ライバルチェックをして攻めるべきメインキーワードが決まったら、そのメインキーワードで上位表示されている競合サイトと比べて、どのように差別化を図って多くのファンを獲得していくかについて考えましょう。

例えば、思いつくままに挙げると以下のような感じですね。

 

  • 文章の書き方や言葉遣いに個性を出す
  • 個性の強いキャラクターを全面に押し出す
  • 自分のこれまでの実績を公表して信頼性を高めていく
  • マンガやイラストを多用する …etc.

 

ここはもう、ある意味「アイデア勝負」なので答えはありません。

自分のブログの「個性」をいかに出していくかを徹底的に考えていきましょう。

 

稼ぐブログの始め方②:WordPressでブログを開設する

稼ぐブログの始め方、次のステップはブログの開設です。

アメブロ、はてなブログ、ライブドアブログといった無料ブログは、タダで使える上に簡単操作で初心者にも使いやすいというメリットはありますが、実は、稼ぐ目的で使う上で致命的になってくる2つのデメリットが存在しています。

無料ブログの致命的なデメリット

  • SEOが弱く検索経由でアクセスを集められない
  • 自分のブログが削除されるリスクがある

 

ブログアフィリエイトでは、いかに検索経由でアクセスを集めるかが「キモ」になりますが、無料ブログはSEOが弱く検索結果の上位に表示させるのが極めて難しくなります。

また、運営側の都合で自分のブログが削除されるかもしれないという、ビジネス上の高いリスクもあり、「稼ぐブログ」として無料ブログを使うのは絶対におすすめしません。

 

本気でブログで稼ぎたいなら、選ぶべきはWordPress(ワードプレス)の一択です。

WordPress(ワードプレス)とは?

ブログやウェブサイトを簡単に作成できるソフトウェアの一つ。今や世界中のウェブサイトの3分の1はWordPressで作成されています。

 

WordPressはGoogleからも高く評価されていて、実際に検索結果の上位にきているサイトのほとんどがWordPressで作られたものになっています。

ブログで稼ぐためには、ブログへアクセスを集めることが大前提となってくるので、検索結果に上位表示されやすいという点だけ考えても、WordPressを使うメリットはあるわけですね。

WordPressのメリット

  • ブログが削除されるリスクがない
  • 検索経由でアクセスを集めやすい(SEOに強い)
  • アドセンスやアフィリエイトも自由にできる
  • デザインやカスタマイズの自由度が高い(差別化しやすい)

 

また、無料ブログではなくWordPressを選ぶべき大きな理由の一つになってくるのが、WordPressを使うことで、運営側の勝手な都合による「ブログの削除リスク」も解消できること。

継続的にブログビジネスを運営していくのであれば、絶対にWordPressを使うべきです。

 

ただし、WordPressもいいことばかりではなく、当然ながらいくつかのハードルが存在するのも事実。

WordPressを使う上でのハードルは、ドメインの取得やレンタルサーバーの契約に費用がかかることと、無料ブログより機能が充実している分、WordPressの操作に慣れる必要が出てくることです。

WordPressのデメリット

  • ブログの利用に費用がかかる(年間1万円程度)
  • ブログの開設が少々めんどくさい
  • WordPressの操作に慣れる必要がある
  • アクセスを集めるのに時間がかかる

 

しかし、これらの点はブログを運営していく上で致命的になるものでもなく、ハッキリ言ってデメリットというほどの内容でもありません。

 

ブログで稼ぐために重要視すべきは、いかにブログへアクセスを集めて収益に結びつけられるかということ。

SEOが強くマネタイズの融通も効くWordPress以外、選ぶべきブログサービスは他にないのです。

 

ドメインの取得方法

WordPressを利用するためには、自分でドメインを取得しレンタルサーバーと契約する必要があります。

  • 独自ドメインの取得
  • レンタルサーバーの契約

 

独自ドメインとは、このブログでいうと「https://www.稼ぐブログの歩き方.com」の赤字部分のことで、ドメインを不動産に例えると土地の上に建つ「建物」のイメージですね。

独自ドメインを取得するには、ドメインを販売している以下のようなサービスを使えば、(他の人に使われていない限り)自分の好きなドメイン名(独自ドメイン)を簡単に取得することができます。

 

レンタルサーバーの契約方法

不動産の「建物」にあたるのがドメインなのに対して「土地」あたるのがサーバーです。

ドメインを取得してもサーバーを契約しないことにはブログを作ることができません。

 

レンタルサーバーには様々な種類やサービスがありますが、初心者におすすめの安価で使いやすいレンタルサーバーには以下のようなものがあります。

 

レンタルサーバーの契約が完了すると、契約したサーバーの設定画面からWordPressをインストールしてブログを構築できるようになります。

WordPressブログの開設については、以下の記事に詳しく書いたのでそちらを参考にしてブログを開設してみてください。

 

稼ぐブログの始め方③:ASPに登録

稼ぐブログの始め方の3つめのステップとなるのが、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)と呼ばれるアフィリエイト広告を専門に扱う広告代理店への登録です。

ASPに登録すると、自分がおすすめしたい商品やサービスの広告案件と提携ができ、あなたのブログに広告を貼れるようになります。

 

ASPにはそれぞれ特色があります。

例えば、ASPによって得意なジャンルがあったり、そのASPでしか扱っていない広告案件もあれば、同じ広告案件でも扱っているASPによって報酬単価が異なるケースもあったりするんですね。

 

つまり、どのASPがベストかというのは、あなたがおすすめした広告は何なのかによって、選ぶべきASPが決まってくるということ。

そのため、とりあえず主要なASPは一通り登録しておいて、その都度、最適なASPと広告案件を選んでいく、というやり方がオーソドックスなASPの使い方になってきます。

 

ここでは初心者が最低限登録しておくべき、おすすめのASPをご紹介しておきましょう。

 

A8.net(エーハチネット)

国内最大手のASPであるA8.netは、幅広いジャンルの広告を扱っていて案件数は業界ナンバーワン。

アフィリエイトをするなら、まずはA8.netに登録しておくべき、と言っても過言ではありません。

 

初心者はまずA8.netに登録して、どんな広告案件があるのかとそれぞれの成果報酬の相場を一通りリサーチしておくと、アフィリエイト業界の概要がざっくりつかめるのでおすすめですね。

 

afb(アフィビー)

A8.netと並んで国内大手のASPがafb(アフィb)

案件数自体はA8.netには見劣りがしますが、管理画面の見やすさや成約したときの画面の演出など使い勝手が非常に優れているだけでなく、A8.netよりは担当者がつきやすくサポートを受けやすいため、初心者におすすめのASPです。

A8.net同様に、ほぼ全ジャンルを網羅しており、中でも化粧品、脱毛、サプリなどの美容系には力を入れており、美容系ジャンルのアフィリエイターは必須のASPです。

もしもアフィリエイト

物販のアフィリエイトといえば、まっさきに頭に思い浮かぶのがAmazonと楽天のアフィリエイトですが、実は別のASPを経由することで、Amazonや楽天アフィリエイトを直接使うよりもお得に利用できるメリットがあります。

Amazonや楽天アフィリエイトを使うのに、一番おすすめのASPが「もしもアフィリエイト」。

例えばAmazonアソシエイトの場合、報酬の最低振込金額は5,000円ですが、もしもアフィリエイトであれば最低振込金額は1,000円(振込手数料も無料)。

また、もしもアフィリエイトでは、売りたい商品を検索して手軽にリンクコードを作れてしまう「かんたんリンク」という機能があるので、わざわざAmazonなどのサイトにいってリンクコードを生成する手間も省くことができます。

Amazon、楽天などの物販アフィリエイトをやるなら、もしもアフィリエイトは必ず登録して活用していきましょう。

バリューコマース

主要ジャンルの案件が豊富なだけでなく、他のASPでは取り扱いをしていない物販案件やEC系、大手企業案件があっておすすめなのがバリューコマース

有名案件や独占案件も豊富で、「Amazon」「楽天」「Yahoo!ショッピング」といったアフィリエイトも揃っていて、ガジェット系のアフィリエイトをやるなら必須のASPです。

 

AccessTrade(アクセストレード)

格安SIMや格安スマホ、WiMAXなどといった通信系のアフィリエイトをやるならアクセストレードは必須のASPで、2001年からやっている老舗のASPでもあります。

通信系ジャンルであれば、ほぼアクセストレードだけで全ての案件をカバーできるほど、通信系ジャンルの案件が充実しています。

 

通信系以外にも金融系や美容系、健康食品などの案件も豊富で、他ASPが取り扱っていないオンラインゲーム系の案件も多く取り扱っています。

大手ASPの一つとして、必ず登録しておくべきASPです。

 

稼ぐブログの始め方④:記事を書く

稼ぐブログの始め方の最後のステップとなるのが、記事を書いていくこと。

ここまできてやっと記事が書けるわけですね。

 

記事を書いていく上での主なポイントは、以下の通り。

  • 戦略的にキーワードを選ぶ
  • ライバルチェックをする
  • 1記事あたりの文字数は最低2,000文字以上
  • まずは3ヶ月で100記事を目標にする

 

戦略的にキーワードを選ぶ

ブログ記事が検索結果に上位表示できるか否かは、キーワード選びにかかっているといっても過言ではありません。

いかにライバルが少ないキーワードで戦えるかがミソで、以下の2つのポイントでブルーオーシャンな穴場キーワードを見つけていきます。

  • キーワードをずらす
  • 感情系のキーワードで攻める

 

例えばダイエットブログの場合、超激戦なビッグワードである「ダイエット」というキーワードで攻めても、あなたの弱小ブログは強いライバルサイトに太刀打ちできませんよね。

そこで、「痩せたい」というようなキーワードでずらしたり、「ダイエット 続かない」や「痩せれない」といった感情系のキーワードで攻めて、検索上位を狙いやすい戦場で戦うようにするわけです。

 

穴場キーワードを見つけるときにしっかり考えておくべきなのが、「確実に検索されるキーワードかどうか」ということ。

 

これは考えれば当たり前の話ですが、たとえ穴場のキーワードであっても、そもそも検索されなければブログへアクセスを集めることができないからですね。

そのため、キーワードを探す際には、強いライバルがいるかどうかの「ライバルチェック」と合わせて、どのくらい検索されているかの「検索ボリュームチェック」を必ずすることがポイントの一つ。

 

ライバルチェックは実際のそのキーワードで検索をしてみて、どんなサイトが上位に表示されているかを確認していきます。

Googleは「信頼性が高いサイト」や「権威性のあるサイト」を重視する傾向があるため、有名企業のサイトや政府機関のサイト、また、病院系の医療機関サイトなどが出てくるキーワードは極力避けて、ドメインパワーの弱そうな個人サイトが出てくるキーワードを攻めるようにしましょう。

 

検索ボリュームのチェックは、Google Keyword Plannerキーワード検索数チェックツールなどを使うのがおすすめ。

メインキーワードなら月間5,000~20,000程度の検索ボリューム、記事を書くためのキーワードは、ドメインパワーの弱い初期は100以下のスモールワード、ドメインパワーが強化されてきたら、徐々に200以上のワードを狙って記事化していくのが効率的です。

 

ライバルチェックをする

Googleがサイト評価をするときに重要視しているポイントの一つがコンテンツの「質」で、「良い記事」を書くことが必要になってきます。

ここで言う「良い記事」とは、キーワードを検索してきた人が求めている情報が記載されているかどうかということ。

 

しかし、ブログ初心者にとっては、何が求められている内容なのか、正直わからないというのも本音でしょう。

実は、答えは全てGoogleが教えてくれています。

 

Googleは検索ユーザーが求めているサイトを、上から順に検索結果に表示させていますよね。

つまり、検索結果に上位表示されたものこそ、検索してきた人が求めている「良い記事」だということなわけです。

 

記事を書く際には、まず狙ったキーワードで検索して、検索結果に表示された上位10記事の内容を確認した上で、そこで書かれている内容の概要を網羅的に押さえておくことが大切です。

 

このときに1点気をつけるべきなのが、絶対に記事内容をコピペしないこと。

Googleからペナルティを受けてサイトが検索結果に出てこなくなる可能性があるので、絶対にコピペはしないようにしましょう。

 

1記事あたりの文字数は最低2,000文字以上

コンテンツの「質」と合わせて、Googleがサイト評価をするとき重要視しているのが、サイトコンテンツの「量」

1サイトの文字数とは、すなわち「情報量」のことであり、ライバルサイトよりも多い情報量というのがGoogleに高く評価される傾向があります。

 

1記事あたりに必要な文字数は、ライバルサイトの状況によっても異なってくるので、場合によっては1万文字以上必要になってくるケースもありますが、最低でも2,000文字は書くようにしましょう。

 

まずは3ヶ月で100記事を目標にする

記事数を増やすことも、ブログコンテンツの量を増やすことに直結してきます。

記事数を増やせば増やすほどドメインパワーが強化され、検索上位に表示されやすくなってくるわけですね。

 

ブログで稼げないと言う人は、だいたい決まって記事数が圧倒的に少ないケースがほとんどです。

四の五の言わずにとにかく記事を書く、それが稼ぐための必須条件。

 

まずは稼ぐための最低ラインと言われる、100記事を目指していきましょう。

 

まとめ

ブログでアフィリエイト収入を稼ぐのは簡単なことではなく、初心者はまずブログの「基本設計」を作ってコンセプトや戦略を決めていくのが、おすすめの稼ぐブログの始め方。

稼ぐブログは以下の流れで作っていきましょう。

稼ぐブログ構築までの流れ

  1. ブログの基本設計をする
  2. WordPressでブログを開設する
  3. ASPに登録する
  4. 記事を書く

 

ブログで稼ぐためには、ブログへアクセスを集めることが必要不可欠で、そのためには最大の集客元となる「検索エンジン」を攻略しなければなりません。

検索結果の上位に表示されるためのブログの作り方や記事の書き方など、正しい稼ぐブログの「知識」と「ノウハウ」をしっかりと身につけるようにしましょう。

 

参考:稼ぐのに役立つおすすめブログは?ブログで稼ぐなら、まずは情報収集から!

 

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村


ネットビジネスランキング