ブログで稼ぐ

【雑記ブログの書き方講座】初心者がアクセスを集める5つのポイントを徹底解説!

気づく

「雑記ブログを始めたんだけど、全然アクセスが集まらない…。雑記ブログの書き方って、意外に難しいよね…。」

こう思っている初心者ブロガーは、結構多いんじゃないでしょうか。

 

何でも自由に書けて継続しやすいと、軽い気持ちで始めた雑記ブログ。

でも、自分が想定していたよりもはるかに、アクセスが集まらないし、ブログ収入も稼げない…。

 

そうなんですよ。

記ブログって、実は難易度が高いんです。

 

というのも、雑記ブログは自由度が高い反面、Googleが重要視する評価基準であるブログの「専門性」を高めるのが難しいからに他なりません。

 

そもそも、雑記ブログを始める初心者は、ジャンルやキーワードに対しての意識がものすごく甘いんですよね。

だから、アクセスなんて集まらないし、稼げるはずもない。

 

ブログって、そんな簡単なものじゃないんですよ。

アクセス集めてブログ収入を稼ぎたいなら、しっかりと戦略的にブログを作る必要があります。

 

今回は、アクセスを増やしたい、ブログ収入を稼ぎたいと思っている初心者ブロガーが、絶対に押さえておくべき「雑記ブログの書き方」のポイントについてお話ししていきます。

これを読めば、なぜあなたのブログにアクセスが集まらないかが一発でわかりますよ。

 

稼げない初心者ブロガーのほとんどは雑記ブログ

稼げない初心者ブロガーのほとんどは雑記ブログ

「継続が命」と言われているブログは、ブログを始めた9割の人が稼げる前に挫折してやめていきます。

実は、そのやめていくほとんどの人が、雑記ブログをやっていた人たち

 

何でも自由に書けて楽しみながらブログ収入が稼げるって、簡単そうに見えるんですよね、雑記ブログって。

でも、現実は全然違う。

 

どんなに一生懸命記事を書き続けても、アクセスは全く集まらないし、ブログ収入なんて1円も稼げない

この理想と現実のギャップに絶望し、世の中の初心者雑記ブロガーたちは、次々に脱落していくのです。

 

雑記ブログの書き方における5つのポイント

雑記ブログの書き方における5つのポイント

挫折してしまう人たちって、雑記ブログの「正しい書き方」や「アクセスを集める作り方」を知らないんですよね。

雑記ブログにアクセスを集めてブログ収入を稼ぐには、しっかりとポイントを押さえながらブログを作っていく必要があります。

 

そのポイントというのが以下の5つ。

雑記ブログの5つのポイント

  • 記事は読まれなければ意味がない
  • 雑記ブログ=日記ではない
  • ジャンルの市場規模や競合性を考える
  • 最初からジャンルを広げてはいけない
  • 戦略的なキーワード選定

 

雑記ブログ書き方のポイント①:記事は読まれなければ意味がない

雑記ブログ書き方のポイント①:記事は読まれなければ意味がない

これは雑記ブログの書き方のポイントというより、ブログ全般に言える「格言」みたいなものだと思ってください。

それは、読まれない記事はゴミ同然である、ということ。

 

結局、どんなにいい記事をたくさん書いたところで、それが読者に読まれなければ意味がないんですよ。

何が言いたいかというと、ブログはアクセス数が全てってこと。

 

 例えば、あなたがよく買う洋服のお店だって、お客さんに来てもらわないことには、どんなにセンスのある洋服を売ってても潰れちゃいますよね。

ブログも同じで、どんなに一生懸命に記事を書いても、読んでもらえない限りは「無価値」なんですね。

 

なぜこの話を一番最初にしているかというと、雑記ブロガーって、自分のブログにアクセスを集めるという意識が極めて薄いからです。

とにかく自分の好きなことを書く、自分がいいと思ったものを書いていれば読者は「自然に」集まると思ってる。

 

ブログ、そんなに甘くないから。

まずはどうしたら一人でもたくさんの読者を集められるのかという、「アクセス」への意識を強く持つようにしましょう。

 

雑記ブログ書き方のポイント②:雑記ブログ=日記ではない

雑記ブログ書き方のポイント②:雑記ブログ=日記ではない

雑記ブログの書き方における2つめのポイントは、「雑記ブログ≠日記」ということ。

アクセスを集められない雑記ブログって、結局、自己満足の日記ブログになってるんですよね。

 

そもそも日記というのは、自分のために書くもの。

一方、ブログは、他人に「価値提供」していくものです。

 

「最近、ほうれい線が目立つようになってきたわ…。なんとかして消えないかしら…。」

「会社の安月給じゃ、この先やっていけない…。副収入を稼げる副業はないかな…。」

 

世の中の人々って、様々な「悩み」「欲求」を抱えていますよね。

適切な情報やアドバイスを提供して、これらの悩みや欲求を解決してあげる、それがあなたのブログ

 

だからこそ、絶対にブログが「自己満足」になってはいけない。

他人へ価値提供していくという強い意識を持って、ブログを作っていくことが大切です。

 

最初の記事に自己紹介は不要

ブログを始めた多くの初心者が最初に書く記事、それが自己紹介記事です。

「はじめまして。タクヤです!このたびブログを始めました。僕の趣味はサーフィンで~…。」

 

この記事って、誰の役にも立ってないですよね。

他人への「価値提供」ということを考えれば、自己紹介記事なんて必要ないんです。

 

もっと言ってしまうと、知名度の高い芸能人や著名人ならまだしも、知名度ゼロのあなたのことなんか、誰も興味ないし知りたいとも思わない。

そもそも、アクセスすらない一発目の記事なんて、誰にも読まれません。

 

自己紹介を書くヒマがあるなら、さっさと他人へ価値提供できる記事を書くこと。

人に与えられた「時間」は有限で一番貴重なリソースですから、決して無駄に浪費してはいけません。

 

ブログの自己紹介は、将来的にアクセスをたくさん集めるようになって、読者がこのブログ書いている人誰だろうって興味がわいてきたら考えましょう。

自己紹介をすることで、読者の「欲求」を満たすことができますよね。

 

雑記ブログ書き方のポイント③:テーマ(ジャンル)の市場規模や競合性を考えよ

雑記ブログ書き方のポイント③:テーマ(ジャンル)の市場規模や競合性を考えよ

雑記ブログの書き方のポイント3つめは、ブログのテーマやジャンルの市場規模や競合性をしっかりと考えること。

結局、アクセスを集められない雑記ブロガーって、「マーケティング思考」が欠落しているんですよね。

 

例えば、会社で何か新しいビジネスを始めるときって、色々と分析しますよね。

  • どれくらいの市場規模があるのか
  • どんなライバルがいるのか
  • 自社の強みは何なのか
  • 顧客のニーズはどんなものか… etc.

 

ブログもあなたにとっては、立派な「事業」。

だから、読者のアクセスを集めるために、決して手を抜いてはいけないのです。

 

市場規模はメインキーワードの検索ボリューム

まずは、あなたの雑記ブログで扱うテーマやジャンルの「市場規模」をチェックしましょう。

市場規模のチェックは、あなたが狙うメインキーワードの検索ボリュームで判断します。

 

キーワードの検索ボリュームとは、そのキーワードが1ヶ月にどのくらい検索されているのかという検索頻度のこと。

検索ボリュームは、aramakijakeなどの無料ツールを使ってチェックするのが便利です。

 

例えば、以下のように、気になるテーマやジャンルの検索ボリュームを見ていくわけですね。

  • [ダイエット]:Yahoo! 905,301 / Google 740,700
  • [転職]:331,100 / Google 270,900
  • [資産運用]:Yahoo! 44,550 / Google 36,450
  • [育児]:16,281 / Google 13,320

 

つまり、

  • 検索ボリュームが大きい=市場規模が大きい
  • 検索ボリュームが小さい=市場規模が小さい

ということになりますね。

この市場規模は、あなたのブログがどれだけアクセスを集められるのかという「最大値」を考えるときに役立ちます。

 

上の例でいうと、[ダイエット][育児]のキーワードを比べた場合、[ダイエット]の方が50倍~60倍の多い頻度で検索されていますよね。

検索頻度が多いということは、あなたのブログが検索結果の上位に表示されればされるほど、あなたのブログにアクセスがたくさん集まる可能性があるわけです。

 

このようにキーワードの検索頻度を見て、あなたに一番合ったジャンルの市場規模を見極めていきます。

 

競合となるライバルサイトを必ずチェックする

キーワードの検索ボリュームを見て、

「よし、市場規模の大きいダイエットをテーマに記事を書いていくぞ!」

と思ったあなた、ちょっと待ってください。

 

確かに、市場規模が大きければアクセスを集められる可能性がありますが、その分、強いライバルが存在します。

例えば、先ほどの[ダイエット]ジャンルの場合、信頼性や権威性の高い医療系サイトや、何千記事、何万記事を入れている企業系サイトが検索上位に出てくるんですよね。

 

そこまで強いライバルになってくると、「ヒト・モノ・カネ」というリソースが限られている個人ブログに到底勝ち目はありません。

あなたの雑記ブログが検索経由でたくさんのアクセスを集めるためには、戦う相手を見極めて、確実に勝てる勝負をしないといけないんですよ。

 

そのため、狙っているジャンルのキーワードを実際に検索してみて、競合となるライバルの強さを確認する必要があるわけです。

競合となるライバルサイトは、最低限、以下の5つをチェックするようにしましょう。

競合分析の主なポイント

  • どんな競合サイトか(公的機関 or 企業 or 個人)
  • 競合はどんな種類のサイトか(雑記 or 特化)
  • 競合サイトの記事数(ページ数)はどのくらいか
  • どんなキーワードで検索上位を獲っているか
  • 記事の内容や文字数はどの程度か

 

ちなみに、アクセスを集められない雑記ブロガーに一番多いのが、ライバルが強すぎるジャンルに何も考えず参入しているパターン。

例えば、俗に「YMYLジャンル」と呼ばれている、以下のような人々の「お金や生活に関するジャンル」で勝負を挑んでしまっているんですね。

  • ショッピング
  • 金融取引
  • 財務
  • 健康
  • 医療
  • 法律
  • 公的情報

2.3 Your Money or Your Life (YMYL) Pages

将来の幸福や健康、財務の安定性に影響を与える可能性のあるページがあります。我々はそのようなページを「お金や生活に関連するページ」、または、YMYLと呼んでいます。

※引用元:General Guidelines

 

このあたりのジャンルは、人々の生活に大きな影響を与えるものなので、間違った情報怪しい情報が提供されてしまうとマズいですよね。

そのため、サイトの検索順位を決めているGoogleによって、サイトの「権威性」や「信頼性」を超重要視して、個人サイトが検索上位に出ないようにコントロールされています。

 

実際にキーワードを検索してみて、勝てそうな個人ブログや個人サイトが出てくるようなジャンルは狙い目

それらのライバルに「確実に勝てる戦略」を作って、戦いを挑んでいきましょう。

 

雑記ブログ書き方のポイント④:最初からテーマ(ジャンル)を広げてはいけない

雑記ブログ書き方のポイント④:最初からテーマ(ジャンル)を広げてはいけない

雑記ブログの書き方のポイント4つめは、ブログ記事のテーマやジャンルの幅を広げすぎないこと。

アクセスを集められない雑記ブロガーって、いきなり最初から、関連性のないジャンルで記事を書いてしまうんですよね。

 

例えば、自分が興味のある[ダイエット][車][投資]の記事をバンバン書いている雑記ブログ。

検索経由のアクセスを集める上で、これは超致命的なミスです

 

というのも、検索順位を決めているGoogleは、サイトの「専門性」を超重視して順位付けしているからなんですね。

いきなり最初から関連性のないテーマで、ジャンル(キーワード)の幅を広げてしまうと、あなたのブログの「専門性」が下がります

 

だから、あなたの雑記ブログは、

  • Googleから評価してもらえない
  • 検索経由のアクセスが集まらない
  • ブログ収入を稼げない

 

書きたい記事テーマの幅を広げていいタイミングは、あなたの雑記ブログに検索経由のアクセスが、それなりに集まるようになってからです。

つまり、雑記ブログで検索経由のアクセスを増やしたいと本気で思うなら、あなたの好きなことを何でも自由に書いてはいけないんですね。

 

  • 最初は特化型ブログのように始めて、まずはブログの「専門性」を高める
  • 検索経由のアクセスが集まるようになったら、関連性のあるジャンルに幅を広げる

これを徹底するようにしましょう。

 

雑記ブログ書き方のポイント⑤:戦略的にキーワードを選ぶ

雑記ブログ書き方のポイント⑤:戦略的にキーワードを選ぶ

雑記ブログの書き方の5つめのポイントは、戦略的なキーワード選定です。

キーワード選定は、検索経由でアクセスを集める重要な「キモ」。

 

先ほどのテーマやジャンル選びと同様に、雑記ブロガーはキーワードに対する意識がものすごく甘いです。

というか、そもそも理解していないんですね、その重要性正しいやり方を。

 

例えば、[ダイエット]関連のテーマで記事を書く場合を考えてみましょう。

まずは以下のように、関連するキーワードの検索ボリュームをチェックしてみます。

  • [ダイエット]:Yahoo! 905,301 / Google 740,700
  • [痩せる]:Yahoo! 54,451 / Google 44,550
  • [ダイエット 二の腕]:Yahoo! 864 / Google 793

 

[ダイエット][痩せる]って、同じ意味なのに検索ボリュームはこれだけ違いますよね。

また、[ダイエット]という超ビッグキーワードも、もう一つキーワードを追加しただけで、一気に検索頻度は低くなります。

 

つまり、キーワードというのは、同じジャンルでも、「切り口」や「視点」を変えるだけで、ガラッと市場規模や競合性が変わってくるわけなんですね。

結局、アクセスを集められない雑記ブロガーは、[ダイエット]のような強敵に対して中央突破しようとしているんですよね。

 

戦争に例えていうなら、最新の核兵器を使う相手に、竹槍を持って向かっていくようなもの。

どう考えても、勝てるわけないですよね。

 

でも、実際にそれと同じことを、あなたは雑記ブログでやってしまっている。

キーワードの切り口や視点を変えるということは、あなたが有利なように戦う土俵を変えるということです。

 

キーワードを戦略的に選ぶことで、比較的市場規模の大きなジャンルで、ライバルが少ない「お宝キーワード」を見つけることができます。

たとえ弱小の個人ブログであっても、検索経由のアクセスを効率的に集めていくことができるのです。

 

雑記ブログのネタはキーワードから考えよ

雑記ブログのネタはキーワードから考えよ

「雑記ブログで書く記事がネタ切れした…。次、何書こうかな…。」

こんな悩み、よくありますよね。

 

実はこれも、キーワード意識が甘い証拠。

そもそも、ブログに書くネタというのは、狙うキーワードで大枠を決めていくものなんですね。

 

例えば、[ダイエット 食事 夜]というようなキーワードを狙う場合。

書く記事の内容は、

  • ダイエットに効果的な夕食メニュー

というように、必然的に決まってくるわけですよね。

 

これをメインテーマ(骨子)として、あなたの体験談独自の視点を交えながら「肉付け」していくわけです。

簡単ですよね。

 

記事ネタは、狙うキーワードで考える。

これを徹底するようにしましょう。

 

稼ぐ雑記ブログの始め方は7ステップ!

稼ぐ雑記ブログの始め方は7ステップ!

あなたの雑記ブログにアクセスが集まるかどうか、ブログ収入を稼げるかどうかは、「始め方」で全て決まってきます

何度もお伝えしているように、ほとんどの雑記ブロガーは、あまりよく考えずにブログを作ってしまっているんですね。

 

それじゃ、絶対にあなたのブログは読まれない。

アクセスを集めてブログ収入を稼ぐためには、しっかりと戦略的に雑記ブログを作っていく必要があります。

 

「稼ぐ雑記ブログ」を作る手順は、以下の通り。

雑記ブログの始め方7ステップ

  1. 目的を明確にする
  2. 収益化(マネタイズ)方法を決める
  3. 注力テーマ(ジャンル)を決める
  4. メインキーワードを決める
  5. 個別記事で狙うキーワードを抽出する
  6. WordPressでブログ開設
  7. 記事を書く

 

それぞれの項目で何をすべきか、具体的なアクションは以下の記事で解説していますので参考にしてくださいね。

 

まとめ

まとめ:雑記ブログの書き方講座

雑記ブログのアクセスを増やすには、絶対に押さえておくべき書き方のポイントがあります。

それが以下の5つのポイント。

雑記ブログの5つのポイント

  • 記事は読まれなければ意味がない
  • 雑記ブログ=日記ではない
  • ジャンルの市場規模や競合性を考える
  • 最初からジャンルを広げてはいけない
  • 戦略的なキーワード選定

 

世の中の多くの雑記ブロガーがアクセスを集められないのは、「マーケティング思考」が欠落しているからの他なりません。

あなたの「事業」として、戦略的なアプローチでブログを作っていくことが大切です。