アフィリエイト

はてなブログで広告収入を稼ぐ仕組みを解説!無料ブログで収益化するリスクとは?

アメブロやライブドアブログといった無料ブログの中でも、広告収入を得てブログを収益化しやすい仕組みで人気があるのが「はてなブログ」。

はてなブログの最大の特徴ともいえるのが「はてなブックマーク」で、はてなブックマークによってブログにアクセスを集めることができます。

 

では、稼ぐブログを構築するなら「はてなブログ」で決まりかというと、実はそうとも言い切れません。

確かに、はてなブログはスペックも高く、無料ブログの中では比較的ブログへアクセスを集めやすいというメリットがあるのは事実。

 

しかし、ビジネスとしてブログで稼いでいきたいのであれば、継続的にビジネス運営ができるかという「リスク」についてもしっかりと考える必要があるのです。

今回は、はてなブログで収入を稼ぐやり方や仕組みに加えて、ブログサービスを選ぶ際に考えるべきリスクについてお話ししていきます。

 

はてなブログ(Hatena Blog)の特徴

はてなブログは、ソーシャルブックマーク機能である「はてなブックマーク(はてブ)」によるSEO効果が非常に高く、無料ブログの中でも検索上位表示がしやすいのがメリットです。

また、シンプルでおしゃれなデザインも、はてなブログの大きな魅力の一つとなっています。

 

はてなブログの主なスペックは以下の通りです。

  • 容量:〇(300MB/月)
  • 独自ドメイン:△(月額1008円の有料版で利用可)
  • アドセンス:△(独自ドメインで利用可)
  • アフィリエイト:〇
  • 運営側の広告非表示:〇(月額1008円の有料版で利用可)
  • エクスポート機能:〇
  • 複数ドメイン:〇(3個まで可)
  • SNS/コミュニティ機能:◎

 

はてなブログで広告収入を稼ぐ仕組みとやり方

はてなブログで稼ぐなら、ブログを収益化する王道の仕組みともいえるアフィリエイトやGoogleアドセンスで、広告収入を稼いでいくやり方がセオリーです。

はてなブログを収益化する仕組み

  • Googleアドセンス
  • Amazonアソシエイト
  • 楽天アフィリエイト
  • ASPアフィリエイト

 

これらのサービスを使って収益化していくことは可能ですが、いくつか気をつけなければならない点があります。

 

まずGoogleアドセンスを利用する場合は、はてなブログのドメインでGoogleアドセンスの審査は通らないため、自分で独自ドメインを取得した上で、月額1008円の有料プランに加入する必要がでてきます。

また、Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトは商品が売りやすいというメリットがある一方で、売上金額の数%と報酬率が低いため、商品を大量に売らないとそれなりに稼ぐことができません。

 

つまり、はてなブログで稼ぐなら、ASPに登録をしてアフィリエイト収入を得ていくのが一番効率的でベストなわけですね。

ASPにはそれぞれ特色があり、ASPごとに得意なジャンルがあったり、そのASPでしか扱っていない広告案件もあれば、同じ広告案件でも扱っているASPによって報酬単価が異なるケースもあります。

 

要は、どのASPがベストかというのは、あなたがおすすめした広告は何なのかによって、選ぶべきASPが決まってくるということ。

そのため、とりあえず主要なASPは一通り登録しておいて、その都度、最適なASPと広告案件を選んでいく、というやり方がオーソドックスなASPの使い方になってきます。

 

ここでは最低限登録しておくべき、おすすめのASPをご紹介しましょう。

 

A8.net(エーハチネット)

国内最大手のASPであるA8.netは、幅広いジャンルの広告を扱っていて案件数は業界ナンバーワン。

アフィリエイトをするなら、まずはA8.netに登録しておくべき、と言っても過言ではありません。

 

初心者はまずA8.netに登録して、どんな広告案件があるのかとそれぞれの成果報酬の相場を一通りリサーチしておくと、アフィリエイト業界の概要がざっくりつかめるのでおすすめですね。

 

afb(アフィビー)

A8.netと並んで国内大手のASPがafb(アフィb)

案件数自体はA8.netには見劣りがしますが、管理画面の見やすさや成約したときの画面の演出など使い勝手が非常に優れているだけでなく、A8.netよりは担当者がつきやすくサポートを受けやすいため、初心者におすすめのASPです。

A8.net同様に、ほぼ全ジャンルを網羅しており、中でも化粧品、脱毛、サプリなどの美容系には力を入れており、美容系ジャンルのアフィリエイターは必須のASPです。

もしもアフィリエイト

物販のアフィリエイトといえば、まっさきに頭に思い浮かぶのがAmazonと楽天のアフィリエイトですが、実は別のASPを経由することで、Amazonや楽天アフィリエイトを直接使うよりもお得に利用できるメリットがあります。

Amazonや楽天アフィリエイトを使うのに、一番おすすめのASPが「もしもアフィリエイト」。

例えばAmazonアソシエイトの場合、報酬の最低振込金額は5,000円ですが、もしもアフィリエイトであれば最低振込金額は1,000円(振込手数料も無料)。

また、もしもアフィリエイトでは、売りたい商品を検索して手軽にリンクコードを作れてしまう「かんたんリンク」という機能があるので、わざわざAmazonなどのサイトにいってリンクコードを生成する手間も省くことができます。

Amazon、楽天などの物販アフィリエイトをやるなら、もしもアフィリエイトは必ず登録して活用していきましょう。

バリューコマース

主要ジャンルの案件が豊富なだけでなく、他のASPでは取り扱いをしていない物販案件やEC系、大手企業案件があっておすすめなのがバリューコマース

有名案件や独占案件も豊富で、「Amazon」「楽天」「Yahoo!ショッピング」といったアフィリエイトも揃っていて、ガジェット系のアフィリエイトをやるなら必須のASPです。

 

AccessTrade(アクセストレード)

格安SIMや格安スマホ、WiMAXなどといった通信系のアフィリエイトをやるならアクセストレードは必須のASPで、2001年からやっている老舗のASPでもあります。

通信系ジャンルであれば、ほぼアクセストレードだけで全ての案件をカバーできるほど、通信系ジャンルの案件が充実しています。

 

通信系以外にも金融系や美容系、健康食品などの案件も豊富で、他ASPが取り扱っていないオンラインゲーム系の案件も多く取り扱っています。

大手ASPの一つとして、必ず登録しておくべきASPです。

 

はてなブログのデメリットと無料ブログで収益化するリスクとは?

無料ブログの中でも収益化しやすいといわれている「はてなブログ」ですが、実は、致命的なリスクが存在しています。

それが、商用利用についての「曖昧さ」です。

 

商用利用とは、お金を稼ぐ目的でブログを利用することで、アフィリエイトやGoogleアドセンスの利用もこれに該当してきます。

はてなブログでの商用利用については、以下のようにガイドライン上に明記されているものの、商用利用を認めているのか認めていないのかが曖昧でハッキリしません。

はてなブログのガイドライン(広告ポリシー

商用サイトへの誘導や収益を得ることを主目的とした、はてなブログの利用を認めません。

ただし、お勧めしたい商品(またはそのリンク)を自身の言葉でレビューし、読者に勧める目的で掲載される広告についてはその限りではありません。

広告の掲載方法や内容に関しては、別途定める「広告における禁止事項」で制限されます。禁止事項に反さない限り、アフィリエイトプログラムの制限はありません。すべてのアフィリエイトを利用できます。

 

つまり、運営側の都合で、いつ自分のブログが「規約違反」とされて削除されるかわからない高いリスクがあるということ。

仮に、せっかく月収100万稼ぐブログを作ったとしても、あなたのブログが突然削除されて、次の日からブログ収入ゼロ…、なんていう事態が起こり得る可能性があるわけです。

この「高いリスク」は、稼ぐブログを継続的にビジネス運営していく上で致命的です。

 

また、これははてなブログに限らず無料ブログ全てに共通して言えることですが、無料ブログには以下のようなデメリットがあり「稼ぐブログ」として使うべきではありません。

  • 運営者側の都合でブログが削除されるリスクがある
  • 検索経由でアクセスを集めにくい(SEOに弱い)

 

ブログで稼ぐならWordPressがおすすめ!

はてなブログは商用利用の利用規約が曖昧でビジネス運営上の高いリスクがあり、中長期的な観点でブログビジネスを運営していくなら使うべきではありません。

また、無料ブログの中では比較的SEOが強いとされているはてなブログですが、実際、検索結果にほとんど上位表示されておらず、メインの集客源となる検索経由でたくさんのアクセスが集められないことも致命的なデメリット。

 

本気でブログで稼ぎたいなら、そもそも無料ブログを使うべきではなく、選ぶべきはWordPress(ワードプレス)の一択です。

WordPress(ワードプレス)とは?

ブログやウェブサイトを簡単に作成できるソフトウェアの一つ。今や世界中のウェブサイトの3分の1はWordPressで作成されています。

 

WordPressはGoogleからも高く評価されていて、実際に検索結果の上位にきているサイトのほとんどがWordPressで作られたものになっています。

ブログで稼ぐためには、ブログへアクセスを集めることが大前提となってくるので、検索結果に上位表示されやすいという点だけ考えても、WordPressを使うメリットはあるわけですね。

WordPressのメリット

  • ブログが削除されるリスクがない
  • 検索経由でアクセスを集めやすい(SEOに強い)
  • アドセンスやアフィリエイトも自由にできる
  • デザインやカスタマイズの自由度が高い(差別化しやすい)

 

また、無料ブログではなくWordPressを選ぶべき大きな理由の一つになってくるのが、WordPressを使うことで、運営側の勝手な都合による「ブログの削除リスク」も解消できること。

継続的にブログビジネスを運営していくのであれば、絶対にWordPressを使うべきです。

 

ただし、WordPressもいいことばかりではなく、当然ながらいくつかのハードルが存在するのも事実。

WordPressを使う上でのハードルは、ドメインの取得やレンタルサーバーの契約に費用がかかることと、無料ブログより機能が充実している分、WordPressの操作に慣れる必要が出てくることです。

WordPressのデメリット

  • ブログの利用に費用がかかる(年間1万円程度)
  • ブログの開設が少々めんどくさい
  • WordPressの操作に慣れる必要がある
  • アクセスを集めるのに時間がかかる

 

しかし、これらの点はブログを運営していく上で致命的になるものでもなく、ハッキリ言ってデメリットというほどの内容でもありません。

 

ブログで稼ぐために重要視すべきは、いかにブログへアクセスを集めて収益に結びつけられるかということ。

SEOが強くマネタイズの融通も効くWordPress以外、選ぶべきブログサービスは他にないのです。

 

ドメインの取得方法

WordPressを利用するためには、自分でドメインを取得しレンタルサーバーと契約する必要があります。

  • 独自ドメインの取得
  • レンタルサーバーの契約

 

独自ドメインとは、このブログでいうと「https://www.稼ぐブログの歩き方.com」の赤字部分のことで、ドメインを不動産に例えると土地の上に建つ「建物」のイメージですね。

独自ドメインを取得するには、ドメインを販売している以下のようなサービスを使えば、(他の人に使われていない限り)自分の好きなドメイン名(独自ドメイン)を簡単に取得することができます。

 

レンタルサーバーの契約方法

不動産の「建物」にあたるのがドメインなのに対して「土地」あたるのがサーバーです。

ドメインを取得してもサーバーを契約しないことにはブログを作ることができません。

 

レンタルサーバーには様々な種類やサービスがありますが、初心者におすすめの安価で使いやすいレンタルサーバーには以下のようなものがあります。

 

レンタルサーバーの契約が完了すると、契約したサーバーの設定画面からWordPressをインストールしてブログを構築できるようになります。

WordPressブログの開設については、以下の記事に詳しく書いたのでそちらを参考にしてブログを開設してみてください。

 

まとめ

はてなブログで広告収入を稼ぐ仕組みには、Googleアドセンス、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、ASPアフィリエイトがありますが、一番効率良く稼ぐならASPアフィリエイトがおすすめです。

しかし、稼ぐ上で致命的なデメリットが存在している無料ブログは、稼ぐブログとして使うべきではありません。

 

本気でブログで稼ぐなら、選ぶべきはWordPress。

WordPressのメリット

  • ブログが削除されるリスクがない
  • 検索経由でアクセスを集めやすい(SEOに強い)
  • アドセンスやアフィリエイトも自由にできる
  • デザインやカスタマイズの自由度が高い(差別化しやすい)

 

ブログで稼ぐためには、ブログへアクセスを集めることが必要不可欠で、そのためには最大の集客元となる「検索エンジン」を攻略しなければなりません。

検索結果の上位に表示されるためのブログの作り方や記事の書き方など、正しい稼ぐブログの「知識」と「ノウハウ」をしっかりと身につけるようにしましょう。

 

参考:稼ぐのに役立つおすすめブログは?ブログで稼ぐなら、まずは情報収集から!

 

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村


ネットビジネスランキング