ブログで稼ぐ

読書ブログで稼ぐのは無理!書評ブログは読まれないし収益を稼げない!

自分の趣味や好きなことでお金が稼げたら…、誰しもこんなことを思ったことは一度や二度ではないはずですよね。ブログビジネスは、自分の興味あることでお金を稼いでいく一つの方法です。

しかし、趣味系のブログは確実に収益化に苦戦するもので、書評を書いていく読書ブログもその一つ。

 

最初に言っておくと、読書ブログで大きく稼ぐのは無理。

なぜなら、そもそも書評ブログは読まれないため、ブログへアクセスを集められず収益を稼げないからです。

 

今回は、書評ブログが大きく稼ぐことができない理由についてお話ししていきます。

 

読書ブログで稼ぐのは無理な理由①:マネタイズ商材の収益性が悪い

読書ブログで稼ぐのは無理という一番大きな理由が、マネタイズ商材の収益性が悪いことです。

 

例えば、AmazonのアフィリエイトプログラムであるAmazonアソシエイトの場合、書籍のアフィリエイト報酬は売上の3%。

仮に、自分のブログサイトで1ヶ月に1,000円の本を100冊売っても、入ってくる報酬はたったの3,000円というレベルです。

 

一方で、ブログを収益化する上で、アフィリエイトと並んで人気のマネタイズ方法であるGoogleアドセンスを活用したとしても、アドセンスの平均クリック単価も1PVあたり30円程度という低さ。

例えば、月に10万PV集める書評ブログを作ったとしても、入ってくる広告収入は3万円程度(クリック率1%)です。

 

つまり、書評を書いた読書ブログでは、稼げたとしても最大で月5万円程度。

月5万円程度の副収入を期待している人であればそれでいいと思いますが、月収30万円、50万円、100万円を狙って大きく稼ぐことは、根本的に無理なわけですね。

 

読書ブログで稼ぐのは無理な理由②:書評ブログは読まれない

自分に置き換えて考えてみて欲しいのですが、本を買うときに誰かの書評を見るでしょうか?…、見ないですよね。正確に言うと、Amazonのレビュー以外は見ない。

書評サイトは読まれない、これが読書ブログで稼ぐのが難しい理由の一つです。

 

100歩譲って、影響力の大きいどこかのインフルエンサーの書評であれば見るかもしれませんが、知名度の低い一般人の書評は、そもそも需要がないのです。

 

読書ブログで稼ぐのは無理な理由③:勝てるキーワードが少ない

稼ぐためにはブログを検索結果に上位表示させないといけませんが、読書ブログの場合、上位表示させるためのキーワードが少ないため、ブログへアクセスを集められず稼ぐことができません。

 また、そのタイトル名や著者名のキーワードも、そもそも知っている人が少なく、キーワードボリュームも少ないため、キーワードで上位表示できたとしても、よっぽど有名なベストセラーでない限りブログへ多くのアクセスを集めることができませんよね。

 

このように、書籍関連のキーワードは、市場ポテンシャル的に極めて乏しいのが現実です。

 

読書ブログで稼ぐのは無理な理由④:ライバルが強すぎる

アフィリエイトの際に競合となるライバルが強すぎるのも、読書ブログで稼ぐのが難しい理由の一つ。

書評ブログの強力なライバルになってくるのが、オンラインで多くのユーザーのレビュー付きで書籍を販売しているAmazonや楽天、大手の書店といったドメインパワーの強い企業サイト。

 

専門性や権威性も強い超強力なライバルを相手に、個人ブログが本のタイトル名や著者名などの主要キーワードで上位表示させるのは、ほぼ不可能といってもいいでしょう。

 

読書ブログで稼ぐのは無理な理由⑤:ブログの独自色を出しにくい

書評をメインにした読書ブログの場合、競合となる書評ブログも同じような内容になりがちでサイトの独自色が出しにくいため、結果、アクセスを集められず稼ぐことが難しくなります。

例えばこれが芸能人や著名人の書評ブログであれば、高い知名度とその個性的なキャラクターを武器に、競合サイトを差別化を図ることができますが、そもそも知名度の低い一般人のブログではその戦略をとることができません。

 

読書ブログで稼ぐのは無理な理由⑥:書籍ビジネスは瞬間風速的なトレンド系

書籍ビジネスは、出版直後や何かで話題になると瞬間風速的に盛り上がってたくさん売れ、ブームが去るとロングテールでポツポツ売れていくという、いわゆるトレンド系と同じような特徴があります。

トレンド系アフィリエイトと同様に、読書ブログは継続的なアクセスが見込めないため、稼ぐことができないのです。

 

ブログで大きく稼ぐならWordPress!

ブログで稼ぐのであれば、どのブログサービスを使ってブログを構築していくかは非常に重要なポイントですが、稼げないブロガーにありがちなのが、アメブロ、はてなブログ、ライブドアブログといった無料ブログでブログを作ってしまうこと。

確かに無料ブログはタダで使える上に、右も左もわからないブログ初心者でも簡単に使えるようになっていてとっても魅力的。

 

しかし、もしあなたが月収50万円や100万円といった大きなブログ収入を稼ぎたいのであれば、無料ブログはおすすめできません。

なぜなら、無料ブログには、稼ぐ上で致命的な2つのデメリットがあるからです。

無料ブログの致命的なデメリット

  • 検索経由でアクセスを集めにくい(SEOに弱い)
  • 運営者側の都合でブログが削除されるリスクがある

 

ブログで稼ぐにはアフィリエイトやGoogleアドセンスを使って、ブログに広告を貼ってそこからの広告収入で稼いでいくのが王道です。

しかし、いくらブログに広告を貼っても、ブログへアクセスが集まらないことには1円の収益も生みませんよね。

 

一般的に、ブログアクセスの80~90%は検索経由でのアクセスになります。

例えば、人は何か知りたいことや悩みごとがあると検索エンジンで情報を検索して、一番ふさわしいウェブサイトにアクセスをしますよね。

それゆえ、検索経由でアクセスをたくさん集めるためには、検索結果の上位にブログを表示させることが必要不可欠になってくるわけです。

 

しかし、無料ブログはSEOが弱く、検索結果の上位に表示されてきません。

無料ブログのSEOが弱いというのは、実際あなたが何かのキーワードで検索したときに、無料ブログのサイトがほとんど表示されないことからしても一目瞭然。

 

つまり、無料ブログはGoogleからの評価が極めて低く、検索結果の上位に表示されてこないのです。

それゆえ、検索経由でブログにアクセスも集まらず、無料ブログでは大きく稼ぐことができないというわけです。

 

ブログで大きく稼ぎたいなら、選ぶべきはWordPress(ワードプレス)の一択です。

WordPress(ワードプレス)とは?

ブログやウェブサイトを簡単に作成できるソフトウェアの一つ。今や世界中のウェブサイトの3分の1はWordPressで作成されています。

 

WordPress(ワードプレス)のメリット

WordPressの主なメリットは以下の通りです。

WordPressのメリット

  • ブログが削除されるリスクがない
  • 検索経由でアクセスを集めやすい(SEOに強い)
  • アドセンスやアフィリエイトも自由にできる
  • デザインやカスタマイズの自由度が高い(差別化しやすい)

 

ブログで稼ぐためには、とにかくまずはブログへアクセスを集めてくることが必須条件ですが、WordPressは検索結果の上位に表示されやすく、検索経由でアクセスを集めやすいのが大きなメリット。

また、アフィリエイトやGoogleアドセンスといった商用利用も自由ですし、何よりも無料ブログのように、自分のブログが突然削除されるようなビジネス上のリスクもありません

 

もちろん、ドメイン代やサーバー代に年間で1万円弱の費用がかかってきますが、これらは大きく稼ぐための投資であり必要経費。

検索経由でたくさんのアクセスを集めることができるWordPressを使ってブログをうまく収益化できれば、月収数十万といったレベルで稼げてしまうので、これらの必要経費なんて余裕で支払えてしまえるわけですね。

 

ドメインの取得方法

独自ドメインとは、このブログのURLでいうと「稼ぐブログの歩き方.com」部分のことで、ドメインを不動産に例えると土地の上に建つ「建物」のイメージ。

独自ドメインを取得するには、ドメインを販売している以下のようなサイトから(他の人に使われていない限り)自分の好きなドメイン名を取得することになります。

 

ドメインの種類には様々なものがありますが、「.com」「.jp」「.co.jp」といった定番のものを選んでおくのが無難。

1円や99円といった格安で販売されているものもありますが、これらの格安ドメインは2年目以降の価格が高額になるのが特徴なので気をつけるようにしましょう。

レンタルサーバーの契約方法

不動産の「建物」にあたるのがドメインなのに対して「土地」あたるのがサーバーです。

ドメインを取得してもサーバーを契約しないことにはブログを作ることができません。

 

レンタルサーバーには様々な種類やサービスがありますが、初心者におすすめの安価で使いやすいレンタルサーバーには以下のようなものがあります。

 

レンタルサーバーの契約が完了すると、契約したサーバーの設定画面からWordPressをインストールしてブログを構築できるようになります。

WordPressブログの開設については、以下の記事に詳しく書いたのでそちらを参考にしてブログを開設してみてください。

 

まとめ

読書ブログは、そもそも書評サイト自体の需要が低く読まれないことに加え、マネタイズの報酬単価も低くいため、仮にそれなりのアクセスを集めても大きな収益を稼ぐことが難しいブログになってきます。

読書ブログが稼ぐのが難しいという、主な理由は以下の通り。

  • マネタイズ商材の収益性が悪い
  • 書評ブログは読まれない
  • 勝てるキーワードが少ない
  • ライバルが強すぎる
  • ブログの独自色を出しにくい
  • 書籍ビジネスは瞬間風速的なトレンド系

 

ブログで大きく稼ぐには、ブログで扱うジャンルやコンセプト選定といった「基本設計」や「戦略」をブログを作る前に考えておくことが大切で、そもそも読まれないようなものや、報酬単価が低く稼げないジャンルを狙っていっても意味がありません。

稼ぐブログの作り方、稼げるジャンルの攻め方や差別化できるコンセプト、ライバルひしめく中で上位表示をさせるSEO対策や記事化戦略など、しっかりと正しい知識やノウハウを身につけて、確実にブログで稼いでいけるようにしましょう。

 

参考:稼ぐのに役立つおすすめブログは?ブログで稼ぐなら、まずは情報収集から!

 

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村


お小遣い稼ぎランキング