ブログで稼ぐ

【画像のSEO対策】検索1位を狙う画像設定のポイントを完全解説!

【画像のSEO対策】検索1位を狙う画像設定のポイントを完全解説!

ブログで使う画像もSEOに関係あるって聞くけど、どんなことに気をつけてSEO対策すればいいかわからない…。画像の選び方SEOに効果的な設定の仕方が知りたい。」

確かに、画像が魅力的だと思わず記事をクリックしちゃうし、どんなに有益な情報が書かれていても、文字ばっかりの記事なんて読む気にもならないですよね。

 

どんな画像をどのように記事に設定するかは、検索順位に影響を与える重要なポイントの一つです。

というのも、画像に設定された代替テキスト(Alt属性)やファイル名なども含めて、Googleは評価しているからですね。

 

実際、検索上位にきている人気のブログやウェブサイトって、ユーザーを惹きつけるような画像が効果的に使われているんですよね。

あなたのブログに多くのアクセスを集めるためには、

  • 検索順位を決めている「Google」
  • 記事を読んでくれる「読者」

この両方の視点で画像を設定する必要があるのです。

 

今回は、SEOに効果的な画像設定のポイントについてのお話です。

初心者にもできることばかりの内容ですので、しっかりマスターして、あなたのブログノウハウを一段階レベルアップさせちゃいましょう。

SEOキーワード選定のポイントとコツ
【秘伝】検索1位を獲るSEOキーワード選定のポイントと設定のコツ!【初心者必読】 「記事をたくさん書いているのに、ブログにアクセスが全然集まらない…。初心者ブログでも検索で1位が獲れるような、SEOに強いキーワード選...

 

画像のSEO対策のポイント

画像のSEO対策のポイント

どんな画像をどのように設定するかは、SEO対策をする上でとても大切なポイントの一つです。

SEOにおける画像の重要性は、Googleの公式サイトで画像検索に関するガイドラインが出ていることをみても明らかですよね。

 

SEOに効果的な画像にするためのポイントは、大きく分けて2つ。

  • 画像の「選び方(選定)」
  • 記事への「入れ方(設定)」

 

さらにこの2つを具体的なアクションに落とし込むと、以下の11のSEO対策に細分化することができます。

画像「選定」のポイント

  • オリジナリティある画像にする
  • 高画質なものにする
  • 汎用的なファイル形式にする
  • ファイルサイズを最適化する

画像「設定」のポイント

  • テキストとの関連性を高める
  • 代替テキスト(Alt属性)を設定する
  • 簡潔なファイル名にする
  • 関連性の高いタイトルにする
  • キャプション名を記載する
  • モバイルフレンドリーにする
  • 画像サイトマップを使う

それぞれ、順を追ってみていきましょう。

SEOとは?ブログ初心者に必要な基礎知識をわかりやすく簡単に解説!
SEOとは?ブログ初心者に必要な基礎知識をわかりやすく簡単に解説! 「SEO、SEOってよく言うけど、そもそもSEOとはどういうものなのかって、実はちゃんと理解できてないんだよね…。ブログ初心者に最低限...

 

画像のSEO対策【選定のポイント】

画像のSEO対策【選定のポイント】

画像のSEO対策、「選定」のポイントは以下の4つです。

画像「選定」のポイント

  • オリジナリティある画像にする
  • 高画質なものにする
  • 汎用的なファイル形式にする
  • ファイルサイズを最適化する

 

オリジナリティのある画像にする

競合サイトで使われていない画像で、あなたのブログの「オリジナリティ」を出すことは、SEOを考える上で重要なポイント。

というのも、競合サイトと同じ画像を使ってしまうと、

「あ、またこの画像か。どうせ書かれていることも同じような内容なんだろうな。」

なんて思われて、読者の離脱を早めたり、滞在時間が短くなってしまうからですね。

 

理想的にはイラストレーターなどの専用ソフトを使って、オリジナル画像を作成するのがベスト。

もしオリジナル画像を作る知識やスキルがないなら、多くの人が使っている無料画像ではなく、あえて有料画像を活用するのもアリですよね。

 

重要なのは、いかに他のサイトと「差別化」できるかを考えること。

オリジナリティのある画像はブログの独自性を高め、読者とGoogleから評価されやすくなります

 

高画質なものにする

高画質な画像はユーザーの「興味」や「関心」を惹きつけるので、ブログ記事のクリック率や滞在時間を高めるSEO効果があります。

例えば、世界的に有名な画像専門サイト「Pixabay」では、高画質な画像を無料で入手できるので便利。

 

Pixabay以外にも、画像提供サイトはたくさんありますよね。

画像を使うときは必ずガイドラインをみて、高画質なものを提供しているかどうかを確認しましょう。

【完全保存版】ブログ画像に使える著作権フリーの素材サイト一覧!
【完全保存版】ブログ画像に使える著作権フリーの素材サイト一覧! 「ブログに使える画像を探したいんだけど、なかなかいい画像が見つからない…。著作権フリーの素材を無料でゲットできる、おすすめのサイトが知...

 

ファイルサイズを最適化する

ファイルサイズを最適化する

高画質な画像を選ぶことはSEO対策をする上で必須ですが、高画質すぎても逆効果になります。

というのも、高画質であればあるほど画像ファイルのデータ量が重くなり、ページを読み込むスピードが遅くなるからですね。

 

実はこの「ページの読み込みスピード」も、Googleがチェックしている指標の一つ

ページを読み込むスピードが遅くなるとユーザーの利便性が悪くなるため、検索順位に悪影響が出てくるわけですね。

 

ちなみに、Googleが推奨している1ページあたりのサイズは、「1.6MB以内」

 

この1.6MBというサイズ制限を考えれば、使える画像のサイズや枚数は自ずと決まってきますよね。

1記事に何枚の画像を設定するかにもよりますが、使う画像のファイルサイズは「100KB以内」を一つの目安としてみてください。

 

ページの読み込みスピードのチェックは、Googleの無料ツールPageSpeed Insightsで簡単にできます。

あなたのブログやサイトで問題はないかどうか、必ず確認しておきましょう。

 

汎用的なファイル形式にする【おすすめはJPEG】

画像のSEO対策をする上では、「それなりに高画質」で「なるべくファイルサイズが小さい」ものを選ぶ必要があります。

以下はGoogleの画像検索でサポートされているファイル形式ですが、これを見てもわかる通り、画像のファイル形式ってたくさんあるんですよね。

  • BMP
  • GIF
  • JPEG
  • PNG
  • WebP
  • SVG

 

この中で、ブログ記事に使う画像のおすすめのファイル形式は、断然「JPEG」

というのも、「それなりに高画質」で「なるべくファイルサイズが小さい」の条件を一番満たすのがJPEGだからですね。

 

JPEGと同じようにPNGもよく使われる画像フォーマットですが、PNGはファイルサイズが大きく、データ量が「重い」のが難点。

JPEGと同じ画像で比較すると、PNGの方が約1.5倍くらいファイルサイズが大きくなっちゃうんですよね。

 

そのため、ブログ画像には極力JPEG形式を使って、ページの読み込みスピードに支障をきたさないようにしましょう。

 

画像のSEO対策【設定のポイント】

画像のSEO対策【設定のポイント】

画像を「設定」する際のSEO対策は、以下の7つがポイント。

画像「設定」のポイント

  • テキストとの関連性を高める
  • 代替テキスト(Alt属性)を設定する
  • 簡潔なファイル名にする
  • 関連性の高いタイトルにする
  • キャプション名を記載する
  • モバイルフレンドリーにする
  • 画像サイトマップを使う

 

【SEOの基本】重複コンテンツのデメリットとペナルティ対策方法
【SEOの基本】重複コンテンツのデメリットとペナルティ対策方法 「ブログに重複コンテンツがあると、Googleからペナルティ受けてSEOに影響するっていうけど、そもそも重複コンテンツって何…?デメリ...

 

テキスト情報との関連性を高める

画像を設定する最適な場所は、関連するテキストの「直下」または「直後」というのがSEO対策のセオリー。

要は、関連性のあるテキストになるべく近い位置に画像を配置することで、読者の「理解度」を高めるわけですね。

 

読者の理解度が増せば、よりあなたの記事を読んでくれるようになり、ページの「滞在時間」が長くなります

その結果、Googleからの評価も高まるわけですね。

 

つまり、使用する画像は、テキスト文章を補完するようなものがベスト。

記事をより「わかりやすく」するために画像を使う、このことを強く意識するようにしましょう。

 

代替テキスト(Alt属性)を設定する

代替テキスト(Alt属性)とは、画像に設定する「説明文」のこと。

これを設定することで、以下の2つのメリットが得られます。

  • 読者の利便性を高めることができる
  • Googleの画像検索でアクセス流入が見込める

 

代替テキスト(Alt属性)は、万が一、ページに画像が表示されないとき、設定した「説明文」が画像の代わりに表示され、読者のユーザビリティが高まります

「読者の利便性が高まる=Googleからの評価が上がる」ってことですね。

 

また、ここが最重要ポイントですが、Altテキストを設定しておくとGoogleの画像検索の対象になるので、そこから読者を獲得できます

さらに運がよければ、そこから被リンクがもらえることもあるので、絶対に設定しておくべきですね。

 

設定の仕方は簡単。

WordPressの記事作成画面から設定したい画像を選択し、サイドバーに表示される「Altテキスト(代替テキスト)」欄に説明文を入れるだけ。

画像のSEO対策【設定のポイント】

で、問題はここにどんなAltテキスト(説明文)を入れるかですが、まずはGoogleの推奨例を見てみましょう。

代替テキストを設定するときは、キーワードを適切に使用して、ページのコンテンツのコンテキストに沿った、情報に富む、有用なコンテンツを作成するようにしてください。

alt 属性にキーワードを羅列すること(キーワードの乱用)は避けてください。これによって、ユーザー エクスペリエンスが低下し、サイトがスパムとみなされる場合があります。

 

  • 悪い例(代替テキストがありません): <img src=”puppy.jpg”/>
  • 悪い例(キーワードの乱用): <img src=”puppy.jpg” alt=”puppy dog baby dog pup pups puppies doggies pups litter puppies dog retriever labrador wolfhound setter pointer puppy jack russell terrier puppies dog food cheap dogfood puppy food”/>
  • 良い例: <img src=”puppy.jpg” alt=”子犬”/>
  • 最も良い例: <img src=”puppy.jpg” alt=”投げたものを取ってくるダルメシアンの子犬”/>

※引用:「わかりやすい代替テキストを使用する」-Search Consoleヘルプ

 

うーん…、確かに正しい方法ではあるんですが、ちょっとめんどくさいですよね。

ということで、H2やH3など見出し直下の画像であれば、直前の見出し文言をそのままコピペでOKです。

 

簡潔なファイル名にする

画像のファイル名はブログ記事のSEO対策だけでなく、Googleの画像検索で上位表示させる上でも重要になってきます。

SEO効果を最大化するために、以下のポイントを意識してファイル名を決めるようにしましょう。

  • シンプルで短い(長すぎない)もの
  • 狙うSEOキーワードに関連性の高いもの

 

関連性の高い画像タイトルにする

関連性の高い画像タイトルにする

WordPressの場合、画像のタイトル名は自動的にファイル名となる仕様なので、適切なファイル名になっていれば、そのまま何もしなくてOK

一方、もしWordPressを使っていなかったり、ファイル名が関連性のないものになっていたら、先ほどのファイル名と同じ考え方でタイトル名を決めましょう

 

今回は応記載しましたが、ハッキリ言って、SEOにおける画像タイトルの重要性は低いですね。

なので、ぶっちゃけどうでもいいような項目でもありますが、将来的に重要になってくるかもしれないので、とりあえずな感じで入れておきましょう。

 

キャプション名を記載する

キャプション名を記載する
キャプション名を記載する

画像のキャプション名は、画像の下に表示される画像の説明文のこと。

上の画像でいえば、画像の下部に「キャプション名を記載する」が表示されていますね。

 

このキャプション名も、SEO的には重要度は低いです。

今回のSEO対策リストに一応加えたものの、むしろ入れなくてもいいくらいの項目。

 

というのも、ここに画像の説明文入れるとクドくなって、大事な見出し直下の冒頭文を邪魔しちゃうんですよね。

なので、個人的にはあまり好きではないです。

 

ただ、画像のタイトル名やファイル名とは違って、キャプション名は読者に見える場所に表示されます

そのため、画像に補足説明が必要なときに活用すれば、読者の利便性を高めることができるので一応知っておきましょう。

 

モバイルフレンドリーにする

モバイルフレンドリーにする

モバイルフレンドリーにするとは、スマホなどのモバイル機器でブログやウェブサイトが閲覧されたときに、最適な表示となるよう調整をすること。

もはや世の中の主流はスマホであり、ウェブサイトへのアクセスも70%~90%はモバイル端末からの流入が一般的ですよね。

 

そんな世の中のトレンドに合わせて、Googleもモバイル端末での操作性を超重要視していて、公式サイトでも明確にアナウンスしています。

つまり、効果的なSEO対策をしていく上では、あなたのブログやサイトがモバイルフレンドリーであるかどうかが極めて大切なポイントであるということなんですね。

 

モバイルフレンドリーは、当然ながら画像のSEO対策をする上でも超重要。

 

例えば、PCでの表示は問題なかった画像も、「スマホで見たら画像サイズが合わずに表示しきれない」なんてことってよくあるんですよね。

そんなときは、スマホでも問題なく表示できるように、画像サイズを小さくして調整をするわけです。

 

あなたのブログやサイトがモバイルフレンドリーかどうかは、Googleのモバイルフレンドリーテストで簡単にチェックできます。

まずはこのツールでサクッと診断して、問題点があれば適宜改善を図っていくようにしましょう。

 

画像サイトマップを使う

画像サイトマップを使う

送信することでGoogleに画像の情報を伝えることができるのが、画像のサイトマップ

画像のサイトマップについては、Googleの公式で以下のような解説がされています。

サイトマップ用の Google 画像拡張機能を使用すると、ページで指定する画像に関する追加情報を Google に提供できます。

サイトマップに画像情報を追加することで、検出が難しい画像(JavaScript コードでアクセスされる画像など)も Google で検出されるようになり、クロールしてインデックスに登録してほしいサイト上の画像を指定できます。

 

別個のサイトマップを使用して画像のリストを作成するか、画像情報を既存のサイトマップに追加することができます。

次の例では、2 つの画像があるページ(http://example.com/sample.html)のサイトマップ エントリを示します。

 

/?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>
<urlset xmlns=”http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9″
xmlns:image=”http://www.google.com/schemas/sitemap-image/1.1″>
<url>
<loc>http://example.com/sample.html</loc>
<image:image>
<image:loc>http://example.com/image.jpg</image:loc>
</image:image>
<image:image>
<image:loc>http://example.com/photo.jpg</image:loc>
</image:image>
</url>
</urlset>


上記の例を構文アウトラインとして使って、ページごとに最大 1,000 件の画像のリストを作成できます。

※引用:「画像サイトマップ」 – Search Console ヘルプ

 

これを読んで理解できる人は、内容に従って画像サイトマップを作成してみてください。

でも実際は、「うーん…、ちょっと何言ってるかわかんない…。」という人が多いのではないでしょうか。

 

そんな人におすすめなのが、「Udinra All Image Sitemap」というWordPressのプラグインを使う方法です。

 

Udinra All Image Sitemapの設定方法

Udinra All Image Sitemapの設定方法

Udinra All Image Sitemapの設定をしていきます。

まずは、Udinra All Image Sitemapをインストールして有効化しましょう。

 

WordPressの[プラグイン]から、Udinra All Image Sitemapの[設定(Settings)]をクリック。

[Udinra Sitemap (Configuration)][XML Sitemap Configuration]を開いて、

  • Create Category Sitemap(カテゴリー)
  • Include post in Sitemap(投稿)
  • Include page in Sitemap(固定ページ)

の3項目にチェックを入れます(以下の画像を参照)。

※「カテゴリー」や「固定ページ」のないサイトや、あってもそれほど重視していないサイトであれば「投稿」のみでOK。

Udinra All Image SitemapのXML Sitemap Configuration画面

次に、黄色のプルダウンメニューから「更新頻度」を設定していきます。

選べる更新頻度は、以下の3項目。

  • Daily(毎日)
  • After page or post is changed(ページや投稿の公開・更新後)
  • Both of above(上記の両方)

ひとまず「Both of above」を選択しておけばOKですね。

 

これらの設定が終わったら、[Save Common Configuration Options]をクリックして設定を保存。

最後に、黄色の[Create Sitemap Manually]をクリックするとサイトマップが生成されます。

Udinra All Image SitemapのSave Common Configuration Optionsで保存しCreate Sitemap Manuallyで画像サイトマップを生成

これで画像サイトマップの生成は完了ですね。

生成したサイトマップは、Google Search Consoleの[サイトマップ]メニューから送信することができます。

 

Udinra All Image Sitemapは、画像サイトマップの生成プラグインなので、通常のXMLサイトマップの生成には対応していません

通常のXMLサイトマップを作成する場合は、「Google XML Sitemaps」などの別プラグインで生成しましょう。

 

まとめ

まとめ:【画像のSEO対策】検索1位を狙う画像設定のポイントを完全解説!

どんな画像をどのように設定するかは、SEO対策をする上でとても大切なポイントの一つです

SEOに効果的な画像にするためには、

  • 画像の「選び方(選定)」
  • 記事への「入れ方(設定)」

が重要なポイントで、以下の11のSEO対策に細分化することができます。

画像「選定」のポイント

  • オリジナリティある画像にする
  • 高画質なものにする
  • 汎用的なファイル形式にする
  • ファイルサイズを最適化する

画像「設定」のポイント

  • テキストとの関連性を高める
  • 代替テキスト(Alt属性)を設定する
  • 簡潔なファイル名にする
  • 関連性の高いタイトルにする
  • キャプション名を記載する
  • モバイルフレンドリーにする
  • 画像サイトマップを使う

 

SEO対策というと、キーワード選定やタイトルの付け方、記事の書き方など、どうしてもテキスト情報の最適化にばかり目がいきがちですよね。

でも画像を最適化することでも、アクセス数は増やせるということをしっかり覚えておきましょう。

 

検索1位を獲るために、やるべきSEO対策はたくさんあります。

細かな対策を一つずつコツコツとやっていくことが大切ですね。

 

steps
ブログ収入で稼ぐ方法を月収400万ブロガーが解説!【仕組み・初心者の始め方】 「ブログは稼げるって聞いてブログ始めたんだけど、ちっともアクセス数は増えないしブログ収入が稼げない…。ブログの基本的な仕組みは理解して...
SEOキーワード選定
【超絶便利】SEOキーワード選定を劇的に効率化する無料ツール活用方法! 「ブログ記事を書くキーワードを選ぶのって、手間と時間がかかって大変…。サクッとSEOキーワード選定ができるような、便利な無料ツールって...
SEOキーワードの検索チェックツール
【目的別】SEOキーワード検索におすすめのチェックツール一覧!【無料&有料】 「SEOキーワード選定って、時間がかかって大変…。キーワード検索にかかる手間を効率化したいんだけど、便利に活用できる無料や有料のチェッ...