ブログで稼ぐ

ブログ記事の構成と鉄板テンプレート!ブログ収入を稼ぐ記事の書き方とは?

blogging

「ブログ記事が思うように書けない…。ブログ記事を書くときの構成や書き方のコツが知りたい…。初心者でも簡単に使えるようなテンプレートってないの…?」

確かにブログ記事って、いざ自分が書くとなると、想像以上に難しいものなんですよね。

 

ブログを趣味でやっている人ならいいですが、ブログ収入を稼ぐ目的でブログをやっているのであれば、読み手にわかりやすい文章構成は必要不可欠で、相応のライティングスキルが求められます。

とはいえ、ブログを始めたばかりの初心者に、そんな高度なライティングスキルを求めるのは酷というもの。

 

実は、ブログ記事を書くのには「超簡単なコツ」があります。

これをマスターすれば、わかりやすい文章を余裕で書けるようになるし、もちろん記事の構成を考えるときにも大活躍。

 

今回は、わかりやすいブログ記事を書くためのポイント簡単な手順注意点などについてお話ししていきます。

 

読まれないブログ記事はゴミ同然

trash

まず最初にお伝えしておきたいのは、ブログ記事は読者に読んでもらうために存在しているということです。

逆に言うと、読まれないブログ記事なんてゴミ同然

 

もちろん自己満足のためにブログで日記を書いている人なら話は別ですが、そもそも誰にも読まれない記事を書くためにブログをやってる人なんていませんよね。

つまり、ブログ記事は誰かに読んでもらうために書いているのであって、読まれない記事に価値は1ミリもないのです。

 

だから、あなたがブログ記事や文章の構成を考えるときには、

いかにして読者に読んでもらうか

を意識することが、とても重要になってくるわけですね。

 

読まれるブログ記事の構成のポイントは「わかりやすさ」

reading-articles

では、読者に読まれる文章、読まれるブログ記事構成のポイントって何だと思いますか?

それはズバリ、「わかりやすさ」です。

 

わかりやすい文章や構成は、スーッと頭に入ってきますよね。

「あれ、これってどういうことだっけ?」なんて前の文章を読み返したり、文章の途中で止まって考えこんでしまうことなんてありません。

 

要は、わかりやすい記事というのは、「伝わる記事」ということ。

実は、この「伝わる記事」が書けるかどうかが、ブログで稼ぐカギを握っています。

 

というのも、ブログで稼ぐ一番メジャーな方法であるアフィリエイトは、記事を読んでもらって読者に「行動」してもらわないことには、1円のブログ収入も生まれないからです。

読者に行動してもらうためには、あなたの主張が伝わらないといけないし、そのためにはあなたの記事を読んでもらわないといけない。

 

「わかりやすい記事」を書くこと、これが全ての出発点になります。

 

稼ぐブログ記事の構成と鉄板テンプレートはコレだ!

recommendation

ではこれから、わかりやすい記事を書く、つまり、稼ぐブログ記事を書く構成のポイントと鉄板のテンプレートをご紹介しましょう。

わかりやすいブログ記事の構成

  1. 「結論」(あなたの主張)
  2. 「理由」
  3. 「具体例」や「事例」
  4. 「結論」(あなたの主張を繰り返す)

 

たったこれだけです。

超簡単ですよね。

 

具体例を出すと、こんな感じ。

  1. ブログで稼ぐには継続力が必要だ。:「結論」(あなたの主張)
  2. なぜなら、ブログで稼ぐには時間がかかるから。:「理由」
  3. Googleがサイト評価するのには最低3ヶ月かかっている。:「事例」
  4. 実際、Aさんが初めてブログ収入を稼いだのはブログを始めて半年後。:「具体例1」
  5. Bさんに至っては、初めてブログ収入を得たのはブログを始めて1年後。:「具体例2」
  6. だから、継続力のないブロガーは絶対稼げない。:「結論」(あなたの主張を繰り返す)

 

実は、この文章構成は「PREP(プレップ)法」と呼ばれているもの。

わかりやすく説得力のある文章を作る方法として、主にビジネス界で広く使われている鉄板テンプレートなんですね。

PREP(プレップ)法

  • Point(結論)
  • Reason(理由)
  • Example(具体例や事例)
  • Point(結論)

 

このPREP法に当てはめると、誰でも簡単にブログ記事の構成や文章をわかりやすく説得力あるものにすることができます。

もうちょっとテンプレート化してしまうと、こんな感じですね。

わかりやすいブログ記事の構成

  1. 〇〇は□□だ。「結論」(あなたの主張)
  2. なぜなら、~:「理由」
  3. 例えば、~:「具体例1」
  4. また、~:「具体例2」
  5. だから、〇〇は□□だ。:「結論」(あなたの主張を繰り返す)

 

このように、「なぜなら」や「例えば」といった接続詞で構成を組み立てていくと、より簡単に文章の構成を考えることができるのでおすすめです。

 

ブログ記事の構成は5ステップで作る【超簡単】

steps-for-composition-of-blog-articles

ブログ記事の構成は、以下の5ステップで決めていくのがおすすめです。

記事の大枠と順序を決める際には、PREP法を活用してわかりやすい構成を考えましょう。

ブログ記事の構成手順

  1. 記事で狙うキーワードを選ぶ
  2. キーワードから検索ユーザーの「検索意図」を把握する
  3. 「検索意図」から記事に盛り込む内容(目次)を決める
  4. 記事の大枠(見出しと順序)を決める ※PREP法を活用
  5. それぞれの見出しの本文に肉付けをしていく

 

記事で狙うキーワードを選ぶ

まずは、記事を上位表示させたいキーワードを選びます(狙うキーワードの選定)。

ここでは、[ブログ 記事 構成]の複合キーワードを選んだとしましょう。

 

キーワードから検索ユーザーの「検索意図」を把握する

次に、[ブログ 記事 構成]というキーワードで検索してくるユーザーの「検索意図」を考えます。

この場合だと、検索ユーザーは以下のような悩みを抱えていて、「記事構成の作り方のポイント」が知りたいということになりますね。

  • ブログの記事構成をどうすればいいかわからない
  • どのような点に気をつけて記事構成を考えるべきかわからない

 

実は、この「検索意図」を理解するというのが、検索上位表示を狙う上でものすごく重要

というのも、この「検索意図」こそが検索ユーザーの悩みや知りたいことであり、それらにしっかり答えている記事をGoogleは「質のいい記事」と判断するからなんですね。

 

この「検索意図」の理解がズレて記事を書いてしまうと、検索ユーザーが求める答えとは違う内容の記事になってしまい検索上位に表示できなくなるので気をつけましょう。

 

「検索意図」から記事に盛り込む主な内容を決める

検索ユーザーの「検索意図」から、この記事の主軸となる内容を考えます。

この記事では、検索ユーザーが一番知りたいであろう以下の内容がメインになりますね。

  • ブログ記事の構成のポイント
  • おすすめテンプレート
  • ブログ記事の構成手順

 

記事の大枠(見出しと順序)を決める

次に、メインの内容をもうちょっと広げて、検索ユーザーの知りたいことを網羅的に深堀りしてみましょう。

そうすると、記事構成を考える上での注意点や大切なポイントもあった方がいいよね、ということで以下のような見出しと順序で記事の大枠を決めます。

 

  • 読まれない記事はゴミ同然 ※主張
  • ブログ記事の構成のポイント
  • ブログ記事の構成
  • おすすめテンプレート
  • ブログ記事の構成手順
  • ブログの記事構成を考える際の注意点
  • ブログの記事構成に一番大切なこと
  • まとめ ※主張の繰り返し&ポイントの復習

 

それぞれの見出しの本文に肉付けをしていく

最後に、それぞれの見出しの本文に肉付けをしていきます。

記事の文章を書く際には、PREP法を意識して「わかりやすい文章」「伝わる文章」を書くことを忘れないようにしましょう。

 

ブログの記事構成を考える際の注意点

notice

ブログの記事構成を考える上では、気をつけるべき注意点があります。

それが以下の3点。

記事構成における3つの注意点

  • キーワード選定は超大事
  • ターゲットとなる読者像を明確に設定する
  • 「価値提供」できる記事を書く

 

キーワード選定は超大事

ブログの記事構成を考える出発点となるのが、キーワード選びです。

どんなに一生懸命、質の高い記事を書いても、このキーワード選びで間違ってしまうと、検索経由であなたのブログにアクセスが増えることはありません。

 

検索上位を獲るためのキーワード選定のポイントはいくつかありますが、特に重要なのが以下の3点。

  • 確実に検索されているキーワードを選ぶ
  • 競合性が低いキーワードを選ぶ
  • 関連性が高いキーワードを選ぶ

 

そもそもなぜキーワード選定をするかというと、そのキーワードを検索した人に見つけてもらって、あなたのブログにアクセスしてもらうためですよね。

 

それなのに、人々が検索しないようなキーワードを選んでしまうと、仮にそのキーワードで上位表示できたとしてもアクセス数なんて増えるはずがありません。

選ぶべきキーワードは、確実に検索されるものを選ぶことが大前提になってきます。

 

また、強いライバルサイトが多い競合性の高いキーワードを選んでしまった場合、ライバルが強すぎてなかなか検索上位を獲ることができなくなります。

検索経由のアクセスを呼び込むためには、競合性の低いキーワードを選んで確実に検索上位を獲りにいくことが重要です。

 

そして、あなたのブログと関連性の高いキーワードを選ぶことも基本中の基本。

例えば、ちょっと極端な例になりますが、ダイエットのブログを作っているのに、[ブログ 記事 構成]みたいな関連性の低いキーワードを選んでしまうケース。

 

実は、検索順位を決めているGoogleは、あなたのブログと記事の関連性をすごく重要視しているんですね。

そのため、関連性の低いキーワードで記事を書いてしまうと、あなたのブログ全体の評価が下がってしまい、検索経由でアクセスを集めることができなくなってしまうというわけです。

 

キーワード選定は、ブログで稼ぐ「キモ」となる超重要ポイントの一つ。

以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

 

ターゲットとなる読者像を明確に設定する

記事を書くときには、不特定多数の「みんな」ではなく、ある特定の「一人」に向けて書くことが大切。

これをマーケティング用語では「ペルソナ」と読んだりしますね。

 

メインターゲットとなる読者像に向けて記事を書くことで、内容がより具体化され、読者に「刺さる」文章になるわけですね。

なぜ「刺さる」文章を書かなければいけないかというと、先ほどもお伝えした通り、読者に「行動」を起こしてもらわないとブログ収入を稼げないからです。

 

記事構成を考える前には、あなたのブログやそのキーワードを検索するユーザーの「ペルソナ」を具体的にイメージしながら考えるようにしましょう。

 

「価値提供」できる記事を書く

そもそもなぜブログで稼げるのかというと、人々が何かに悩んで検索をして、その悩みをあなたのブログで解決してあげるからですよね。

そんな悩みを持った人々があなたのブログにやってきたのに、もしあなたの記事が、他愛もない日常を書いた日記のような内容だったらどうでしょうか。

 

読者はブラウザの「閉じる」ボタンで、すぐに読むのをやめてしまいますよね。

だって、読者が求めている内容と全然違うわけですから。

 

つまり、読者に「価値」を提供できる記事からしか、ブログ収入は生まれないのです。

記事を書くときには、「価値提供」する意識を強く持つようにしましょう。

 

ブログの記事構成に一番大切なこと

most-important-thing

ブログの記事構成を考えるのに一番重要なこと、それは、

検索ユーザーの「検索意図」を正確に把握する

ということです。

 

結局、ここが一番重要なポイントなんですね。

検索ユーザーの検索意図を踏まえた上で、アクセスしてきた読者が知りたい情報を、

  • どのような構成で
  • どのような文章で

伝えると一番届きやすいのかを考えるわけです。

 

一方で、「検索ユーザーの意図なんて、本人じゃないからわからないよ…。」なんてあなたは思うかもしれません。

確かにそうですよね、あなたが検索しているわけじゃありませんから。

 

でも実は、検索意図はGoogleが答えを出してくれているんです。

狙うキーワードで実際に検索をかけてみると、関連性のあるサイトが上から表示されますよね。

 

Googleが検索ユーザーの検索意図に一番ふさわしいものを、表示してくれているんですね。

つまり、それらに共通した内容が「答え」です。

 

検索ユーザーの「検索意図」を正しく把握するために、検索結果の上位10サイトの「タイトル名」「記事内容」を徹底的に分析する。

記事構成を考える前に、必ずこの作業をやるようにしましょう。

 

 

まとめ

summary

ブログ記事の構成や書き方は、読者の「わかりやすいさ」「伝わりやすさ」を考えることが重要で、PREP法を活用した記事構成が初心者にも簡単にできる鉄板テンプレートです。

わかりやすいブログ記事の構成

  1. 「結論」(あなたの主張)
  2. 「理由」
  3. 「具体例」や「事例」
  4. 「結論」(あなたの主張を繰り返す)

 

ブログ記事の構成は、以下の5ステップで決めていくのがおすすめ。

記事の大枠と順序を決める際には、PREP法を活用してわかりやすい構成を考えましょう。

ブログ記事の構成手順

  1. 記事で狙うキーワードを選ぶ
  2. キーワードから検索ユーザーの「検索意図」を把握する
  3. 「検索意図」から記事に盛り込む内容(目次)を決める
  4. 記事の大枠(見出しと順序)を決める ※PREP法を活用
  5. それぞれの見出しの本文に肉付けをしていく

 

読まれない記事はゴミ同然です。

読まれる記事を書くためには、検索ユーザーの「検索意図」を正しく把握して、特定の一人に向けて記事を書いていくことが大切。

 

もちろんブログで稼ぐためには、質の高い記事を書くことだけが全てではありません。

必ず稼げる「戦略」を作るために「ブログの基本設計」をすることも忘れてはいけない重要ポイントの一つ。

 

正しい知識とノウハウを身につけて、読者に「価値提供」できる質の高い記事を書き続けていきましょう。