ブログで稼ぐ

雑記ブログにもペルソナは必要!ブログ収入を稼ぐターゲット選定のポイント!

ペルソナ選定

「雑記ブログにはジャンルがないから、ペルソナなんて決める必要ないよね。」

こう思っている雑記ブロガーって、ほんとに多いんですよね。

 

確かに、雑記ブログは「自由に何を書いてもいいブログ」として、多くのブロガーの支持を集めています。

自由に何を書いてもいいから、ターゲットとなる読者なんてわざわざ決める必要がない、こう思ってしまうんですよね。

 

でも実はこれが、稼げない雑記ブロガーの典型パターン

 

だから、あなたのブログにアクセスが増えない。

だから、あなたのブログは稼げない。

 

特化型ブログであろうと雑記ブログであろうと、あなたがブログをやる限り、ブログに来てくれる読者の「ターゲット設定」は必要不可欠

「ペルソナ」を決めることによって、あなたの書く記事の質を、飛躍的に向上させることができます

 

今回は、特に雑記ブログのペルソナの決め方についてお話していきます。 

 

「雑記ブログになかなかアクセスが集まらず悩んでいる…。」

 「アクセスはそれなりにあるけど、収益が上がらず困っている…。」

 

そんな悩みを持ったあなた、悩みを解決するヒントがきっとみつかりますよ 

 

「ペルソナ」とは?

「ペルソナ」とは?

そもそも「ペルソナ」とはどういうものなのか、簡単におさらいしておきましょう。

ペルソナとは、その商品やサービスを使ってくれる典型的な「顧客像」のことで、マーケティングでよく使われます。

 

例えば、あなたが何か商品やサービスを売りたいとき、「ターゲット」を決めますよね。

  • ターゲット:30代~40代のサラリーマン男性

 

ペルソナは、このターゲットをより具体化して、仮想の顧客像を作っていくことになります。

例えばこんな感じ。

 

  • 名前:鈴木 康介
  • 年齢:34歳
  • 職業:日系大手電機メーカーの営業職
  • 年収:650万円
  • 住所:埼玉県さいたま市
  • 家族構成:コンビニでアルバイトする妻と中学生の息子の3人家族
  • 興味や趣向、生活スタイル等:
    • 最新の家電製品やガジェットが大好き
    • ITスキルもそれなりにあり、ネットの最新トレンドにも敏感
    • 息子の高校受験を控え、教育費の穴埋めに副業を始めたいと考えている

 

このように、ターゲットとなる「30代~40代のサラリーマン男性」をより深掘りして、具体的な顧客像を絞り込んでいくわけですね。

これが「ペルソナ設定」になります。

 

ペルソナを設定するメリット

ペルソナを設定するメリット

ペルソナを設定することで、以下のようなメリットを得ることができます。

  • 顧客ニーズとの「ズレ」を防ぐことができる
  • 投入する「リソース」を効率化できる
  • ターゲットに「行動」を起こさせやすくする

 

ちょっと難しい言葉が多いですね。

先ほどの「30代~40代サラリーマン男性」を例に、順にわかりやすく簡潔に説明していきましょう。

 

顧客ニーズとの「ズレ」を防ぐことができる

このことを説明するのにわかりやすい例が、8Kテレビですね。

超高画質で高精細の8Kテレビは、メーカー側からしたら、超ハイレベルな技術の結集。

 

そのため、こんな商品を作ったら売れるという一方的なメーカー目線で、

「これはまさに人々が待ち望んでた商品だ!8Kテレビを作って売れー!」となるわけですね。

 

一方、現実はそんな甘くありません

高画質&高精細といっても、実は、4Kテレビどころか普通のハイビジョン画質で人々は十分満足だったりしますよね。

 

また、そんなお金の余裕もないのに、普通よりも倍近く高いお金を払ってまで、テレビを買おうとは思わないわけです。

ここに、売る側と買う側に「ズレ」が生じることになります。

 

ペルソナを作っておくと、メインターゲットとなる顧客像の「目線」で、必要な機能や価格が見えてきます。

売る側の「勝手な思い込み」で、市場ニーズとかけ離れた商品を作ることも防げますよね。

 

投入する「リソースを効率化」できる

ペルソナを作ることで、リソースを効率化することができます。

例えばペルソナによって顧客像を絞らず、不特定多数の「みんな」に向けて広告を出す場合を考えてみましょう。

 

若年層にはインターネット広告、高齢者層は紙媒体の新聞広告、男性向けと女性向けに分けて、様々な媒体に広告を出す必要もあります。

これでは、広告費がいくらあっても足りないし、費用対効果も悪くなるにきまってますよね。

 

一方、ペルソナを作ると、34歳の鈴木さんのような人にめがけて広告費を集中投下できます。

つまり、一番買ってくれそうな人たちに、一番効果のある広告だけに絞れるわけですね。

 

このようにペルソナによって、時間やコスト削減といったリソースの効率化を図ることができるようになります。

 

ターゲットに「行動」を起こさせやすくする

ターゲットに「行動」を起こさせやすくする

ペルソナを作る効果として、一番ブロガーに活用できるのがこれ。

あなたのブログのメインターゲットに、一番「刺さる」記事が書けるようになります。

 

例えば、30代~40代の男性サラリーマンという、ざっくりしたターゲットに向けて文章を書く場合。

毎日毎日、お仕事大変ですよね。

30歳を超えると体力も急に落ちてきてしまうので、毎日ヘトヘトになります。

そんな忙しいあなたには、この○○サプリがおすすめです!

お値段は、驚愕の2980円!

これなら、サラリーマンの懐にも優しいですね!

 

これを34歳の鈴木さんを仮想ターゲットに、文章を書くとこうなります。

毎朝の満員電車…。

30歳の時は全然大丈夫だったのに、35歳が目の前に迫ってきた途端、急に体力が衰えてくるんですよね。

特に、毎日外回りで営業をしているあなたにとっては、なおのこと。

電車での移動時間に、大好きな最新ガジェット情報をスマホで見るときだけが唯一の息抜きなんですよね。

そんな毎日ヘトヘトで忙しいあなたにおすすめしたいのが、この〇〇サプリ!

お値段は、驚愕の2980円!

この価格なら息子さんの教育費で悩むあなたでも、飲み会を1回我慢するだけで、まるで20代のような若々しさが手に入りますよ!

どうでしょうか。

めちゃくちゃ「具体性」が増しますよね。

 

これを読んでいる側も、「ん?これ俺のこと言ってない?なんでわかるの?」となる。

結局、どんなにいい記事を書いても、読者に読んでもらえないことにはどうしようもないわけです。

 

ペルソナを設定することで、メインターゲットの興味や関心を強く引き、読者に「刺さる文章」を書くことができます。

 

雑記ブログは特化ブログの集合体と考えよ

雑記ブログは特化ブログの集合体と考えよ

雑記ブログは「何でも自由に書けるブログ」であり、厳密に言えば、特化ブログとはブログの種類は違います。

しかし、雑記ブログの「サイト構造」というのは、特化ブログが集まった「集合体」なんですね。

 

例えば、あなたの雑記ブログのテーマが、[投資][恋愛][ダイエット]の3つであるとします。

その場合、雑記ブログの中で、それぞれ3つのカテゴリーに記事が分類されていくわけですが、その各カテゴリー自体が「特化ブログ」を構成するわけですね。

 

つまり、雑記ブログというのは、特化ブログの「延長」であるということ。

実は、世の中の雑記ブロガーが検索経由でアクセスを集められない原因は、この考え方ができていないからに他なりません。

 

Googleが重要視する「専門性」

世の中に存在するサイトの検索順位を決めているのは、他ならぬGoogleですよね。

Googleは様々な基準でサイトを評価していますが、その中でも超重要視している評価基準の一つが、サイトの「専門性」

 

つまり、そのサイトがある特定ジャンルに、どれだけ詳しく、どれだけ深掘りして、検索ユーザーに情報を提供しているかをGoogleは見ているわけです。

そう考えると、ある特定のジャンルのみを扱う特化型ブログよりも「専門性」が低い雑記ブログに、検索経由のアクセスが集まらないのも当然ですよね。

 

雑記ブログのジャンルは最初から広げてはいけない

雑記ブログが検索経由でアクセスを集めるには、Googleから「専門性」を評価してもらわなければいけません。

そのためには、最初からジャンルを広げないことが超重要なポイント。

 

あなたの雑記ブログ、ここまでどのように作ってきたか振り返ってみてください。

一番最初からジャンルを広げて、記事を書いてきましたよね。

 

それこそが、あなたの雑記ブログにアクセスが集まらない原因。

つまり、あなたの雑記ブログは「専門性」が低いんですよ。

 

アクセスを集める雑記ブログを作るには、「専門性」を担保しながら記事を書く必要があります。

最初は特化ブログとして、特定のテーマに特化した記事を書いていく、これが大切なんですね。

 

で、「専門性」がGoogleに評価されて検索経由のアクセスが集まるようになったら、初めて新しいテーマを追加して記事を書いていく。

これが、雑記ブログの正しい作り方です。

 

ジャンルを追加するときは「関連性」を考える

新しいジャンルを追加するときに注意したいのが、ジャンル同士の「関連性」です。

というのも、新しく追加しようとしているジャンルが、これまでのジャンルとの関連性が低いと、ブログ自体の専門性が低くなってしまうからですね。

 

例えば、[投資][ダイエット]って、全く違うジャンルで関連性が低いですよね。

せっかく[投資]ジャンルであなたの記事が検索上位を獲れていても、関連性の低い[ダイエット]記事を追加することで、[投資]記事の検索順位が低下してしまいます。

 

そのため、ジャンルを新しく追加するときには、関連性の高いジャンルで広げていくことが大切。

例えば、[投資][節約]とか、[投資][副業]のように、[お金]に関連性の高いジャンルで広げていくわけですね。

 

雑記ブログのジャンルは、「関連性」を考えて広げていく。

これを忘れないようにしましょう。

 

ブログ収入稼ぐなら雑記ブログにもペルソナは必須

ブログ収入稼ぐなら雑記ブログにもペルソナは必須

ここまでくると、ブログ収入稼ぐなら雑記ブログにも「ペルソナ」は必要不可欠ということがわかってくるはず。

結局、どんなブログにも読者は存在するわけで、その読者を増やしたいならターゲットを設定しないとダメなんですよね。

 

あなたが投下できるリソースは、限られているんです。

だからこそ、しっかりターゲットを絞って、集中と選択をしなければいけないわけです。

 

あれもこれもという気持ちで、不特定多数の「みんな」を読者にしようとしても、誰にも響かないし、誰もあなたの記事を読まない

あなたの雑記ブログも「ペルソナ」を作って、狙ったターゲットに対して戦略的に記事を書いていく必要があります。

 

雑記ブログのペルソナの決め方

雑記ブログのペルソナの決め方

雑記ブログは特化ブログの集合体なので、「ペルソナ」の決め方も基本的には特化ブログと同じですが、雑記ブログならではのポイントもあります。

雑記ブログのペルソナを決める際は、以下の3つのポイントを考えるようにしましょう。

雑記ブログ「ペルソナ」のポイント

  • ジャンル単位でペルソナを決める
  • メインキーワードの「検索意図」を徹底分析
  • ブログ全体や記事ごとのペルソナ設定は不要

 

雑記ブログのペルソナはジャンル単位で考えよ

雑記ブログのペルソナは、ジャンル単位で考えることが重要です。

なぜなら、雑記ブログは特化ブログの集合体であり「雑記ブログの各ジャンル=特化ブログ」だから、ですよね。

 

まずは、特化ブログと同じように、あなたの雑記ブログの最初のテーマで狙っていく「メインキーワード」を決めましょう。

例えば、あなたの雑記ブログの最初のジャンルが[副業]であるなら、[副業]ジャンルの中で、具体的にどのようなキーワードを狙っていくかを考えるわけですね。

 

メインキーワードを決める際には、以下のポイントが大切です。

  • 検索ユーザーの「悩み」に直結したワードを選ぶ
  • 検索ボリュームを見ながら確実に検索されているワードを選ぶ

 

[副業]ジャンルの場合、検索ユーザーの「悩み」に直結している代表的な例が、[お金を稼ぐ][ネットビジネス]

 

副業をしたいと思っている人って、副業でのお金の稼ぎ方やネットビジネスのやり方を求めて悩んでいる人が多いですよね。

そういった検索ユーザーの「悩み」から逆算して、メインキーワードを選ぶことが大切。

 

また、確実に検索されているキーワードを選ばないと、そのキーワードで検索上位に表示されても、ブログのアクセスは増えませんよね。

そのため、キーワード選びは、キーワードの検索ボリュームをチェックして、確実に検索されているものを選ぶ必要があります。

 

キーワード選定は、ブログのアクセスを増やす上で超重要なポイント。

以下の記事でキーワード選定のコツポイントを詳しく解説していますので、参考にしてみてくださいね。

 

雑記ブログで狙うメインキーワードの「検索意図」を徹底分析せよ

雑記ブログの各ジャンルのペルソナを決める際に重要なのが、検索ユーザーの「検索意図」を徹底的に分析して理解することです。

この「検索意図」の把握は、ペルソナを考えるときに一番重要なポイントといっても過言ではありません。

 

例えば、[副業][お金を稼ぐ]といったメインキーワードを狙っていく場合、それで検索してくるユーザーってどういう人なんだろうって、深く考えることになります。

以下のような「悩み」や「ニーズ」やが背景にありそうですよね。

  • お金に困っている(収入を増やしたい)
  • 支出の増加に悩んでいる(住宅ローン、子供の教育費など)
  • 自分に合った副業を見つけたい

 

それを考えていった結果、ここでは最終的に、さっきの34歳鈴木さんをペルソナとして抽出したとしましょう。

  • 名前:鈴木 康介
  • 年齢:34歳
  • 職業:日系大手電機メーカーの営業職
  • 年収:650万円
  • 住所:埼玉県さいたま市
  • 家族構成:コンビニでアルバイトする妻と中学生の息子の3人家族
  • 興味や趣向、生活スタイル等:
    • 最新の家電製品やガジェットが大好き
    • ITスキルもそれなりにあり、ネットの最新トレンドにも敏感
    • 息子の高校受験を控え、教育費の穴埋めに副業を始めたいと考えている

 

鈴木さんの「悩み」をひとことで言うと、

  • お金を稼げる自分にできる副業を見つけたい

ですよね。

 

だから、

  • [お金を稼ぐ 副業]
  • [副業 種類]
  • [副業 やり方]
  • [副業 始め方]

といったキーワードを中心に、検索することが考えられますよね。

 

これらを総合的に考えると、

自分の選んだメインキーワードと、ペルソナの検索意図は「ズレ」ていないな

って確認ができますよね。

 

あなたが狙うメインキーワードの「検索意図」から逆算してペルソナを作り、「ズレ」がないかをチェックする。

ズレていなければ、ユーザーが求める情報を、あなたの記事でしっかり提供していくことができます。

 

雑記ブログ全体や記事ごとのペルソナ設定は必要はない

雑記ブログのペルソナは、ジャンル(カテゴリー)ごとに決めればOKです。

そのため、ブログ全体や記事ごとに、わざわざペルソナを設定する必要はありません。

 

たまに、雑記ブログのペルソナは記事ごとに設定しろ、なんていう意見もありますよね。

ハッキリ言って、あれはアクセスを集める雑記ブログの作り方を知らない人のアドバイスですね。

 

特化ブログの集合体として雑記ブログを考えていないから、都度ペルソナが必要になる。

でも、そもそもターゲット選定やペルソナ設定といった「戦略」は、一番最初に決めるべきものですよね。

 

ブログって記事を書き始める前に、しっかりと「戦略」を立てないと絶対うまくいかないんですよ。

多くの人がこの超大切なプロセスをすっ飛ばすから、アクセス集まらないし、稼げないとなるわけです。

 

普段から戦略的なアプローチで、ブログを作るように心がけてくださいね。

 

まとめ

まとめ:雑記ブログにもペルソナは必要!ブログ収入を稼ぐターゲット選定のポイントを解説!

雑記ブログのペルソナは、取り扱うジャンル単位で考えるのが基本で、ブログ全体や記事ごとにペルソナを設定する必要はありません。

雑記ブログのアクセスを増やしてブログ収入を稼ぐために大事なのは、雑記ブログは特化ブログの集合体である、という考え方。

 

あなたの雑記ブログにアクセスを集めて、しっかりと収益化をしていくためには、Googleに評価されるように「専門性」を高めながら作っていかなければなりません。

そのためには、最初からジャンルを広げないことが重要なポイントです。

 

雑記ブログにアクセスを集めて収益化するのは、簡単なことではありません。

だからこそ、しっかりと「戦略」を立ててブログを作っていくことが何よりも大切です。

 

記事を書き始める前に、ブログの骨子となる「ブログの基本設計」を作って、ゴールと戦略を考えておくようにしましょう。