ブログで稼ぐ

ブログ記事の文字数はSEOに関係ない!稼ぐためにおすすめの文字数は?

「ブログ記事の文字数は多ければ多いほどSEOに有利、っていう話を聞くけど本当…?文字数とSEOは関係ないって人もいるけど、実際のところどうなの…?ブログで稼ぐおすすめの文字数が知りたい。」

確かに、1万文字以上書かないと検索上位を狙えないという意見もあれば、3,000文字程度あれば十分っていう人もいたり、ブログで稼ぐためにはどのくらいの文字数が必要なのか、気になる人は多いですよね。

 

結論としては、この記事のタイトル通り、記事の文字数はSEOに直接影響してきません。

これは、Googleの中の人も明言しているので、疑いようのない事実。

 

とはいえ、検索エンジンでキーワード検索してみると、実際は文字数が多いサイトばかりが上位表示されているんですよね。

Googleは文字数を評価していないとすれば、これは一体どういうことなのでしょうか。

 

今回は、文字数とSEOの関係性や、最適な文字数についてお話ししていきます。

 

ブログ記事の文字数はSEOに関係ない

ブログ記事の文字数とSEOは関係ないというのはGoogleによる公式見解で、GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミュラー)氏もGoogle Webmastersのチャンネル(英語)で以下のように名言しています。

原文:”we don’t have an algorithm that counts the words on your page and says Oh everything until 100 words is bad everything between 100 and 500 is fine and over 500. “

翻訳:「100語未満はダメとか、100語以上500語未満や500語以上が良いというように、Googleは文字数をカウントするアルゴリズムを持っていません。

 

そもそも文字数をカウントするアルゴリズムがないのであれば、どう考えても文字数がサイト評価に影響してくるわけがありませんよね。

また、こうも述べています。

原文:”we don’t look at it like that we try to look at the pages overall and make sure that this is really a compelling and relevant search results to users and if that’s the case then that’s perfectly fine if that’s long or short or lots of images or not that’s essentially up to you.”

翻訳:「文字数が多いとか少ないとかではなく、検索クエリとページ内容の「関連性」を重視してサイト評価を行っています。

 

たくさんの文字数のブログ記事を書いても、検索ユーザーの求めている内容でなければ意味がないわけですね。

 

Googleが重視する「E-A-T」とは?

Googleには「E-A-T」と呼ばれる、サイト評価する上で重視している3つの評価基準があります。

Googleが重要視する「E-A-T」

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness (権威性)
  • TrustWorthiness (信頼性)

 

そもそも「E-A-T」という言葉はGoogleによって作られた造語で、「高品質コンテンツ公式ガイドライン(Search Quality Evaluator Guidelines)」の中で登場してきます。

要は、専門性の高いサイト、権威性の高いサイト、信頼性の高いサイトを「優先」して、検索結果の上位に表示させているわけですね。

 

この中で注目したいのが「網羅性」です。

網羅性が高いとは、検索ユーザーがキーワード検索をしたときに、そのズバリの「答え」だけでなく、関連性のある情報が内容が網羅されて盛り込まれている状態のこと。

 

網羅性の高い記事内容は、検索ユーザーのニーズを満たすことができるため、そのユーザーがわざわざ別のサイトへ行く「手間」を省いてあげることができますよね。

つまり、「網羅性」を意識して記事を書かないことには、検索上位を狙えないということなのです。

 

網羅性の高い記事は必然的に文字数が多くなる

ブログの文字数はSEOに直接関係ないですが、実は、網羅性の高い記事を書こうとすると、結果的に文字数が多くなるんですよね。

なぜ文字数が多くなってしまうかは、考えてみればすぐわかりますよね。

 

例えば、「ブログ稼ぐ方法」というキーワードで、検索結果に上位表示されているサイトを見てみましょう。

検索ユーザーにとってズバリの「答え」となるブログで稼ぐ方法だけではなく、以下のようなトピックも盛り込まれていることがわかりますね。

  • ブログで稼ぐ「仕組み」
  • ブログで稼ぐ「おすすめのブログサービス」
  • ブログで稼ぐための「始め方」 …etc.

 

これらたくさんの内容を1つの記事で網羅しようとすると、さすがに500文字とかでは書けないですよね。

つまり、Googleに評価されるためには、どうしても多くの文字数が必要になってしまうということ。

 

このように、世の中で「検索上位を狙うには文字数が必要」といわれるのは、必然的にたくさんの文字数で書かざるを得ないからなんですね。

 

ブログ記事におすすめの文字数は何文字?

ブログ記事は「網羅性」を意識した上で、3,000文字前後の文字数でまとめるのがおすすめで理想的。

というのも、多すぎる文字数の記事は、読者が疲れて「離脱」してしまうからです。

 

ここは、ぜひ自分に置き換えて考えてみて欲しいんですよね。

検索して見つけたブログを開いて、文字、文字、文字…という「文字の嵐」があったらどうでしょうか。

 

「うわっ…、、さすがにこれ無理だわ…。」となって、完読する気になれないですよね…。

もちろん「網羅性」はとても大事な要素なのですが、多すぎる文字数って、実はちっとも「ユーザーフレンドリー」じゃないんです。

 

つまり、理想的な記事とは、自分の知りたいことが「シンプル」に書かれていて、サクッと2~3分で読めるような記事なんですよね。

しかし、実は、物事を誰にでもわかりやすくシンプルに伝えることって、実は一番難しいスキルななんですよね。

 

検索上位を狙うためには、もちろんGoogleに評価されることは必要不可欠ですが、同時に、読者の読みやすさを考えて「読まれる記事」を書くことも超重要

読者が読みやすい記事はあなたのブログの「ファン」を増やし、アクセスも増えて、結果的にGoogleの評価につながっていきます。

 

「読まれる記事」が書けるように、しっかりと「ライティングスキル」を身につけていきましょう。

 

まとめ

ブログ記事の文字数はSEOに関係ないことはGoogleも明言していることですが、「網羅性」を意識して記事を書くと、どうしても必要な文字数は多くなってきます。

ブログで稼ぐためには、Googleだけでなく読者からの評価も大切で、読者がストレスなく読める3,000文字程度の文字数にまとめるのがおすすめです。

 

文章をシンプルに書く「ライティングスキル」が必要なのはもちろん、そもそもブログにアクセスを集めないことには、記事を読ませるというスタートラインにも立てませんよね。

しっかりと正しい「知識」「ノウハウ」を習得して、努力を継続していきましょう。