ブログで稼ぐ

ブログを始めたら初心者がやるべき3つのこと!ブログアフィリエイトで稼ぐ秘訣とは?

「ブログを始めたはいいんだけど、何をするべきかわからないんだよね…。ブログを始めたら初心者がまずやるべきことってどんなこと…?ブログ初心者でも稼げるようになる、ブログで稼ぐ秘訣が知りたい!」

確かに、ブログを始めたばかりの頃って、次に何をしていいのか…、というより、そもそも「ブログで稼ぐために何をすべきなのか」がわからないものですよね。

 

結論から言ってしまうと、ブログ初心者のあなたがまずやるべきなのは、「ブログの基本設計」を作ることです。

 

「えっ…?ブログの基本設計…?何それ…?」

って感じだと思いますが、このブログの基本設計については、どのサイト見てもあまりちゃんと書かれていないんですよね。

 

しかし、実は、基本設計こそが、ブログで稼げるかどうかを左右する「一番重要なキモ」なのです。

今回は、このブログの基本設計を含めて、あなたがブログを始めてから「まず最初にやるべき3つのこと」についてお話していきます。

 

ブログを始めたら初心者がやるべきこと①:ブログの基本設計をする【超重要!】

ブログを始めたら初心者がまずやるべきこと、それが「ブログの基本設計」を作ることです。

「ブログの基本設計」とは、ブログの設計図・骨組みのことですね。

 

ブログで稼げるかどうかは、全てこの「基本設計」がしっかりできているかどうかにかかっている、と言っても過言ではありません。

稼げないブロガーの典型的なパターンは、とりあえずブログを立ち上げて、なんとなくジャンルを決めて、なんとなく記事を書き始めるというように、「何も考えずに」ブログをやり始めてしまうんですよね。

 

何も考えずに適当にブログを作って稼げるほど、ブログアフィリエイトは甘くありません。

だって、新規でビジネスを立ち上げるときって、市場規模や競合状況、どんな顧客に対して、どんな戦略で自社の商品やサービスを売っていくのか、色々と戦略を立てますよね。

 

ブログだって同じなんですよ。

本気でブログで稼ぐなら、絶対にブログを適当に作ってはいけない。

 

実は、稼げるブロガーと稼げないブロガーの決定的な違いは、この「基本設計」をしっかりやっているかいないかの違いなんですよね。

「基本設計」を固める順序として、まずはブログのジャンルとコンセプトを決めていき、そこから以下のようなブログに関する「全て」を決めていくことになります。

  • どのようにお金を稼ぐのか
  • どんなキーワードでアクセスを集めるか
  • どんな人々が集まるのか
  • どれくらいアクセスが集まるのか
  • 戦うべきライバル(競合)サイトは
  • どれくらい稼げるのか

 

基本設計のポイントは、出口となる「マネタイズ」から逆算して考えていくことで、以下の流れで全体像を固めていきます。

「ブログの基本設計」の流れ

  1. どのようにマネタイズするのかを決める(出口戦略)
  2. どんな人を集めたいのかを決める(ターゲット選定)
  3. アクセスが見込めるジャンルを決める(メインキーワードのボリュームチェック)
  4. ライバルは強いか弱いかを検証する(ライバルチェック)
  5. ライバルブログ・サイトとどう差別化するかを決める(コンセプト・ファン化戦略)

 

結局のところ、ブログを「ビジネス」として捉えて構築できるかどうか、ってことなんですよね。

 

ビジネスの基本設計もせずに稼ごうとするのは、丸腰で戦場にいくようなもの。

敵に瞬殺されるのが、戦う前から目に見えてますよね。

 

ブログを作る前に「基本設計」をしっかり固めることで、「稼げるブログの基礎」が構築できるのです。

だからこそ、しっかりと時間をかけて、まずは「基本設計」作りに取り組むようにしましょう。

 

どのようにマネタイズするのかを決める(出口戦略)

まずはどんな方法で何を売ってお金を稼いでいくのかという、「マネタイズ」の部分を決めていきましょう。

いわゆる「出口戦略」です。

 

ジャンル選定はほとんどの人が意識して最初に決めているものですが、この「マネタイズ」については、後回しにしてしまいがちなんですよね。

しかし、それでは稼げない。

 

なぜなら、マネタイズこそが、あなたが目指す「ゴール」そのものだから。

目指すべき頂上なくして、山は登れないですよね。

 

つまり、ゴールを固めないことには、そのゴールを目指すための「戦略」や「攻め方」が何も決まらないということ。

マネタイズから逆算して細かなブログ戦略を決めていく、これが「稼ぐブログの基本」です。

 

マネタイズを決めるときは、「方法」「商材」を考えるようにしましょう。

 

例えば、主なマネタイズ方法には、

  • Googleアドセンス(クリック課金型広告)
  • アフィリエイト(成果報酬型広告)
  • オリジナル商材の販売
  • 本業ビジネスへの集客

といったものがありますよね。

アフィリエイトであれば、どんなジャンルのどんな案件を取り扱っていくのか、メインとなる商材をASPの案件一覧から選んで、ひとまず目星をつけておく感じですね。

 

どんな人を集めたいのかを決める(ターゲット選定)

マネタイズの「方法」や「商材」を決めたら、次は、その「商材」をどんな人に売っていくのかという「ターゲット選定」です。

簡単に言うと、その商品を買う人はどんな人で、どんな悩みを抱えているかという「顧客理解」ですね。

 

この「顧客理解」をすることで、以下のようなことができるようになります。

  • ターゲットが検索する「キーワード選定」ができる
  • ターゲットに「刺さる」文章が書けるようになる
  • 「成約率」を高めることができる

 

ターゲットを明確にすることは、ビジネスの基本中の基本。

顧客理解なくして、稼ぐことなんてできません。

 

アクセスが見込めるジャンルを決める(メインキーワードのボリュームチェック)

大枠のジャンル選定は、マネタイズを決めるときに一緒にやってしまいますが、ここではもっと具体的に、あなたのブログが攻めるべき「メインキーワード」を決める作業をしていきます。

キーワード検索数 チェックツール」などを使いながら、実際にどのくらい検索されているかという「検索ボリューム」をチェックし、攻めるべきメインキーワードを決めましょう。

 

例えば、「ダイエット」というキーワードを調べてみると、月間検索ボリュームがYahoo!で月間905,301回、Googleで月間740,700回という、超ビッグキーワードであることがわかりますね。

検索ボリュームの大きいビッグキーワードで上位表示できれば、当然ながらブログに多くのアクセスを集めることができますが、その分強いライバル(競合サイト)も多く、ドメインパワーが弱い初心者の弱小ブログではまず勝てません。

 

では、「痩せる」というキーワードだとどうでしょうか。

「痩せる」の検索ボリュームは、Yahoo!で月間54,451回、Googleで月間44,550回と、かなり減ってきますよね。

 

この「ダイエット」と「痩せる」のように、同じ意味でも違う言葉に替えて「キーワードをずらす」ことで、自分が戦うべき(戦える)場所を見つけていくわけですね。

ちなみに、僕が運営するブログの場合、メインキーワードの検索ボリュームは、5,000~20,000くらいの範囲で選ぶことが多いです。

 

このメインキーワード選定は、稼げるか稼げないかを左右するとっても重要なポイントの一つ。

ライバルに確実に勝てるキーワードを、慎重に選んでいきましょう。

 

ライバルは強いか弱いかを検証する(ライバルチェック)

メインキーワード選定には、「ライバルチェック」が欠かせません。

いくつかのメインキーワードをピックアップして検索ボリュームをチェックし、ライバルが強すぎて勝てそうにない場合は、攻めるべきメインキーワードを変更し、勝てる見込みがあるキーワードに変更して選び直します。

 

強すぎるライバルサイトというのは、例えば、多くのアクセスを集める「企業サイト」や、病院や政府機関といった「権威性の強いサイト」などのこと。

これらは、個人のブログが勝てるようなサイトではないので、検索結果の上位にこれらのサイトが出てきたら、そのキーワード候補は「ボツ」ということになりますね。

 

攻めるべきメインキーワードのボリュームと、このライバルチェックをクリアできれば、あなたのブログのメインキーワード選定は終了。

あとはそのメインキーワードに関連したキーワードで、記事をガツガツ書きまくるのみです。

 

このように、正しい方法でブログ記事を投入していけば、たとえ開設したばかりの弱小ブログでも、検索結果の上位に表示できるようになります。

 

ライバルブログ・サイトとどう差別化するかを決める(コンセプト・ファン化戦略)

攻めるべきメインキーワードが決まったら、そのメインキーワードで上位表示されている競合サイトと比べて、どのように「差別化」を図って多くのファンを獲得していくかについて考えましょう。

例えば、思いつくままに挙げると、以下のような感じですね。

  • 文章の書き方や言葉遣いに個性を出す
  • 個性の強いキャラクターを全面に押し出す
  • 自分のこれまでの実績を公表して信頼性を高めていく
  • マンガやイラストを多用する …etc.

 

ここはもう、ある意味「アイデア勝負」なので答えはありません。

自分のブログの「個性」をいかに出していくかを、徹底的に考えていきましょう。

 

ブログを始めたら初心者がやるべきこと②:ASPの登録

ブログを始めたら初心者がやるべきこと、続いては、ASPの登録です。

ブログアフィリエイトで稼ぐには、いかに稼げる広告案件を見つけて読者におすすめしていくかも重要なポイントですよね。

アフィリエイト広告をブログに貼るためには、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)と呼ばれるアフィリエイト広告を専門に扱う広告代理店への登録が必要になってきます。

 

ASPにはそれぞれ特色があります。

例えば、ASPによって得意なジャンルがあったり、そのASPでしか扱っていない広告案件もあれば、同じ広告案件でも扱っているASPによって報酬単価が異なるケースもあったりするんですね。

 

つまり、どのASPがベストかというのは、あなたがおすすめした広告は何なのかによって、選ぶべきASPが決まってくるということ。

そのため、とりあえず主要なASPは一通り登録しておいて、その都度、最適なASPと広告案件を選んでいく、というやり方がオーソドックスなASPの使い方になってきます。

 

ここでは初心者が最低限登録しておくべき、おすすめのASPをご紹介しておきましょう。

 

A8.net(エーハチネット)

国内最大手のASPであるA8.netは、幅広いジャンルの広告を扱っていて案件数は業界ナンバーワン。

アフィリエイトをするなら、まずはA8.netに登録しておくべき、と言っても過言ではありません。

 

初心者はまずA8.netに登録して、どんな広告案件があるのかとそれぞれの成果報酬の相場を一通りリサーチしておくと、アフィリエイト業界の概要がざっくりつかめるのでおすすめですね。

 

afb(アフィビー)

A8.netと並んで国内大手のASPがafb(アフィb)

案件数自体はA8.netには見劣りがしますが、管理画面の見やすさや成約したときの画面の演出など使い勝手が非常に優れています。

また、A8.netよりは担当者がつきやすくサポートを受けやすいため、初心者におすすめのASPです。

 

A8.net同様に、ほぼ全ジャンルを網羅しており、中でも化粧品、脱毛、サプリなどの美容系には力を入れており、美容系ジャンルのアフィリエイターは必須のASPです。

 

もしもアフィリエイト

物販のアフィリエイトといえば、まっさきに頭に思い浮かぶのがAmazonと楽天のアフィリエイトですが、実は別のASPを経由することで、Amazonや楽天アフィリエイトを直接使うよりもお得に利用できるメリットがあります。

Amazonや楽天アフィリエイトを使うのに、一番おすすめのASPが「もしもアフィリエイト」。

 

例えばAmazonアソシエイトの場合、報酬の最低振込金額は5,000円ですが、もしもアフィリエイトであれば最低振込金額は1,000円(振込手数料も無料)。

また、もしもアフィリエイトでは、売りたい商品を検索して手軽にリンクコードを作れてしまう「かんたんリンク」という機能があるので、わざわざAmazonなどのサイトにいってリンクコードを生成する手間も省くことができます。

 

Amazon、楽天などの物販アフィリエイトをやるなら、もしもアフィリエイトは必ず登録して活用していきましょう。

 

バリューコマース

主要ジャンルの案件が豊富なだけでなく、他のASPでは取り扱いをしていない物販案件やEC系、大手企業案件があっておすすめなのがバリューコマース

有名案件や独占案件も豊富で、「Amazon」「楽天」「Yahoo!ショッピング」といったアフィリエイトも揃っていて、ガジェット系のアフィリエイトをやるなら必須のASPです。

 

AccessTrade(アクセストレード)

格安SIMや格安スマホ、WiMAXなどといった通信系のアフィリエイトをやるならアクセストレードは必須のASPで、2001年からやっている老舗のASPでもあります。

通信系ジャンルであれば、ほぼアクセストレードだけで全ての案件をカバーできるほど、通信系ジャンルの案件が充実しています。

 

通信系以外にも金融系や美容系、健康食品などの案件も豊富で、他ASPが取り扱っていないオンラインゲーム系の案件も多く取り扱っています。

大手ASPの一つとして、必ず登録しておくべきASPです。

 

ブログを始めたら初心者がやるべきこと③:記事を書きまくる

ブログを始めたら初心者がやるべきこと、最後は、記事を書きまくることです。

あなたが持っている全てのリソースを記事執筆に集中し、とにかく狂ったように記事を書きまくってください。

 

あなたのブログが攻めるべきジャンルにもよりますが、あなたのブログが検索結果の上位に表示されるためには、

  • 記事数:最低150記事以上(できれば200記事以上)
  • 1記事の文字数:最低2,000文字以上(できれば5,000文字以上)

が必要になってきます。

 

この試練を乗り越えた先に、ブログ収入という「輝く未来」が待っています。

結局のところ、最終的に記事をどれだけ入れられるかが勝負の分かれ目になってくるんですよね。

 

まとめ

ブログを始めたら初心者がやるべきことは3つあります。

ブログ初心者がやるべき3つのこと

  • ブログを始めたら初心者がやるべきこと①:ブログの基本設計をする【超重要!】
  • ブログを始めたら初心者がやるべきこと②:ASPの登録
  • ブログを始めたら初心者がやるべきこと③:記事を書きまくる

 

ライバルと差をつけるのが「ブログの基本設計」で、ブログで稼げるかどうかを左右する「一番重要なキモ」となってきます。

また、最終的には、どれだけの「記事数」を入れたかが勝負の分かれ目になってくるので、とにかく全リソースを集中して狂ったように記事を書いていくことも重要なポイントです。

 

一方、あなたのブログを検索上位に表示させるためには、当然ながら「テクニック」も必要ですよね。

しっかりと正しい「SEOの知識」や「稼げるブログの構築法」を学んで、着実にあなたの努力を結果に結びつけていきましょう。