アフィリエイト

稼げるブログサイトのおすすめはコレ!初心者がアフィリエイトで稼ぐ秘訣とは?

「ブログを始めて収入を稼ぎたいんだけど、どのブログサービスを使うべきかわからない…。稼げるブログサイトのおすすめや、初心者がブログアフィリエイトで稼ぐポイントが知りたい。」

アメブロ、はてなブログ、ライブドアブログなどといった無料ブログや有料ブログ、どれが一番稼げるブログなのか、気になってリサーチしまくっている初心者も多いのではないでしょうか。

 

ただ最初に言っておくと、あなたが選ぶべき稼げるブログ候補なんて、ほんのわずかしかありません。

選ぶのに何日もリサーチしている時間があったら、もっと重要な「稼ぐためのコンセプト作り」や「戦略設計」に時間をあてるべきです。

 

今回は、選ぶべき一番稼げるブログサービスや、これからブログを始める初心者がブログアフィリエイトで稼ぐための秘訣についてお話ししていきます。

 

稼げるブログサイトのおすすめは?(無料ブログ編)

おすすめの稼げるブログサイト、まずは無料ブログについてみていくことにしましょう。

稼ぐために重要になってくる比較検討ポイントは、以下の3つです。

  • Googleアドセンスの利用ができるか
  • アフィリエイトがほぼ制限なくできるか
  • 運営側の広告を非表示にできるか

 

無料ブログの中には、アフィリエイトやGoogleアドセンスといった商用利用について制約があるものも多いです。

しかし稼ぐブログを選ぶなら、アフィリエイトとGoogleアドセンスの両方の利用が認められていることは必須条件ですよね。

 

また、Googleアドセンスの収益を圧迫するのが、ブログに強制的に表示されてしまう運営側の広告。

そのためGoogleアドセンスを利用するなら、運営側の広告を非表示にできるかどうかも重要なポイントになってきます。

 

これらを踏まえた、稼げる無料ブログのTOP3がこちら。

  • 第1位:Blogger
  • 第2位:FC2ブログ
  • 第3位:ライブドアブログ

 

1位に輝いたBloggerは、Googleが運営しているブログサービスです。

 

無料ブログでは、無料で使える「無料プラン」と、お金を払って加入することで使える機能が増える「有料プラン」がありますよね。

主要な無料ブログサービスでは、Googleアドセンスの利用や運営側の広告非表示機能は、「有料プラン」のみで提供されているのが一般的です。

 

しかしBloggerの場合は、無料の範囲内でGoogleアドセンスが利用できる上に、運営側の広告まで非表示にすることができます。

 

無料でGoogleアドセンスが使えて運営側の広告が非表示にできるのは、無料ブログの中でもBloggerだけ

ここまでできるのは、Bloggerがアドセンスを提供しているGoogleによって運営されているからに他なりません。

 

ランクインしたBlogger、FC2ブログ、ライブドアブログの特徴を簡単にみておきましょう。

 

Blogger

Googleが運営する無料ブログサービスがBloggerです。

Googleが運営しているがゆえに、アフィリエイトやアドセンスといった商用利用にも寛容で、運営側が表示する広告も無料で非表示にできてしまうのが、Blogger最大のメリット

 

  • 容量:〇(1GB)
  • 独自ドメイン:〇
  • アドセンス:〇(独自ドメインで利用可)
  • アフィリエイト:〇
  • 運営側の広告非表示:〇
  • エクスポート機能:〇
  • 複数ドメイン:◎(100個まで可)
  • SNS/コミュニティ機能:×

 

一方のデメリットになってくるのが、SNSやコミュニティ機能が無いので、ブログを立ち上げたばかりの初期段階では読者の獲得に苦労すること。

また、外資系企業が運営するブログだけに使い勝手があまり良くない上に、ブログのテンプレートが30種類程度と乏しく、ライバルブログとの差別化が図りにくいのは少々残念な点。

 

ただし、稼ぐことを主目的とするなら、優先すべきはコミュニティ機能の充実や使い勝手の良さではないので、これらのデメリットはある程度割り切って考えるべきでしょう。

 

FC2ブログ

数ある無料ブログの中でも超老舗のブログサービスで、月間訪問者数も2億3450万人という規模を誇るのがFC2ブログ。

6,000種類以上ものテンプレートからデザインを選べるなど、カスタマイズ性に優れているだけでなく、総合的にすべての機能が高いスペックにあるおすすめの無料ブログサービスです。

 

  • 容量:〇(10GB)
  • 独自ドメイン:△(月額300円の有料版で利用可)
  • アドセンス:△(独自ドメインで利用可)
  • アフィリエイト:〇
  • 運営側の広告非表示:〇(月額300円の有料版で利用可)
  • エクスポート機能:〇
  • 複数ドメイン:△(1個のみ可)
  • SNS/コミュニティ機能:〇

 

有料プランの金額も月額300円と、他社の無料ブログの有料プランと比較して、かなり破格な金額で提供していて、有料プランに加入すれば運営側の広告も非表示にすることも可能です。

突出したデメリットは見当たりませんが、あえて言うなら、運営企業(FC2 Inc.)がアメリカの企業でサポート対応時のフットワークが少々悪いくらい。

 

「趣味目的」「稼ぐ目的」、両方の目的に総合的に対応できるFC2ブログは、一番「順応力」の高い無料ブログサービスといえます。

 

ライブドアブログ(livedoor Blog)

ライブドアブログは、総合的に機能が充実している高スペックの無料ブログサービスです。

無料の範囲内で独自ドメインの設定もでき(独自ドメインの取得には費用がかかります)、将来的にWordPressなどの他ブログサービスへの移行も対応することが可能。

 

  • 容量:◎(無制限)
  • 独自ドメイン:〇
  • アドセンス:〇(独自ドメインで可)
  • アフィリエイト:〇
  • 運営側の広告非表示:×
  • エクスポート機能:〇
  • 複数ドメイン:◎(10個まで可)
  • SNS/コミュニティ機能:〇

 

唯一のデメリットは、運営側が出す広告を非表示にできないばかりか、この運営側が出す広告が掲載される場所も、収益が上がりやすい場所を押さえられてしまっていること。

アドセンスで収益化をする上では、かなりネックになってくるデメリットなので、自分のブログのマネタイズ方法をしっかり考えた上で選ぶようにしましょう。

 

稼げるブログサイトのおすすめはWordPressの一択!

Blogger、FC2ブログ、ライブドアブログは、無料ブログの中ではおすすめできる稼げるブログサイトであることは間違いありません。

しかし、もしあなたが月収50万円や100万円というレベルの収入をブログで稼ぎたいなら、そもそも無料ブログを使うべきではありません。

 

なぜなら、無料ブログは稼ぐ上で「致命的な2つのデメリット」があるからです。

無料ブログの致命的なデメリット

  • 運営者側の都合でブログが削除されるリスクがある
  • 検索経由でアクセスを集めにくい(SEOに弱い)

 

ブログアフィリエイトで稼ぐには、ブログへアクセスを集めることが大前提。

というのも、どんなにブログに広告を貼っても、そもそもブログにアクセスがなければ1円も稼ぐことができないからですね。

 

しかし、無料ブログはSEOが弱く、検索経由でアクセスを集めてくることができません。

 

無料ブログが検索経由でアクセスを集められないという事実は、実際にあなたが検索需要のあるキーワードで検索してみるのが論より証拠。

無料ブログの記事は、検索結果の上位にほとんど表示されていませんよね。

 

実は、無料ブログはGoogleからの評価が極めて低く検索上位に表示されてこないため、検索経由でブログにアクセスを集めることができません。

だから、絶対に大きく稼げない。

 

本気でブログで稼ぎたいなら、選ぶべきはWordPress(ワードプレス)の一択です。

WordPress(ワードプレス)とは?

ブログやウェブサイトを簡単に作成できるソフトウェアの一つ。今や世界中のウェブサイトの3分の1はWordPressで作成されています。

 

WordPressはGoogleからも高く評価されていて、実際に検索結果の上位にきているサイトのほとんどがWordPressで作られたものになっています。

ブログで稼ぐためには、ブログへアクセスを集めることが大前提となってくるので、検索結果に上位表示されやすいという点だけ考えても、WordPressを使うメリットはあるわけですね。

WordPressのメリット

  • ブログが削除されるリスクがない
  • 検索経由でアクセスを集めやすい(SEOに強い)
  • アドセンスやアフィリエイトも自由にできる
  • デザインやカスタマイズの自由度が高い(差別化しやすい)

 

また、無料ブログではなくWordPressを選ぶべき大きな理由の一つになってくるのが、WordPressを使うことで、運営側の勝手な都合による「ブログの削除リスク」も解消できること。

継続的にブログビジネスを運営していくのであれば、絶対にWordPressを使うべきです。

 

ただし、WordPressもいいことばかりではなく、当然ながらいくつかのハードルが存在するのも事実。

WordPressを使う上でのハードルは、ドメインの取得やレンタルサーバーの契約に費用がかかることと、無料ブログより機能が充実している分、WordPressの操作に慣れる必要が出てくることです。

WordPressのデメリット

  • ブログの利用に費用がかかる(年間1万円程度)
  • ブログの開設が少々めんどくさい
  • WordPressの操作に慣れる必要がある
  • アクセスを集めるのに時間がかかる

 

しかし、これらの点はブログを運営していく上で致命的になるものでもなく、ハッキリ言ってデメリットというほどの内容でもありません。

 

ブログで稼ぐために重要視すべきは、いかにブログへアクセスを集めて収益に結びつけられるかということ。

SEOが強くマネタイズの融通も効くWordPress以外、選ぶべきブログサービスは他にないのです。

 

ドメインの取得方法

WordPressを利用するためには、自分でドメインを取得しレンタルサーバーと契約する必要があります。

  • 独自ドメインの取得
  • レンタルサーバーの契約

 

独自ドメインとは、このブログでいうと「https://www.稼ぐブログの歩き方.com」の赤字部分のことで、ドメインを不動産に例えると土地の上に建つ「建物」のイメージですね。

独自ドメインを取得するには、ドメインを販売している以下のようなサービスを使えば、(他の人に使われていない限り)自分の好きなドメイン名(独自ドメイン)を簡単に取得することができます。

 

レンタルサーバーの契約方法

不動産の「建物」にあたるのがドメインなのに対して「土地」あたるのがサーバーです。

ドメインを取得してもサーバーを契約しないことにはブログを作ることができません。

 

レンタルサーバーには様々な種類やサービスがありますが、初心者におすすめの安価で使いやすいレンタルサーバーには以下のようなものがあります。

 

レンタルサーバーの契約が完了すると、契約したサーバーの設定画面からWordPressをインストールしてブログを構築できるようになります。

WordPressブログの開設については、以下の記事に詳しく書いたのでそちらを参考にしてブログを開設してみてください。

 

初心者はブログアフィリエイトで稼ぐための「基本設計」を作ることから始めよ!

初心者でも稼げるブログサイトを選んだからといって、ライバルに勝つためのコンセプトや戦略がないとブログアフィリエイトで稼ぐことは絶対にできません。

どんなジャンルのどんな商品を売っていくか、そのためにどんな人をブログに集めていくか、どのように「欲しい」と思わせるかという、稼ぐブログの「基本設計」をまず作ることが大切です。

 

実は、この「ブログの基本設計」こそが、ブログアフィリエイトで稼ぐ「キモ」。

「ブログの基本設計」の流れ

  1. どのようにマネタイズするのかを決める(出口戦略)
  2. どんな人を集めたいのかを決める(ターゲット選定)
  3. アクセスが見込めるジャンルを決める(メインキーワードのボリュームチェック)
  4. ライバルは強いか弱いかを検証する(ライバルチェック)
  5. ライバルブログ・サイトとどう差別化するかを決める(コンセプト・ファン化戦略)

それぞれ順を追って簡単に説明していきましょう。

 

どのようにマネタイズするのかを決める(出口戦略)

ブログを始めるにあたり一番最初にすべきことが、どのようなジャンルを攻めて、どのような方法で、何を売っていくのかというマネタイズの部分。

ほとんどの人が攻めるべきジャンルは最初に決めていますが、どんな方法でどんな商材を売っていくかとう「出口戦略」は後回しにしてしまいがちですよね。

しかし、それでは稼げない。

 

というのも、マネタイズというのは言ってみれば「ゴール」そのもので、目指すべき頂上なくして山は登れないわけです。

つまり、ゴールを固めないことには、そのゴールを目指すための戦略や攻め方が何も決まらないということ。

 

マネタイズから逆算して細かなブログ戦略を決めていく、これは稼ぐブログの基本になります。

 

どんな人を集めたいのかを決める(ターゲット選定)

ブログで売る商品が決まったら、次にするのが、どんな人に売っていくのかという「ターゲット選定」。

要は、その商品を買う人はどんな人で、どんな悩みを抱えているかを明確に理解することです。

 

この「顧客理解」を徹底的にすることで、以下のようなことができるようになります。

  • ターゲットが検索するキーワード選定ができる
  • ターゲットに「刺さる」文章が書けるようになる
  • 成約率を高めることができる

 

ターゲットを明確にすることは、ビジネスの基本中の基本。

顧客理解なくして、稼ぐことはできません。

 

アクセスが見込めるジャンルを決める(メインキーワードのボリュームチェック)

大枠のジャンル選定は、一番最初のマネタイズを決めるときに一緒にやってしまいますが、ここではもっと具体的に、攻めるべき「メインキーワード」を決めていく作業になります。

攻めるべきメインキーワード選びは、「キーワード検索数 チェックツール」などを使いながら、実際にどのくらい検索されているかという「検索ボリューム」を確認していくことになります。

 

例えば、「ダイエット」というキーワードは、月間検索ボリュームがYahoo!で月間905,301回、Googleで月間740,700回という超ビッグキーワード。

ビッグキーワードの検索数は多く、ここで上位表示できたら多くのアクセスを得ることができますが、その分強いライバルも多く、ドメインパワーが弱い初心者の弱小ブログではまず勝てません。

 

一方、これが「痩せる」というキーワードの月間検索ボリュームになってくると、Yahoo!で月間54,451回、Googleで月間44,550回、というくらいまで減ってきます。

このように、同じ意味でも違う言葉に替えて「キーワードをずらす」ことで、自分が戦うべき場所を変えていくわけです。

 

このメインキーワード選定は、稼げるか稼げないかを左右する非常に重要なポイントの一つになってくるので、確実に勝てるものを慎重に選んでいきましょう。

 

ライバルは強いか弱いかを検証する(ライバルチェック)

メインキーワード選定と合わせてやる作業が、この「ライバルチェック」。

多くのアクセスを集める企業のサイトや、病院や政府機関といった権威性の強いサイトなどライバルが強すぎて勝てそうにない場合は、この時点で攻めるべきメインキーワードを変更し、勝てる見込みがあるキーワードに変更して選び直します。

 

攻めるべきメインキーワードのボリュームと、このライバルチェックをクリアできれば、あとはそのメインキーワードに関連したキーワードを選んで記事をどんどん書いて攻めるのみ。

たとえ開設したばかりの弱小ブログでも、正しい方法でブログ記事を投入していけば検索結果の上位に表示できるようになります。

 

ライバルブログ・サイトとどう差別化するかを決める(コンセプト・ファン化戦略)

ライバルチェックをして攻めるべきメインキーワードが決まったら、そのメインキーワードで上位表示されている競合サイトと比べて、どのように差別化を図って多くのファンを獲得していくかについて考えましょう。

例えば、思いつくままに挙げると以下のような感じですね。

 

  • 文章の書き方や言葉遣いに個性を出す
  • 個性の強いキャラクターを全面に押し出す
  • 自分のこれまでの実績を公表して信頼性を高めていく
  • マンガやイラストを多用する …etc.

 

ここはもう、ある意味「アイデア勝負」なので答えはありません。

自分のブログの「個性」をいかに出していくかを徹底的に考えていきましょう。

 

まとめ

Blogger、FC2ブログ、ライブドアブログといった初心者にも使いやすく稼げる無料ブログはありますが、本気でブログアフィリエイトで稼ぐなら、WordPress(ワードプレス)こそが選ぶべきおすすめの稼げるブログサイトです。

そして、ブログアフィリエイトで稼ぐ「キモ」となるのが、稼ぐブログの骨子となる「ブログの基本設計」をまず作ること。

「ブログの基本設計」の流れ

  1. どのようにマネタイズするのかを決める(出口戦略)
  2. どんな人を集めたいのかを決める(ターゲット選定)
  3. アクセスが見込めるジャンルを決める(メインキーワードのボリュームチェック)
  4. ライバルは強いか弱いかを検証する(ライバルチェック)
  5. ライバルブログ・サイトとどう差別化するかを決める(コンセプト・ファン化戦略)

 

ブログアフィリエイトで稼ぐためには、戦略的な「稼ぐブログ」の作り方検索上位に表示させるための記事の書き方など、正しい「知識」や「ノウハウ」が必要になってきます。

貪欲に吸収した新しい知識やノウハウをどんどん実践して、最短&最速で稼ぐブログを構築していきましょう。

 

参考:稼ぐのに役立つおすすめブログは?ブログで稼ぐなら、まずは情報収集から!

 

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村


ネットビジネスランキング