アフィリエイト

ブログ収入を稼ぐのに必要な記事数は?アフィリエイトは少ない記事数でも稼げる?

「ブログ記事を書くのがしんどい…。ブログで収入を稼ぐのに記事数はどれくらい必要なの…?アフィリエイトやGoogleアドセンスで、少ない記事数でも稼げる方法ってないの…?」

 

「ゴール」が見えない中で走り続けるのって厳しいですよね。

特に、ブログを始めたはいいけどまだ収益がない人にとっては、どのくらい記事を書けば稼げるようになるのか、気になるのも至極当然の話。

 

実際、ブログ初心者からの質問で一番多いのが、この「何記事書けば稼げるようになる?」系の質問なんですよね。

結論から言ってしまうと、稼ぐために必要な記事数は、攻めるジャンルやキーワードによって異なります。

 

今回は、まだブログで稼げていないあなたが、一番気になっている「ブログで稼ぐのに必要な記事数」のお話です。

 

ブログ収入を稼ぐのに記事数が必要なワケ

そもそもブログ収入を稼ぐのに記事数が必要な理由は、検索経由でアクセスを集めるために「ドメインパワー」を強くしなければいけないからです。

ドメインパワーとはウェブサイトの強さを測る指標で、簡単に言うと、ブログの「戦闘力」

 

ドメインパワーが強くなれば、あなたの書いた記事が検索結果の上位に表示されやすくなり、その結果、多くの検索ユーザーにクリックされ、あなたのブログに多くのアクセスが集まります

ドメインパワーを上げる方法にはいくつかありますが、中でも代表的な方法が、サイトの「情報量」を増やすことで、この「情報量」というのが、ブログにおける「記事数」にあたるわけですね。

 

このようなことから、以下のように「風が吹けば桶屋が儲かる」的な図式が出来上がり、記事数を増やすことで稼げると言われているわけですね。

  1. ブログの記事数を増やす
  2. ブログのドメインパワーが上がる
  3. ブログの検索順位が上がる
  4. ブログにアクセスが集まる
  5. たくさんの売上が上がる
  6. 稼げる

 

100記事書けばブログ収入を稼げるという迷信

「ブログで収入を稼ぐためには100記事必要」なんて話を聞いたことがある人も多いかと思いますが、実は、100記事書いたからといって、ブログで稼げるというわけでもありません。

確かに、ブログの記事数を増やせばドメインパワーが上がるので、検索経由のアクセスを集める方法としては「有効な手段の一つ」であることは間違いないのですが、それが「全て」というわけではないんですね。

 

というのも、Googleの検索アルゴリズムは非常に複雑で、検索結果の上位に表示させるためには、様々なSEO対策が必要になってくるからです。

そのため、ただ闇雲に100記事書いても、絶対に稼ぐことはできません。

 

ブログ収入を稼ぐのに必要な記事数は?

冒頭でも軽く触れたように、ブログ収入を稼ぐのに必要な記事数というのは、あなたがどんな方法で稼ぐのかや、どんなジャンルやキーワードを攻めていくのかによって異なってきます。

つまり、あなたの「ブログ戦略」によって、必要な記事数は変わってくるということなのです。

 

ブログで稼ぐ王道ともいえる「Googleアドセンス」「アフィリエイト」、それぞれの稼ぎ方で必要な記事数をみていきましょう。

 

Googleアドセンスでブログ収入を稼ぐのに必要な記事数

Googleアドセンスは、Googleがサイト運営者に提供する広告配信サービスで、とにかくアクセスを集めることさえできれば広告収入が手軽に稼げてしまうマネタイズ方法です。

逆に言うと、アクセスさえ集めることさえできれば、「方法」は問わないということ。

 

そもそもブログにアクセスを集める方法なんて、検索経由以外にもたくさんありますよね。

例えば、TwitterやFacebookといったSNS経由でアクセスを集めることもできますし、お金はかかりますが広告を出してブログにアクセスを集めることだって可能。

 

つまり、Googleアドセンスで稼ぐ場合は、必ずしも記事数を必要としないのです。

極端な話、ユーザーを集めるのに必要なランディングページが1つあれば、様々な方法で稼げちゃうわけですね。

 

結局、記事数を増やすというのは、検索経由でアクセスを集めるための手段の一つ

検索経由でアクセスを集めないのであれば、ドメインパワーを強くする必要もないため、わざわざ記事を量産する必要もないのです。

 

アフィリエイトでブログ収入を稼ぐのに必要な記事数

アフィリエイトでブログ収入を稼ぐには、検索経由でアクセスを集めることが「キモ」になってくるため、記事数を量産していく必要があります。

ただし、冒頭でもお伝えしたように、必要な記事数は、あなたがどのジャンルやキーワードで攻めるかによって大きく変わってきます。

 

例えば、あなたがものすごく「ニッチなジャンル」に参入するとしましょう。

ニッチなジャンルは、市場も小さくアフィリエイト案件も少ないがゆえに、必然的に競合するライバルサイトも減りますよね。

そのため、わずか数記事書いただけでも、あなたの書いたブログ記事が検索結果の上位に表示されるということも起こります。

 

一方、月間何千回、何万回と検索されるようなビッグワードが多く、市場も大きい「激戦ジャンル」に参入した場合はどうでしょうか。

激戦ジャンルで検索上位を獲得できれば大きく稼ぐことができるため、必然的に強いライバルサイトが多くなりますよね。

強いライバルに勝たないと検索上位に表示されないため、あなたはブログのドメインパワーを上げなくてはいけない、すなわち、大量の記事を書かなくてはいけなくなるのです。

 

つまり、競合となるライバルサイトが強いか弱いかで、必要となる記事数は全く変わってくるということ。

激戦ジャンルの場合、100記事書いてもアクセスがゼロなんてのはよくある話で、激戦ジャンルでアクセスを集めるためには、最低でも200記事以上は必要になってきます。

 

必要な記事数の目安を知るには、ライバルチェックをするのが一番。

あなたが攻めたいキーワードを検索したときに、検索結果の上位に表示される10サイトをみて、どれくらいの記事数が入っているかを確認してみましょう。

 

もし、100記事程度のブログが上位表示されていれば、そのキーワードで上位表示を狙うには100記事程度でも十分勝負できるということ。

一方、上位表示されているブログの記事が200記事や300記事という強いライバルサイトが多い場合は、少なくともそれに近い数の記事を書いてドメインパワーを強くしていかなければ、上位表示は難しいということですね。

 

アフィリエイトでブログ収入を稼ぐには少ない記事数でも稼げる?

アフィリエイトでブログ収入を稼ぐためには、少ない記事数でも稼げる場合があります。

そのためには、記事の「質」を高めること。

 

質の高い記事とは、検索ユーザーがどんな情報を知りたがっていて、どんな悩みを解決したいのか、これにズバッと的確かつ明確に答えを出している記事のことですね。

要は、検索順位を決めているGoogleに、記事の「量」だけでなく、「質」もしっかり見られているというわけなんですね。

 

とはいえ、どんなに質の高い記事を書いても、数記事程度で大きく稼げることはまずありません。

 

例えば、世界で一番サッカーセンスのあるメッシでも、もし風で吹き飛ぶようなヒョロヒョロの体だったら、強い相手に「当たり負け」して点なんか決めれませんよね。

ブログもそれと同じで、どんなに質の高い記事を書いても、ドメインパワーが弱いことには、強いライバルサイトに勝つことができないわけですね。

 

つまり、ブログで稼ぐためには、「量」と「質」、どちらも大切だということ。

本気でアフィリエイトブログで収入を稼ぐのであれば、最低限100記事以上は書かないとGoogleに評価されないと思っておくべきでしょう。

 

まとめ

ブログ収入を稼ぐのに必要な記事数というのは、あなたがどんな方法で稼ぐのかや、どんなジャンルやキーワードを攻めていくのかといった、あなたの「ブログ戦略」によって異なってきます。

とにかくブログにアクセスさえ集めれば稼げるGoogleアドセンスの場合は、広告やSNSを活用すれば大量の記事数がなくても稼ぐことは可能。

 

一方、アフィリエイトで稼ぐ場合は、検索経由でアクセスを集めることが必要不可欠になってくるため、攻めるキーワードに応じた記事数が必要になってきます。

質の高い記事を書いて、記事数をカバーするやり方もあることはありますが、本気で大きく稼ぎたいのであれば、最低限100記事はクリアする必要があるでしょう。