ブログで稼ぐ

ブログ記事の文字数はSEOに関係ない!多すぎると評価は下がる?

letters

「ブログ記事に必要な文字数の目安ってあるの…?やっぱり多ければ多いほど検索順位が上がるの…?文字数が少なすぎたり多すぎると、Googleからの評価って下がるの…?」

確かに、ブログ記事の文字数については、様々なうわさが飛び交っていますよね。

 

「2,000~3,000文字がベストだ!」

とか、

「検索上位を狙うには、最低1万文字は必要だ!」

とか、

これじゃ、結局何が正しい情報なのかわかりませんよね。

 

結論から先に言ってしまうと、ブログ記事の文字数は何文字でもOKです。

文字数が多かろうが少なかろうが、検索順位には影響してきません。

 

一方で、ブログ記事というのは検索順位に大きく影響を及ぼす、超重要なポイントであることは間違いのない事実。

 

今回は、ブログ記事の文字数にまつわる真相と、検索順位を上げて検索経由のアクセスを増やす上で、どんな点に気をつけてブログ記事を書いくべきかについてお話ししていきます。

検索順位を上げてアクセスを集めたい方は必見ですね。

 

ブログ記事の文字数はSEOに関係ない!【何文字でもOK!】

OK

冒頭でもお伝えした通り、ブログ記事の文字数とSEOは関係ないので「何文字でもOK」です。

実は、この根拠となっているのが、Googleの中の人であるJohn Mueller氏の発言です。

この動画のポイントを抜粋したのが以下。

原文:we don’t have an algorithm that counts the words on your page and says Oh everything until 100 words is bad everything between 100 and 500 is fine and over 500
we don’t look at it like that we try to look at the pages overall and make sure that
this is really a compelling and relevant search results to users and if that’s the case then that’s perfectly fine if that’s long or short or lots of images or not that’s essentially up to you

 

要するに、

  • Googleはページ上の文字数をカウントするアルゴリズムを持っていない
  • よって、文字数が多かろうが短かろうが全く問題ない

 

ということなんですね。

ブログ記事の文字数は、検索順位に影響しないのです。

 

なぜ検索上位のブログ記事は文字数が多いのか

question

一方で、「じゃぁなんで、検索結果の上位に表示されているブログ記事って文字数が多いの?」

頭のいいあなたはこんな疑問を抱くかもしれません。

 

確かにこれは事実で、検索上位のブログ記事やサイトページって、文字数が多いものがほとんどなんですよね。

特に、強いライバルひしめく検索ボリュームの大きなキーワードで、その傾向は一段と顕著になってきます。

 

実はこれには2つの理由があります。

  • Googleは「網羅性」を重視してサイト評価している
  • 過去に文字数を評価対象としている時代があった

 

Googleが「網羅性」を重視してサイト評価している

Googleは世の中にある全てのサイトを日々評価して検索順位に反映させているわけですが、Googleが特に重要視している評価基準の一つにサイトの「網羅性」というものがあります。

「網羅性」とは簡単に言うと、検索ユーザーが知りたい情報がどれだけ網羅されているかということ。

 

Googleが「網羅性」を重視してサイト評価を行っているため、世の中のブロガーやサイト運営者も網羅性を意識して記事やサイト作りがされることになりますよね。

その結果、文字数の多い記事になってしまう、こういうわけなんですね。

 

過去に文字数を評価対象としている時代があった

また、過去に文字数(情報量)さえ多ければ検索順位が上がる、という時代があったのも事実。

そんな「文字数神話」の名残があって、「ブログ記事は1万文字以上書かないと検索上位は獲れない」的な感じで、記事書いてる人も世の中にまだまだたくさんいるんですよね。

 

ただ、現在検索上位に表示されているサイトは、単に文字数が多いだけではなく、検索ユーザーが知りたい情報がしっかり網羅されているからこそ検索上位にいます。

つまり、「量」だけでなく、「質が高い」記事がGoogleに評価されているってことですね。

 

ブログ記事の文字数ではない!Googleが評価する「網羅性」を高める3つのポイントとは?

google

先ほどお伝えした通り、Googleはブログ記事の文字数ではなく「網羅性」を重視しています。

ブログ記事において「網羅性」を高めるには3つのポイントを意識することが大切です。

「網羅性」を高める3つのポイント

  • 記事の「専門性」を高める
  • MECEを考慮した記事構成
  • 独自の幅広い見解を盛り込む

ブログ記事の「専門性」を高める

まず一つめのポイントは、ブログ記事の「専門性」です。

専門性を高めるコンテンツを評価するという点については、以下のようにGoogleも公式に言及しています。

  • この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?

※引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ「良質なサイトを作るためのアドバイス」

  • サイト内のコンテンツは、そのトピックの専門家が作成または編集するようにしましょう。たとえば、専門知識や豊富な経験を持つ情報発信者が書いた記事であれば、ユーザーは記事の専門性を理解できます。

※引用元:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド – Search Console ヘルプ「コンテンツを最適化する」

 

とはいえ、そのキーワードに関連した専門性をブログ記事に盛り込むためには、まずはあなた自身がその内容についての豊富な知識を吸収しなければいけません。

キーワードに関連したウェブサイト、書籍、YouTube、Facebook、TwitterといったSNSメディアなど、あらゆる情報源を参考にして徹底的に「学ぶ」ことが何よりも大切になってきます。

 

MECEを考慮した記事構成にする

MECE(ミーシー)とは「Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive」の略で、経営学や経営コンサルティングの領域で広く使われる言葉。

簡単に言うと「漏れなく、ダブりなく」全体を網羅することです。

MECE(三―シー)

  • Mutually(お互いに)
  • Exclusive(重複せず)
  • Collectively(全体に)
  • Exhaustive(漏れがない)

ブログの記事構成を考えるときには、目次を作って全体の構成を考えていきますが、MECEを踏まえながら網羅性のある目次を作っていくようにしましょう。

結局、文字数だけを増やして「質の低い」内容を書いても意味がないんですよね。

 

MECEを踏まえて記事構成を考えることで、検索ユーザーの「検索意図」を外さずに、そのテーマに必要な情報を網羅した「質の高い」内容の記事に仕上げることができます。 

 

独自の幅広い見解を盛り込む

MECEを踏まえた記事構成を考えたら、それぞれのパートでオリジナリティのある「幅広い見解」を盛り込んでいくことが大切。

ここでいうところの「幅広い見解」についても、以下のようにGoogleが公式に言及しているので参考にするといいでしょう。

  • この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  • この記事は物事の両面をとらえているか?
  • 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
  • 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  • 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
  • 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
  • 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?

※引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ「良質なサイトを作るためのアドバイス」

 

ブログ記事の文字数は気にしなくていいけど…

blogging

このように、ブログ記事の文字数は検索順位には関係ないので、一切気にする必要はありません。

一方で、「網羅性」を意識して記事を書くと、やはり結果的にどうしても文字数は多くなってしまうんですよね。

 

もうこれはしょうがないですね。

あくまでも「読者のために」という視点で、ベストな記事を書いていくようにしましょう。

 

ブログ記事の文字数は多すぎず少なすぎずがベスト

recommend

「読者目線」でブログ記事の文字数を考えると、多すぎず少なすぎずがいいですよね。

文字数が多すぎると読む気が失せてしまうし、逆に少なすぎても、読者が欲しい情報が欠落した物足りない記事になってしまいますから。

 

理想的には、網羅性の高い内容で2,500文字~3,000文字程度にまとめられるとベスト。

というのも、実は、日本人が1分間に読める文字数は約500文字前後、と言われているからなんですね。

 

そのため、5~6分程度の隙間時間で読める、2,500文字~3,000文字程度の文字数が読者フレンドリーだなと。

まぁ、これはあくまでも個人的な考えですのでご参考まで。

 

まとめ

summary

ブログ記事の文字数とSEOは関係ないので「何文字でもOK」です。

文字数よりも重要なのは、検索ユーザーの検索意図を踏まえた「網羅性」の高い記事を書いていくこと。

 

網羅性の高い記事に仕上げるためには、3つのポイントを意識することが大切です。

「網羅性」を高める3つのポイント

  • 記事の「専門性」を高める
  • MECEを考慮した記事構成
  • 独自の幅広い見解を盛り込む

 

検索ユーザーが何に悩んでいて、どのようにその悩みを解決したいのか。

質の高い記事を書くためには、検索ユーザーの「検索意図」をしっかり理解することが重要であり、記事を書く出発点にもなってきます。

 

また、どんなに読者のためになる記事を書いても、それが伝わらなければ意味がありません。

あなたの主張を読者にしっかりと伝えるためには、相応のライティングスキルも身につける必要がありますよね。

 

読者にしっかりと「価値提供」できるように、日々努力を継続していきましょう。